ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)

ポルシェにもできないことはある 2016.11.17 試乗記 フラット4ターボエンジンを搭載する「718ボクスター」。より強力な2.5リッターユニットを搭載する「S」モデルは、パワーだけでなく、乗り心地もハンドリングも抜かりなし。ほぼ満点の優等生だ。でも、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根のワインディングロードを目指した。

もともとは1.1リッターだった

これまでに乗ったことがある一番古いポルシェは1953年型「356カブリオレ」である。ちょい乗り程度ではなく、オーナーと一緒にコッパ・デ・小海やジーロ・デ・軽井沢などのヒストリックラリーに何度か出場したことがある(もちろん自走だ)。エンジンは1.3リッターフラット4で40psちょっとのパワーしかないが、60年以上も前の車とは思えないほどビシッと走る。高速道路でも信州の山道でもコンディションの良いクラシック・ポルシェはまったく問題なく現代車に伍(ご)して走ることができるのだ。またイベントからの帰路、中央道や関越道で大渋滞に巻き込まれたことも何度かあるが、ちっとも不機嫌になることはなかった。ちなみに同年代の「フォルクスワーゲン・ビートル」でも同様のイベントに出場したことがある。こちらは1.1リッターでたったの25psながら、なかなか侮れない走りっぷりを見せるが、比べればやはりポルシェはベースとなったフォルクスワーゲンとは格が違う高性能車である。

そんな時代を考えれば、6気筒自然吸気(NA)から4気筒ターボエンジンに変更されたとはいっても、2リッターの「ボクスター」でも300ps、2.5リッターのボクスターSでは350psという、まさしくけた違いのパワーを生み出すのだから何の不足もないはずなのだが、数値だけでは納得してもらえないのが名門の宿命である。果たして4気筒ターボでもポルシェと言えるのか、と世間は喧(やかま)しい。もちろん、強化されるいっぽうのCO2排出規制に対応するための4気筒化であり、ターボ化であることは言うまでもないが、単なる燃費のためのダウンサイジングユニットと見られてはポルシェの沽券(こけん)にかかわるというもの。そのためにあらゆる手を尽くしたことがうかがえるのだ。

「718ボクスター」には、2リッターフラット4ターボ(300ps)搭載の標準型と、2.5リッターターボ(350ps)の「S」モデルがある。試乗車は後者。車両価格は904万4000円(PDK仕様)。
「718ボクスター」には、2リッターフラット4ターボ(300ps)搭載の標準型と、2.5リッターターボ(350ps)の「S」モデルがある。試乗車は後者。車両価格は904万4000円(PDK仕様)。
ステアリングは「918スパイダー」用をモチーフにした新デザインのものへ。また、エアコンの吹き出し口の形状も変わっている。
ステアリングは「918スパイダー」用をモチーフにした新デザインのものへ。また、エアコンの吹き出し口の形状も変わっている。
試乗車のトランスミッションは7段PDK。6段MT仕様(車両価格は852万円)も選べる。
試乗車のトランスミッションは7段PDK。6段MT仕様(車両価格は852万円)も選べる。
ボディーカラーは「ラバオレンジ」。2本出しのエキゾーストパイプは「S」モデルの証し。
ボディーカラーは「ラバオレンジ」。2本出しのエキゾーストパイプは「S」モデルの証し。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

718ボクスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • 「メルセデスAMG GT R」、ドイツで受注を開始 2016.11.22 自動車ニュース 独ダイムラーは2016年11月21日(現地時間)、「メルセデスAMG GTロードスター/AMG GT Cロードスター/AMG GT R」の受注をドイツ本国で開始した。デリバリーは2017年春を予定している。
ホームへ戻る