第1回 新グレード「TSIエレガンスライン」を試す

想像以上のクオリティー 2016.11.22 最新Passatの進化を探る<PR> 装備が見直されるとともに、ラインナップが改められたフォルクスワーゲンのセダン「パサート」に試乗。新グレード「TSIエレガンスライン」をメインに、その仕上がりを詳しく報告する。

より上質になった内外装

2015年に8代目が日本上陸したパサート。デビューから1年がたち、新グレードの追加や機能・装備の充実が図られた。中でも見逃せないのが新たに登場したパサートTSIエレガンスライン。「TSIコンフォートライン」の後継車と位置づけられ、今後販売の主力となる重要なグレードだ。その注目のモデルに早速触れることができた。

初めてお目にかかるTSIエレガンスラインは、これまでの端正さと上質さにさらに輪をかけた印象だ。エアインテークフレームやドアの下部、そしてリアのモールディングがボディー同色からクロームに変わったことが大きいのだろう。おかげで、例えばプレミアムなホテルやレストランなどにクルマで出掛けるときにも、その上質さが際立ち、ちょっと誇らしい気持ちでクルマを止めることができるはずだ。リアのサイドにはダークティンテッドガラスが採用され、見た目のよさだけでなく、プライバシーや強い日差しにも配慮されている。また、LEDヘッドライトが標準装着となったことで、フロントマスクがより精悍(せいかん)になっている。これによりデザインだけでなく、夜間のドライブをより安全かつ快適にサポートしてくれるのはいうまでもない。

インテリアのアップグレードはさらに顕著で、ファブリックシートに代えて装着されたアルカンターラ&レザーシートと、アルミニウムのデコラティブパネルがパサートのキャビンをこれまで以上に上質かつスタイリッシュに仕立て上げている。これなら、ドライバー自身も常に心地よい時間を過ごすことができるし、大切な家族やゲストに対してもおもてなしの気持ちを表せるに違いない。個人的にも、アルカンターラとブラッシュトアルミに弱いだけに、TSIエレガンスラインのコックピットがひと目で気に入ってしまった。

早速センターコンソールのスタートボタンを押してエンジンを目覚めさせる。TSIエレガンスラインには、最高出力150ps、最大トルク25.5kgmの1.4リッター直列4気筒ターボと、デュアルクラッチギアボックスの7段DSGが搭載される。「この組み合わせで、余裕あるサイズのパサートを十分に走らせることができるのか?」と思う人もいるだろう。しかし、心配は無用である。

→「フォルクスワーゲン・パサート」のオフィシャルサイトはこちら

「フォルクスワーゲン・パサート」の新グレード「TSIエレガンスライン」。ボディー下部にクロームのモールディングが配されるなど、上質感が追求されている。
「フォルクスワーゲン・パサート」の新グレード「TSIエレガンスライン」。ボディー下部にクロームのモールディングが配されるなど、上質感が追求されている。拡大
「パサートTSIエレガンスライン」は、LEDのポジショニングランプとターンシグナルが組み合わされたLEDヘッドランプを標準で装備する。
「パサートTSIエレガンスライン」は、LEDのポジショニングランプとターンシグナルが組み合わされたLEDヘッドランプを標準で装備する。拡大
「パサートTSIエレガンスライン」のインテリア。キャビンを取り囲むアルミニウムデコラティブパネルと、ピアノブラックのセンターコンソールパネルが目を引く。
「パサートTSIエレガンスライン」のインテリア。キャビンを取り囲むアルミニウムデコラティブパネルと、ピアノブラックのセンターコンソールパネルが目を引く。拡大
シートは、レザーとアルカンターラからなるコンビタイプ。前席にはシートヒーターも備わる。
シートは、レザーとアルカンターラからなるコンビタイプ。前席にはシートヒーターも備わる。拡大

クロスレビュー

フォルクスワーゲン・パサート 高評価の理由を価格.comが徹底検証!

なぜ「パサート」はこれほどまでに高く評価されているのかを、価格.comが徹底チェック。新グレードとなる「パサート TSI Eleganceline」の実車レビューを通して、その理由を解き明かしていく。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・パサートTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.6.27 試乗記 最新世代の2リッターターボディーゼルエンジンを搭載した「パサート」が登場。国内への正規導入は20年ぶりとなるフォルクスワーゲン製ディーゼル車の出来栄えは? 高速道路と山岳路で、上級グレード「TDIハイライン」に試乗した。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/5MT)/ジムニーシエラJC(4WD/4AT)【試乗記】 2018.8.3 試乗記 誕生から48年を迎えた小さなクロカンモデル「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」。20年ぶりのモデルチェンジで登場した4代目では、何が変わり、何が受け継がれたのか。ジムニーの“ホーム”であるオフロードと、オンロードの両方で試乗し、その実力を確かめた。
  • トヨタ・クラウン2.5 G/クラウン3.5 Gエグゼクティブ/クラウン2.0 RSアドバンス【試乗記】 2018.7.11 試乗記 先代まではオーナーの平均年齢が60歳を軽く超えていたという「トヨタ・クラウン」。このほど発売された新型には、ユーザーの若返りという使命が託された。40代半ばを超えたばかりのモータージャーナリスト塩見 智は、新型をどう評価する?
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
ホームへ戻る