「スズキ・イグニス」にSUVらしさを強調した特別仕様車

2016.11.16 自動車ニュース
「スズキ・イグニスFリミテッド」
「スズキ・イグニスFリミテッド」

スズキは2016年11月16日、コンパクトクロスオーバー車「イグニス」に特別仕様車「Fリミテッド」を設定し、販売を開始した。

 
「スズキ・イグニス」にSUVらしさを強調した特別仕様車の画像
 
「スズキ・イグニス」にSUVらしさを強調した特別仕様車の画像
 
「スズキ・イグニス」にSUVらしさを強調した特別仕様車の画像
 
「スズキ・イグニス」にSUVらしさを強調した特別仕様車の画像

今回の特別仕様車は、上級グレード「ハイブリッドMZ」をベースにルーフレールやフェンダーアーチモールなどを装備することでSUVテイストを強調するとともに、汚れを拭き取りやすいレザー調シート表皮や防汚タイプのラゲッジフロアなど、アクティブなユーザーに向けた装備を充実させたモデルである。

具体的な特別装備は以下の通り。
・ルーフレール/フェンダーアーチモール/サイドアンダーモール
・専用色16インチアルミホイール(ガンメタリック塗装)
・カラードドアミラー(ブラック塗装、「スーパーブラックパール」塗装車はボディーカラーと同色)
・専用本革巻きステアリングホイール(シルバーステッチ)
・専用シフトブーツ(シルバーステッチ)
・専用本革巻きパーキングブレーキレバー(シルバーステッチ)
・専用色センターコンソール(一部カーキ塗装)
・専用色インサイドドアグリップ(一部カーキ塗装)
・専用シート表皮(レザー調)
・防汚タイプラゲッジフロア(リアシートバック背面、ラゲッジボード、スライドラゲッジボード)
・ブラックインテリア(インパネロア、フロントドアロワトリム、リアドアアームレスト)
・助手席シートヒーター(FF車、4WD車では標準装備)

価格はFF車が168万8040円、4WD車が182万1960円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

イグニスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・イグニス ハイブリッドMZ(FF/CVT)/イグニス ハイブリッドMZ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.2.24 試乗記 ありそうでなかったAセグメントのクロスオーバーSUV「スズキ・イグニス」。“軽自動車のちょっと上”という絶妙なボディーサイズと、多彩なシートアレンジをはじめとした使い勝手のよさ、そして“メガネ顔”のファニーなデザインが織り成す、その魅力に触れた。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • 新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場 2017.2.1 自動車ニュース スズキが6代目となる新型「ワゴンR」を発表。デザインは従来モデルから一新されており、特にフロントまわりについてはイメージの異なる3種類のデザインを用意。33.4km/リッターというマイルドハイブリッド車の燃費も特徴となっている。
  • スズキ・バレーノXT(FF/6AT)【試乗記】 2016.5.25 試乗記 ターゲットは「フォード・フォーカス」? スズキから新しいコンパクトモデルの「バレーノ」が登場。新開発のBセグメントプラットフォームの実力やいかに? 1リッターの直噴ターボエンジンを搭載した上級グレード「XT」を借り出し、その走りを試した。
ホームへ戻る