コルベット史上最も純粋なスポーツモデル「グランスポーツ」登場

2016.11.16 自動車ニュース
「シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ ヘリテージ」
「シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ ヘリテージ」

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2016年11月10日、高性能スポーツモデル「シボレー・コルベット」に、より動力性能を高めた新グレード「グランスポーツ」を設定し、販売を開始した。

 
コルベット史上最も純粋なスポーツモデル「グランスポーツ」登場の画像
 
コルベット史上最も純粋なスポーツモデル「グランスポーツ」登場の画像
 
コルベット史上最も純粋なスポーツモデル「グランスポーツ」登場の画像
 
コルベット史上最も純粋なスポーツモデル「グランスポーツ」登場の画像
 
コルベット史上最も純粋なスポーツモデル「グランスポーツ」登場の画像
 
コルベット史上最も純粋なスポーツモデル「グランスポーツ」登場の画像
 
コルベット史上最も純粋なスポーツモデル「グランスポーツ」登場の画像
 
コルベット史上最も純粋なスポーツモデル「グランスポーツ」登場の画像
 
コルベット史上最も純粋なスポーツモデル「グランスポーツ」登場の画像
 
コルベット史上最も純粋なスポーツモデル「グランスポーツ」登場の画像
 
コルベット史上最も純粋なスポーツモデル「グランスポーツ」登場の画像

往年のレーシングスポーツの名を冠する高性能モデル

グランスポーツとは、往年のレーシングスポーツモデルの名にあやかった新しい高性能スポーツグレードである。

オリジナルとなる1963年式グランスポーツは、モータースポーツでの活躍を念頭に開発された特殊なモデルであり、当初はGTレースのホモロゲーションを取得するために125台の量産が予定されていた。しかしGMがモータースポーツにおけるワークス活動を停止したことから量産計画は立ち消えとなり、わずか5台が手作業で生産されるのみとなった。

その後、1996年にC4コルベットの最終記念モデルとしてグランスポーツの名が復活(1000台限定)。2010年にはベースグレードと「Z06」の間に位置する高性能モデルとしてC6コルベットに同名のグレードが設定され、日本でも2012年より販売が行われた。

今回設定された“新グランスポーツ”では、最高出力466ps、最大トルク64.2kgmを発生する6.2リッターV8 OHVエンジンはそのままに、シャシーチューニングと空力性能の改善によって動力性能を強化。GMジャパンは同車を「コルベット史上、最も純粋なスポーツモデル」とうたっている。

主な仕様と装備は、以下の通り。

・ドライサンプ潤滑システムとアクティブ・エグゾースト・システムを備えたLT1型 V8エンジン
・グランスポーツ ワイドボディー
・カーボンフラッシュペインテッドグラウンドエフェクトパッケージ
・ボディーカラードカーボン製ルーフパネル
・グランスポーツ専用サテンブラックアルミホイール(レッドストライプ付き、前:19インチ、後ろ:20インチ)
・ミシュラン・パイロットスーパースポーツランフラットタイヤ(空気圧センサー付き、前:P285/30ZR19、後ろ:P335/25ZR20)
・ブレンボ製ブレーキシステム(前:6ピストン式キャリパー+370 mmディスク、後ろ:4ピストン式キャリパー+365 mmディスク)
・マグネティックセレクティブライドコントロール、パフォーマンストラクションマネジメントシステム(5モード)
・電子制御LSD(リミテッド・スリップ・ディファレンシャル)
・7段マニュアル・トランスミッション(アクティブ・レブマッチング機能付き)
・8段オートマチック・トランスミッション(パドルシフト/リモートスタート機能付き)
・グランスポーツ専用Z07パフォーマンスパッケージ+パフォーマンスデータレコーダー(受注発注オプション)
・グランスポーツ専用レーシングデカール(ホワイト、アクセサリー)
・グランスポーツ専用ハッシュマーク(5色設定、アクセサリー)

なお、Z07パフォーマンスパッケージはカーボンセラミック製ブレーキと「ミシュラン・パイロットスポーツ Cup2」からなる。同パッケージを装着することにより、ノーマルモデルでは1.05Gとなっているスキッドパッドでの横Gを、1.2Gまで高めることができるという。

コルベット グランスポーツの価格は以下の通り。
・グランスポーツ クーペ(7MT):1210万円
・グランスポーツ クーペ(8AT):1227万円
・グランスポーツ コンバーチブル(8AT):1287万円

15台限定の記念モデルも登場

同時に、グランスポーツの設定を記念した限定モデルとして「グランスポーツ ヘリテージ」を設定。2016年11月22日午後8時までの期間限定で購入予約を受け付けている。

グランスポーツ ヘリテージは、グランスポーツ クーペの8段AT車をベースに、内外装をドレスアップしたものであり、ボディーの左右にはグランスポーツの象徴である“ハッシュマーク”を採用。足元には、レッドストライプ付きのサテンブラックホイールとレッドのキャリパーを装着(ボディーカラーがイエローの場合はイエローキャリパー)している。

具体的な特別装備は以下の通り。
・デカール:グランスポーツの象徴であるトーチレッドフェンダーハッシュマーク付き
・ブラッシュドアルミハッシュマーク
・ツートンスエーデッドマイクロファイバーインサート付きGTシート
・スエーデッドマイクロファイバーラップド3スポークフラットボトムステアリング
・レッドインテリア(ボディーカラー:ブラック、アークティックホワイト)/グレーインテリア(ボディーカラー:コルベットレーシング イエロー)
・レッドカラーシートベルト(ボディーカラーがコルベットレーシングイエローの場合はブラック)

価格は、ボディーカラーがブラックとアークティックホワイトの場合は1243万円、コルベットレーシングイエローの場合は1255万9000円。販売台数はそれぞれ5台限定の、計15台となっている。

(文=webCG/写真=高橋信宏

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
  • トヨタ・カムリG“レザーパッケージ”(FF/CVT)/カムリG(FF/CVT)【試乗記】 2017.7.27 試乗記 世界100カ国以上で販売されているトヨタ伝統のセダン「カムリ」がフルモデルチェンジ。新世代のプラットフォームや新開発エンジンを投入し「ゼロからすべてを見直した」という10代目の走り、そして乗り心地を報告する。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT)【試乗記】 2017.7.31 試乗記 専用ボディーカラーや特別な内装をまとった、「ホンダS660」の特別仕様車「ブルーノレザーエディション」に試乗。その“大人向け”の魅力を堪能しつつ、オープンエアドライブの楽しさをあらためて確認した。
  • 第53回:カーマニア、堕落の選択 2017.8.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第53回は「カーマニア、堕落の選択」。5年後に還暦を迎える筆者が、次なる“牛丼車”として狙いを定めたのは、「BMW 320d」。その、安全性能は十分か否か? 「3シリーズ」の自動ブレーキとACCの進化の変遷に迫る。
ホームへ戻る