スズキ、「バレーノ」に装備充実の「XS」グレードを設定

2016.11.17 自動車ニュース
「スズキ・バレーノXS」
「スズキ・バレーノXS」拡大

スズキは2016年11月17日、小型乗用車「バレーノ」に新グレード「XS」を追加設定し、販売を開始した。

前席にはシートヒーターが備わるほか、フルオートエアコンも装備する。
前席にはシートヒーターが備わるほか、フルオートエアコンも装備する。拡大
本革巻きのステアリングホイールを採用している。
本革巻きのステアリングホイールを採用している。拡大

今回のバレーノXSは、1.2リッター直4自然吸気エンジン搭載の「XG」グレードをベースに、質感と機能の向上が図られた新グレード。エクステリアにはディスチャージヘッドランプやアルミホイール、室内装備にはフルオートエアコンや助手席シートヒーターなどが採用されている。

これらを含む、XGから追加・変更された装備は以下の通り。

【エクステリア】

  • ディスチャージヘッドランプ(ハイ/ロービーム、マニュアルレベリング機構付き)
  • LEDポジションランプ
  • フロントマルチリフレクターハロゲンフォグランプ
  • LEDサイドターンランプ付きドアミラー
  • 185/55R16タイヤ・16インチアルミホイール

【インテリア】

  • フルオートエアコン
  • 助手席シートヒーター
  • 本革巻きステアリングホイール/ステアリングオーディオスイッチ
  • フロントセンターアームレスト
  • センターコンソールトレー(リア)/センターコンソールボックス
  • マルチインフォメーションディスプレイ(カラー)

価格は154万4400円。

(webCG)
 

関連キーワード:
バレーノスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・イグニス(前編) 2016.1.21 画像・写真 スズキが、2015年の東京モータショーでお披露目したクロスオーバータイプのコンパクトカー「イグニス」をいよいよ発売。歴代スズキ車のエッセンスを取り入れたという個性的なエクステリアデザインや、インテリアのディテールを写真でリポートする。
  • スズキ・バレーノXT(FF/6AT)【試乗記】 2016.5.25 試乗記 ターゲットは「フォード・フォーカス」? スズキから新しいコンパクトモデルの「バレーノ」が登場。新開発のBセグメントプラットフォームの実力やいかに? 1リッターの直噴ターボエンジンを搭載した上級グレード「XT」を借り出し、その走りを試した。
  • スズキ・イグニス ハイブリッドMZ(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2016.4.8 試乗記 日本の道路事情にマッチしたボディーサイズと、ユニークなデザインで注目を集めるコンパクトクロスオーバーの「スズキ・イグニス」。では、その走りや使い勝手の実力はどれほどのものなのか? 最上級グレードを借り出し、その出来栄えを確かめた。
  • スズキ・イグニス ハイブリッドMZ(FF/CVT)/イグニス ハイブリッドMZ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.2.24 試乗記 ありそうでなかったAセグメントのクロスオーバーSUV「スズキ・イグニス」。“軽自動車のちょっと上”という絶妙なボディーサイズと、多彩なシートアレンジをはじめとした使い勝手のよさ、そして“メガネ顔”のファニーなデザインが織り成す、その魅力に触れた。
  • メルセデス・ベンツE200カブリオレ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.20 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ」に試乗した。“先代よりも大きく広くなった”とはいえ、セダンと比べると実用性では大きく劣るのがオープントップモデルの宿命。過去に3台のオープンモデルを乗り継いできたリポーターは、どこに価値を見いだした?
ホームへ戻る