アストンマーティン、600psの新型「ヴァンキッシュS」を発表

2016.11.16 自動車ニュース
「アストンマーティン・ヴァンキッシュS」
「アストンマーティン・ヴァンキッシュS」

英アストンマーティンは2016年11月16日(現地時間)、新たなフラッグシップクーペとなる新型「ヴァンキッシュS」を発表した。

マフラーのエキゾーストパイプは左右それぞれ2本出しとなっている。
マフラーのエキゾーストパイプは左右それぞれ2本出しとなっている。
ヘッドレストには「Vanquish S」のロゴがステッチされる。
ヘッドレストには「Vanquish S」のロゴがステッチされる。
独創的なインストゥルメントパネルまわり。エアコン吹き出し口の下にシフトセレクターが配置される。
独創的なインストゥルメントパネルまわり。エアコン吹き出し口の下にシフトセレクターが配置される。

今回のヴァンキッシュSでは、従来モデルの「ヴァンキッシュ」からエンジン、シャシー、エアロダイナミクスが見直され、走行性能が強化されている。

搭載される6リッターV12エンジンは、インテークマニホールドの拡大により吸気効率が向上。最高出力600psと最大トルク64.2kgm(英国、欧州仕様の数値)を発生する。また、高回転域の吸気量を増化させることで、レッドゾーンまで途切れないパワーフィールの獲得が図られている。エンジン出力の向上に合わせて、8段AT「タッチトロニックIII」のキャリブレーションも調整され、ギアチェンジの高速化と、低速時のシフトマナーの洗練が図られている。併せてサスペンション、ダンパー設定、スプリングレート、アンチロールバーのブッシュも調整が施された。

エクステリアは、フロントスプリッターとリアディフューザーによりフロントリフトが低減し、空気抵抗の抑制を実現。この空力パーツはカーボンファイバーの素地(そじ)を露出させたデザインとなっている。さらにマフラーは4本出しのエキゾーストパイプを採用し、アグレッシブな外観が演出されている。

インテリアでは、シートに「フィログラフ」キルトレザーや、「サテンチョップド」フェイシアパネルなどの新しい素材や仕上げが用意され、カスタマイズの選択肢が広げられている。また、「Bridge of Weir」ケースネスレザーが採用されるほか、ヘッドレストには職人の仕上げによる「Vanquish S」のステッチが施される。

ラインナップは「クーペ」とオープンモデルの「ヴォランテ」が用意される。価格は英国では19万9950ポンド(約2719万円、1ポンド=136円で換算)から、アメリカでは31万2950ドル(約3411万円、1ドル=109円で換算)からに設定されており、納車は2016年12月から開始される予定。

(webCG)

 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.1 試乗記 車名の「812」とは“800psの12気筒”の意。FRのロードゴーイング・フェラーリとしては、史上最強かつ最速を掲げる「812スーパーファスト」。その実力をフェラーリのホームグラウンド、フィオラーノ・サーキットで解き放った。
  • アストンマーティン、2017年モデルの概要を発表 2016.5.31 自動車ニュース アストンマーティンが日本で販売する各ラインナップの2017年モデルを発表した。ラインナップにおける大きな変更としては、「V8ヴァンテージ」シリーズの車種を高性能版の「V8ヴァンテージS」に統合。「DB11」の登場に伴い、「DB9」の車種も整理されている。
  • 第53回:カーマニア、堕落の選択 2017.8.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第53回は「カーマニア、堕落の選択」。5年後に還暦を迎える筆者が、次なる“牛丼車”として狙いを定めたのは、「BMW 320d」。その、安全性能は十分か否か? 「3シリーズ」の自動ブレーキとACCの進化の変遷に迫る。
  • アストンマーティンの新型スポーツカー、欧州でスパイショット公開 2017.8.3 自動車ニュース 欧州で、アストンマーティンのスポーツカー「ヴァンテージ」の後継モデルとされる新型車のスパイショットが公開された。「ヴァンテージ」の後継モデルは2017年の暮れに発表される予定で、AMG製のエンジンが搭載される可能性がある。
ホームへ戻る