クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)

無限の魂が宿っている 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。

サーキットの香りがする

「無限」という言葉を聞いて、ホンダのワークスチューナー的存在である同名のブランドを思い出さないクルマ好きは皆無であろう。1973年の設立当時から、ホンダの二輪/四輪のチューニングパーツの開発と販売を行い、過去においてはホンダの後を受け継ぎF1エンジンの開発をも担当。2003年に現在のM-TECにリソースを移管したが、そのDNAは不変。すなわち、ホンダの二輪/四輪車両をベースにレーシングクオリティーでパフォーマンスアップを行い、運転して、そして所有して楽しめるクルマを作り上げることに無限の存在価値がある。さらに分かりやすく言えば、その存在とはトヨタのTRDや日産のNISMO、スバルのSTIと同じ。輸入ブランドで言えば、かつてのメルセデスに対するAMG(設立当時は資本関係がなかったものの現在AMGはメルセデスの100%子会社になっている)と同様の立ち位置である。

前述のとおり、かつてはF1を筆頭にさまざまなカテゴリーのレーシングエンジンの開発や、チームとしてレースに参戦していたこともあり、無限とレースのイメージは切っても切れない。よってホンダの正規ディーラーで取り扱われながらも無限ブランドのパーツは、やはりどことなくレーシー。オイルの香り漂う、ツウ好みのアイテムが多い。

そんな無限は、これまでに「シビック タイプR」をベースとした「シビックMUGEN RR」を2005年に、「CR-Z」をベースにした「CR-Z MUGEN RZ」を2012年に限定販売。合法的なチューニングモデルであるいわゆるコンプリートカーをリリースしてきた。今回試乗できたS660ベースのS660 MUGEN RAはその第3弾となるコンプリートマシンである。

2016年5月に発表された「S660 MUGEN RA」。内外装や足まわりを中心に無限が独自のチューニングを加えたコンプリートカーである。
2016年5月に発表された「S660 MUGEN RA」。内外装や足まわりを中心に無限が独自のチューニングを加えたコンプリートカーである。拡大
インテリアでは専用デザインのステアリングホイールや無限のロゴ入りメーターなどが目を引く。テスト車にはオプションの赤いスポーツマットが敷かれていた。
インテリアでは専用デザインのステアリングホイールや無限のロゴ入りメーターなどが目を引く。テスト車にはオプションの赤いスポーツマットが敷かれていた。拡大
「無限」とはホンダのモータースポーツ活動や、アフターパーツの開発などを手がけるM-TECの製品ブランドである。これまでにも「シビック タイプR」や「CR-Z」などのコンプリートカーが、同ブランドからリリースされてきた。
「無限」とはホンダのモータースポーツ活動や、アフターパーツの開発などを手がけるM-TECの製品ブランドである。これまでにも「シビック タイプR」や「CR-Z」などのコンプリートカーが、同ブランドからリリースされてきた。拡大

間口の広さも特徴のひとつ

車名にある「RA」は、これまでにリリースされた2台と同じく無限の持つレーシングスピリットやレースのDNAを示す「R」と、アルファベットのスタートの文字である「A」を組み合わせたもの。つまり、レーシングフィールドで培ったDNAを継承しながらも、ユーザーが自由にカスタマイズを楽しめるベースモデル(=A)として存在するという意味を持っている。試乗車が装着しているスタイリングセット(フロントアンダースポイラー/サイドスポイラー/リアアンダースポイラーの3点セット、リアエアロフェンダーを加えた4点セットも選択可能)がオプション扱いなのはそのためだ。基本性能の向上はブランドとして担保するが、そこから先はユーザーの感性で自身にあったモディファイを楽しんでほしい。そんな無限の想いが込められたモデルでもある。

そのため、チューンドコンプリートカーにありがちなハードルの高さはなく、より幅広いユーザーにも無限ブランドのDNAを楽しんでもらいたいという配慮から、6段MTのほかにストックのS660同様、CVTモデルも設定している。これまでのハードなチューンドカーのように、決して運転がうまい人だけが想定ユーザーではないという点は少しユニークなアプローチとも言えそうだ。

よってストックのS660にも装着可能なスタイリングセットを装着しなければ、ぱっと見て分かるエクステリアの変更点はドライカーボンを用いたRA専用のフロントグリルとホイールのみという、分かる人にだけ分かるという玄人が喜びそうなアピアランスである。ポイントはそのフロントグリルで、こちらはパーツとしての単体販売が行われていないので、逆に言えばこの顔を見れば無限のコンプリートカー=RAだと分かる仕組みである。

リアバンパーに装着された「RA」のエンブレム。「R」は無限のレーシングスピリットを、「A」はコンプリートカーの基本仕様であることを意味している。
リアバンパーに装着された「RA」のエンブレム。「R」は無限のレーシングスピリットを、「A」はコンプリートカーの基本仕様であることを意味している。拡大
カーボンコンポジットとアクリル樹脂製のフロントグリル。ボディーパーツで標準装備となるのはこのアイテムと前後のエンブレムのみで、他の空力パーツはオプション装備となる。
カーボンコンポジットとアクリル樹脂製のフロントグリル。ボディーパーツで標準装備となるのはこのアイテムと前後のエンブレムのみで、他の空力パーツはオプション装備となる。拡大
今回のテスト車には、フロントアンダースポイラー、サイドスポイラー、リアアンダースポイラーからなるスタイリングセットと、ドライカーボンを使用した可動式リアウイングが装着されていた。
今回のテスト車には、フロントアンダースポイラー、サイドスポイラー、リアアンダースポイラーからなるスタイリングセットと、ドライカーボンを使用した可動式リアウイングが装着されていた。拡大

