アストンマーティン、600psの新型「ヴァンキッシュS」を発表

2016.11.16 自動車ニュース
「アストンマーティン・ヴァンキッシュS」
「アストンマーティン・ヴァンキッシュS」

英アストンマーティンは2016年11月16日(現地時間)、新たなフラッグシップクーペとなる新型「ヴァンキッシュS」を発表した。

マフラーのエキゾーストパイプは左右それぞれ2本出しとなっている。
マフラーのエキゾーストパイプは左右それぞれ2本出しとなっている。
ヘッドレストには「Vanquish S」のロゴがステッチされる。
ヘッドレストには「Vanquish S」のロゴがステッチされる。
独創的なインストゥルメントパネルまわり。エアコン吹き出し口の下にシフトセレクターが配置される。
独創的なインストゥルメントパネルまわり。エアコン吹き出し口の下にシフトセレクターが配置される。

今回のヴァンキッシュSでは、従来モデルの「ヴァンキッシュ」からエンジン、シャシー、エアロダイナミクスが見直され、走行性能が強化されている。

搭載される6リッターV12エンジンは、インテークマニホールドの拡大により吸気効率が向上。最高出力600psと最大トルク64.2kgm(英国、欧州仕様の数値)を発生する。また、高回転域の吸気量を増化させることで、レッドゾーンまで途切れないパワーフィールの獲得が図られている。エンジン出力の向上に合わせて、8段AT「タッチトロニックIII」のキャリブレーションも調整され、ギアチェンジの高速化と、低速時のシフトマナーの洗練が図られている。併せてサスペンション、ダンパー設定、スプリングレート、アンチロールバーのブッシュも調整が施された。

エクステリアは、フロントスプリッターとリアディフューザーによりフロントリフトが低減し、空気抵抗の抑制を実現。この空力パーツはカーボンファイバーの素地(そじ)を露出させたデザインとなっている。さらにマフラーは4本出しのエキゾーストパイプを採用し、アグレッシブな外観が演出されている。

インテリアでは、シートに「フィログラフ」キルトレザーや、「サテンチョップド」フェイシアパネルなどの新しい素材や仕上げが用意され、カスタマイズの選択肢が広げられている。また、「Bridge of Weir」ケースネスレザーが採用されるほか、ヘッドレストには職人の仕上げによる「Vanquish S」のステッチが施される。

ラインナップは「クーペ」とオープンモデルの「ヴォランテ」が用意される。価格は英国では19万9950ポンド(約2719万円、1ポンド=136円で換算)から、アメリカでは31万2950ドル(約3411万円、1ドル=109円で換算)からに設定されており、納車は2016年12月から開始される予定。

(webCG)

 

関連キーワード:
ヴァンキッシュヴァンキッシュ ヴォランテアストンマーティン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュSクーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.11.17 試乗記 進化が止まらぬスーパースポーツカーの世界。「アストンマーティン・ヴァンキッシュ」も588psというパワーを得て、いよいよその究極形と目される「ヴァンキッシュS」に到達した。伝統の自然吸気V12エンジンも、いよいよこれでクライマックスか?
  • アストンマーティン・ヴァンテージ 2017.11.22 画像・写真 アストンマーティンが新型「ヴァンテージ」を発表。510psを発生する4リッターV8ターボエンジンにより、0-100km/h加速は3.7秒、最高速は314km/hという動力性能を実現している。レーシングカーの「ヴァンテージGTE」ともども、その姿を写真で紹介する。
  • メルセデスAMG GT Cロードスター(FR/7AT)【試乗記】 2018.2.14 試乗記 「メルセデスAMG GT」のラインナップに新たに加わった「GT C」。シリーズで最もどう猛な「GT R」と、スポーティーな「GT S」の間に投じられた“微妙な立ち位置の豪華仕様”などと高をくくってはいけない! 「ロードスター」に試乗した。
  • マクラーレン570Sスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2018.2.7 試乗記 マクラーレンのエントリーレンジを担う「スポーツシリーズ」に、第4のモデル「570Sスパイダー」が登場。570psのV8ツインターボと開放的なオープンボディーが織り成す走りに加え、単なるエントリーモデルにはとどまらない走りの魅力をリポートする。
ホームへ戻る