「三菱ランエボX」のインテリアが質感アップ

2011.10.20 自動車ニュース

三菱、「ランサーエボリューションX」を小変更

三菱自動車は、高性能4WDスポーツセダン「ランサーエボリューションX」の仕様を一部変更し、2011年10月27日に販売を開始する。

今回の改良では、ダッシュボードのアクセントパネルを光沢のあるブラック塗装とするとともに、フロントドアのトリム上部をソフトパッドに、トリム中央部はソフトレザーとし、質感の向上を図った(「RS」グレードを除く)。

また、HDDナビ装着車(「GSR Premium」に標準、「GSR」ではメーカーオプション)に、リアビューカメラを搭載。HDDナビ非装着車には、「リアビューモニター付きルームミラー(自動防眩機能付き)」をメーカーオプションとして設定した。これは自動防眩機能付きのルームミラーに3.3インチカラー液晶モニターを内蔵したもので、車庫入れなどの後退時にリアビューカメラの映像を映し出すことで後方確認をサポートする。

加えて、走行中にアクセルペダルとブレーキペダルを同時に踏んだときにブレーキを優先させる「ブレーキオーバーライド」を全車に採用した。

モデルバリエーションは従来どおり、「RS」(5MT:315万円)、「GSR」(5MT:378万6000円/6段SST:403万8000円)、「GSR Premium」(6段SST:525万円)の3グレードが用意される。

(文=生方聡)

「三菱ランサーエボリューションX GSR Premium」
「三菱ランサーエボリューションX GSR Premium」
「GSR Premium」のインストゥルメントパネル。
「GSR Premium」のインストゥルメントパネル。
新たにオプション設定される「リアビューモニター付きルームミラー」。
新たにオプション設定される「リアビューモニター付きルームミラー」。

「三菱ランエボX」のインテリアが質感アップの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ランサーエボリューションの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱ランサーエボリューションX GSR(4WD/6AT)【ブリーフテスト】 2008.3.18 試乗記 ……449万6100円
    総合評価……★★★★★

    ハイテク装備満載のハイパフォーマンスカー、「三菱ランエボX」。伝統的なMTに追加された、2ペダルMT「TC-SST」仕様車で、その実力を試した。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」にピンク色の限定車 2016.11.10 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年11月9日、「ザ・ビートル」初のピンク色を採用した特別限定車「#PinkBeetle(ハッシュタグ ピンクビートル)」を300台限定で発売した。車両価格は307万円。
  • 「ポルシェ・パナメーラ」にショーファードリブン仕様が登場 2016.11.10 自動車ニュース ポルシェ ジャパンは2016年11月10日、新型「パナメーラ」のモデルラインナップに新型3リッターV6ターボエンジン搭載モデルと、ボディーを延長した「エグゼクティブ」モデルを追加設定し、同年12月9日に予約受注を開始すると発表した。
  • フォルクスワーゲンとLCCのピーチがコラボレーション 2016.11.10 自動車ニュース 2016年11月9日、フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)と格安航空会社のピーチ・アビエーションのコラボレーションが発表された。同日、「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラッピングを施した航空機の運航を開始し、機内でザ・ビートルのピンク色の限定車を発売した。
ホームへ戻る