走りの印象を変えるマフラーと足まわり

フロントグリルとともにストックモデルとの大きな識別点となるホイールは、BBS製だ。センターキャップに「無限」のロゴをあしらったデザインを含め、基本設計を無限が行い、それをBBSが製造。切削鍛造タイプで、S660の純正ホイールと比較して4本合計で5.8kgの軽量化を果たしているという。タイヤはS660専用開発となるOE装着の「アドバン ネオバAD08R」。フロント165/55R16、リア195/45R16とこちらのサイズはストックモデルから変更はない。

このタイヤ、ホイールとともに足元にセットされるのが、ビルシュタイン製の車高調整式サスペンションだ。車高はストックモデルから変更なしだが、単筒倒立式のダンパーはマイナス25mmの調整幅を持っている。以前から付き合いのある部品メーカーのアイテムから、世界で名だたるメーカーのものまで、さまざまな製品をさまざまなステージで試した上で、最終的にビルシュタインを選択したのは、シャープなハンドリングやミドシップマシンらしい回頭性が得られ、最も無限というブランドにふさわしいポテンシャルを持ったアイテムができたからだという。

もうひとつ、走りの印象を大きく変えるチューニングアイテムが、ステンレス製のRA専用スポーツマフラーである。エンジンはストックのままで、よってマフラーも車検対応であるから、カタログ上のスペックに変更はない。しかし、低中速域のトルクアップは顕著で、アクセルへの反応はなかなか鋭い。このレスポンスの違いは、S660 のオーナーであればおそらく走りだした瞬間に気づくはずである。よく「アクセルのツキが良い」という表現が用いられるが、RAのオーナーであれば、ストックモデルとの違いを思わずそう他人に説明したくなるだろう。

背後から聞こえてくる乾いたエキゾーストノートは、ボリュームこそ控えめながら実にスポーティー。ブローオフバルブの作動音とともに奏でられるスポーツサウンドは、最近流行の排気経路を切り替えてボリュームをアップさせるようなギミックを採用すればさらにドライバーの楽しさも倍増すると思うのだが、現状であってもドライバーをその気にさせるに十分なファクターを持ち合わせている。

運動性能に関しては、足まわりを中心にチューニングを実施。サスペンションにはビルシュタインの車高調整式ダンパーが採用された。
運動性能に関しては、足まわりを中心にチューニングを実施。サスペンションにはビルシュタインの車高調整式ダンパーが採用された。拡大
バネ下重量軽減のために採用された、BBS製の鍛造アルミホイール。タイヤにはベース車と同じく「ヨコハマ・アドバン ネオバAD08R」が組み合わされる。
バネ下重量軽減のために採用された、BBS製の鍛造アルミホイール。タイヤにはベース車と同じく「ヨコハマ・アドバン ネオバAD08R」が組み合わされる。拡大
オプションの空力パーツが目を引く、テスト車のリアまわり。「S660 MUGEN RA」には、2本出しの専用スポーツマフラーが標準装備される。
オプションの空力パーツが目を引く、テスト車のリアまわり。「S660 MUGEN RA」には、2本出しの専用スポーツマフラーが標準装備される。拡大
専用マフラーの採用により、ベース車とは異なるスポーティーな排気音と、優れた排気効率を実現している。
専用マフラーの採用により、ベース車とは異なるスポーティーな排気音と、優れた排気効率を実現している。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

もっとパワーがほしくなる

このスポーティーなエキゾーストノートとビルシュタイン製ダンパーのおかげか、ワインディングでの身のこなしは軽さが一層増した印象だ。シャシー側のバージョンアップ効果は顕著で、もしもS660にスポーツバージョンがあったなら、こんな乗り味なのかもしれないとさえ思える。少々硬めではあるが、決して不快な硬さではなく、アンジュレーションのあるコーナーでもスパッと一発で姿勢が決まる。ドライバーとエンジン、ハンドリングが一体化したような、まるでMIKIKO先生直伝のPerfumeのダンスを見ているような三位一体感、シンクロ率300%の走りが味わえる。

しかしその一方で、この足ならばもっとパワーアップしたエンジンが積まれてもいいとも感じる。そう、正直パワーは物足りない。軽自動車という枠の中で、しかもホンダディーラーで販売するという制約の限界も感じてしまうのだ。開発時にはきっとパワーアップしたエンジンも試したのだろう……と、そんな想像もついぞしてみたくなる。こうした現実にはなかなか実現できない無い物ねだりの欲望がとめどなく前に進むのも、この足まわりにして、という話である。

