ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)

ポルシェにもできないことはある 2016.11.17 試乗記 フラット4ターボエンジンを搭載する「718ボクスター」。より強力な2.5リッターユニットを搭載する「S」モデルは、パワーだけでなく、乗り心地もハンドリングも抜かりなし。ほぼ満点の優等生だ。でも、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根のワインディングロードを目指した。

もともとは1.1リッターだった

これまでに乗ったことがある一番古いポルシェは1953年型「356カブリオレ」である。ちょい乗り程度ではなく、オーナーと一緒にコッパ・デ・小海やジーロ・デ・軽井沢などのヒストリックラリーに何度か出場したことがある(もちろん自走だ)。エンジンは1.3リッターフラット4で40psちょっとのパワーしかないが、60年以上も前の車とは思えないほどビシッと走る。高速道路でも信州の山道でもコンディションの良いクラシック・ポルシェはまったく問題なく現代車に伍(ご)して走ることができるのだ。またイベントからの帰路、中央道や関越道で大渋滞に巻き込まれたことも何度かあるが、ちっとも不機嫌になることはなかった。ちなみに同年代の「フォルクスワーゲン・ビートル」でも同様のイベントに出場したことがある。こちらは1.1リッターでたったの25psながら、なかなか侮れない走りっぷりを見せるが、比べればやはりポルシェはベースとなったフォルクスワーゲンとは格が違う高性能車である。

そんな時代を考えれば、6気筒自然吸気(NA)から4気筒ターボエンジンに変更されたとはいっても、2リッターの「ボクスター」でも300ps、2.5リッターのボクスターSでは350psという、まさしくけた違いのパワーを生み出すのだから何の不足もないはずなのだが、数値だけでは納得してもらえないのが名門の宿命である。果たして4気筒ターボでもポルシェと言えるのか、と世間は喧(やかま)しい。もちろん、強化されるいっぽうのCO2排出規制に対応するための4気筒化であり、ターボ化であることは言うまでもないが、単なる燃費のためのダウンサイジングユニットと見られてはポルシェの沽券(こけん)にかかわるというもの。そのためにあらゆる手を尽くしたことがうかがえるのだ。

「718ボクスター」には、2リッターフラット4ターボ(300ps)搭載の標準型と、2.5リッターターボ(350ps)の「S」モデルがある。試乗車は後者。車両価格は904万4000円(PDK仕様)。
「718ボクスター」には、2リッターフラット4ターボ(300ps)搭載の標準型と、2.5リッターターボ(350ps)の「S」モデルがある。試乗車は後者。車両価格は904万4000円(PDK仕様)。
ステアリングは「918スパイダー」用をモチーフにした新デザインのものへ。また、エアコンの吹き出し口の形状も変わっている。
ステアリングは「918スパイダー」用をモチーフにした新デザインのものへ。また、エアコンの吹き出し口の形状も変わっている。
試乗車のトランスミッションは7段PDK。6段MT仕様(車両価格は852万円)も選べる。
試乗車のトランスミッションは7段PDK。6段MT仕様(車両価格は852万円)も選べる。
ボディーカラーは「ラバオレンジ」。2本出しのエキゾーストパイプは「S」モデルの証し。
ボディーカラーは「ラバオレンジ」。2本出しのエキゾーストパイプは「S」モデルの証し。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

718ボクスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ718ボクスター(MR/6MT)【試乗記】 2016.9.21 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンが採用された、ポルシェの2シーターオープン「718ボクスター」に試乗。自然吸気の2.7リッター6気筒エンジンを搭載した従来モデルとの違いを含め、走りや乗り心地の印象を報告する。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.20 試乗記 クロスオーバーモデルの「スバルXVハイブリッド」をベースに、STIが独自の改良を施したコンプリートカー「XVハイブリッドtS」。ちょいワル&ポップなスタイリングとSTIならではのチューニングが織り成す魅力をリポートする。
  • レクサス・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.1.19 試乗記 新型ラグジュアリークーペ「LC」の投入や、旗艦セダン「LS」のフルモデルチェンジなど、ビッグイベントを控えるレクサスがオールラインナップ試乗会を開催。サーキットと公道で、レクサスの現時点での立ち位置を確かめた。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
ホームへ戻る