「三菱ランエボX」のインテリアが質感アップ

2011.10.20 自動車ニュース

三菱、「ランサーエボリューションX」を小変更

三菱自動車は、高性能4WDスポーツセダン「ランサーエボリューションX」の仕様を一部変更し、2011年10月27日に販売を開始する。

今回の改良では、ダッシュボードのアクセントパネルを光沢のあるブラック塗装とするとともに、フロントドアのトリム上部をソフトパッドに、トリム中央部はソフトレザーとし、質感の向上を図った(「RS」グレードを除く)。

また、HDDナビ装着車(「GSR Premium」に標準、「GSR」ではメーカーオプション)に、リアビューカメラを搭載。HDDナビ非装着車には、「リアビューモニター付きルームミラー(自動防眩機能付き)」をメーカーオプションとして設定した。これは自動防眩機能付きのルームミラーに3.3インチカラー液晶モニターを内蔵したもので、車庫入れなどの後退時にリアビューカメラの映像を映し出すことで後方確認をサポートする。

加えて、走行中にアクセルペダルとブレーキペダルを同時に踏んだときにブレーキを優先させる「ブレーキオーバーライド」を全車に採用した。

モデルバリエーションは従来どおり、「RS」(5MT:315万円)、「GSR」(5MT:378万6000円/6段SST:403万8000円)、「GSR Premium」(6段SST:525万円)の3グレードが用意される。

(文=生方聡)

「三菱ランサーエボリューションX GSR Premium」
「三菱ランサーエボリューションX GSR Premium」
「GSR Premium」のインストゥルメントパネル。
「GSR Premium」のインストゥルメントパネル。
新たにオプション設定される「リアビューモニター付きルームミラー」。
新たにオプション設定される「リアビューモニター付きルームミラー」。

「三菱ランエボX」のインテリアが質感アップの画像

関連キーワード:
ランサーエボリューション三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱ランサーエボリューション ファイナルエディション(4WD/5MT)【試乗記】 2015.7.17 試乗記 10代、23年間にわたって進化を続けてきた「三菱ランサーエボリューション」にいよいよ終止符が打たれる。「ランエボX GSR」をベースにした最終進化形「ファイナルエディション」に、雨の富士スピードウェイ・ショートサーキットで試乗した。
  • トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)【レビュー】 2017.11.6 試乗記 トヨタの本格オフローダー「ランドクルーザープラド」がマイナーチェンジ。ただしその変化は、モデルライフ半ばの化粧直しだけにあらず。試乗してみると、走りにもランクルらしい改良の成果が表れていた。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.6 試乗記 スズキのコンパクトスポーツモデル「スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、パワフルでトルキーな1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新型の走りやいかに? その実力をリポートする。
  • 三菱ランサーエボリューションX GSR(4WD/6AT)【ブリーフテスト】 2008.3.18 試乗記
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2017.11.8 試乗記