オープンカーだけに、インテリアでは派手な演出があえて行われている。真っ赤な専用カラーでコーディネートされた本革シートや専用配色のステアリングホイール、「無限MUGEN」のロゴが表示されるデジタル式のコンビネーションメーター、「無限」ロゴがあしらわれたプッシュ式のエンジンスイッチなど、見どころ(変更点)は数多い。カーボンデザインが施された球形の専用シフトノブ(取材車両は6段MT車で、シフトブーツも赤いステッチが入った専用アイテムであった)を駆使して走れば、小さいながらも気分は立派なスーパーカーである。ただ、下ろしたての個体であったせいか、本革シート表面の張りが強く、長時間座っていると触れている部分(背中やお尻)に違和感を覚えたのも確か。所有してこなれてくれば解決するとは思うのだが、気になったという事実だけは記しておきたい。

富士山麓のワインディングロードを行く「S660 MUGEN RA」。
富士山麓のワインディングロードを行く「S660 MUGEN RA」。拡大
エンジンについてはベース車から変更はない。64psの最高出力と、10.6kgmの最大トルクを発生する。
エンジンについてはベース車から変更はない。64psの最高出力と、10.6kgmの最大トルクを発生する。拡大
「S660 MUGEN RA」専用の赤いスポーツシート。シートバックを除き、表皮には本革が用いられている。
「S660 MUGEN RA」専用の赤いスポーツシート。シートバックを除き、表皮には本革が用いられている。拡大
「無限MUGEN」のロゴが施されたシートのヘッドレスト部。「S660 MUGEN RA」では、インテリアの各所に同様のロゴがあしらわれている。
「無限MUGEN」のロゴが施されたシートのヘッドレスト部。「S660 MUGEN RA」では、インテリアの各所に同様のロゴがあしらわれている。拡大

プラス70万円は高くない

チューンドコンプリートカーとはいえ、軽自動車という枠とディーラーで売られるクルマとしてのラインナップであることを考えれば、あまり多くを望み過ぎてもいけないのだろう。やりたいことは数多くあるが、まずは「軽自動車という制約の中でどこまでスポーティーなモデルに仕上げるか」という課題に対する無限の回答が、RAというモデルであったとそこは前向きに捉えたい。限定販売数の660台は、取材時点でほぼ完売。数台がどこかのディーラーに残っているかも、という状態であった。

「無限の造ったS660のチューンドコンプリーカーに乗ったよ」と仲間内に話すと、必ず聞かれるのが「ストックのモデルから70万円強アップした価格に見合った価値はあるのか?」という質問だ。これに対しては、「S660 MUGEN RAは単なるパーツの合計金額だけではなく、『無限』というレーシングスピリットも合わせて構築されている。DNAとフィロソフィーを70万円程度で買えると考えれば十分安い」と答えるようにしている。チューンドコンプリートカーではあるが、オーナーが手を加える伸びシロも残されているRA。そのオーナーになるということは、ポテンシャルやスタイリングとともに、無限を無限たらしめる何かを手に入れることに他ならないのだ。

(文=櫻井健一/写真=田村 弥/編集=堀田剛資)

ボディーカラーには「プレミアムスターホワイト・パール」「プレミアムミスティックナイト・パール」「フレームレッド」の3色が用意されていた。
ボディーカラーには「プレミアムスターホワイト・パール」「プレミアムミスティックナイト・パール」「フレームレッド」の3色が用意されていた。拡大
センターコンソールに装着されたシリアルナンバー入りのプレート。「S660 MUGEN RA」は、660台の台数限定で販売された。
センターコンソールに装着されたシリアルナンバー入りのプレート。「S660 MUGEN RA」は、660台の台数限定で販売された。拡大
「S660 MUGEN RA」の車両価格は289万円。カタログモデルの「S660 α」は218万円なので、その差額は71万円となる。
「S660 MUGEN RA」の車両価格は289万円。カタログモデルの「S660 α」は218万円なので、その差額は71万円となる。拡大

テスト車のデータ

ホンダS660 MUGEN RA

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3395×1475×1180mm
ホイールベース:2285mm
車重:826kg
駆動方式:MR
エンジン:0.66リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ
トランスミッション:6段MT
最高出力:64ps(47kW)/6000rpm
最大トルク:10.6kgm(104Nm)/2600rpm
タイヤ:(前)165/55R15 75V/(後)195/45R16 80W(ヨコハマ・アドバン ネオバAD08R)
燃費:--km/リッター
価格:289万円/テスト車=323万9920円
オプション装備:スポーツマット(1万7280円)/フロントアンダースポイラー(5万5080円)/サイドスポイラー(6万4800円)/リアアンダースポイラー(5万0760円)/リアウイング(16万2000円)

テスト車の年式:2016年型
テスト開始時の走行距離:2514km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(7)/山岳路(1)
テスト距離:356.3km
使用燃料:20.9リッター(レギュラーガソリン)
参考燃費:17.0km/リッター(満タン法)/17.3km/リッター(車載燃費計計測値)
 

ホンダS660 MUGEN RA
ホンダS660 MUGEN RA拡大

関連キーワード:
S660ホンダ試乗記

あなたにおすすめの記事