スズキ、「バレーノ」に装備充実の「XS」グレードを設定

2016.11.17 自動車ニュース
「スズキ・バレーノXS」
「スズキ・バレーノXS」

スズキは2016年11月17日、小型乗用車「バレーノ」に新グレード「XS」を追加設定し、販売を開始した。

前席にはシートヒーターが備わるほか、フルオートエアコンも装備する。
前席にはシートヒーターが備わるほか、フルオートエアコンも装備する。
本革巻きのステアリングホイールを採用している。
本革巻きのステアリングホイールを採用している。

今回のバレーノXSは、1.2リッター直4自然吸気エンジン搭載の「XG」グレードをベースに、質感と機能の向上が図られた新グレード。エクステリアにはディスチャージヘッドランプやアルミホイール、室内装備にはフルオートエアコンや助手席シートヒーターなどが採用されている。

これらを含む、XGから追加・変更された装備は以下の通り。

【エクステリア】

  • ディスチャージヘッドランプ(ハイ/ロービーム、マニュアルレベリング機構付き)
  • LEDポジションランプ
  • フロントマルチリフレクターハロゲンフォグランプ
  • LEDサイドターンランプ付きドアミラー
  • 185/55R16タイヤ・16インチアルミホイール

【インテリア】

  • フルオートエアコン
  • 助手席シートヒーター
  • 本革巻きステアリングホイール/ステアリングオーディオスイッチ
  • フロントセンターアームレスト
  • センターコンソールトレー(リア)/センターコンソールボックス
  • マルチインフォメーションディスプレイ(カラー)

価格は154万4400円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スズキ・バレーノXT(FF/6AT)【試乗記】 2016.5.25 試乗記 ターゲットは「フォード・フォーカス」? スズキから新しいコンパクトモデルの「バレーノ」が登場。新開発のBセグメントプラットフォームの実力やいかに? 1リッターの直噴ターボエンジンを搭載した上級グレード「XT」を借り出し、その走りを試した。
  • スズキ・イグニス ハイブリッドMZ(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2016.4.8 試乗記 日本の道路事情にマッチしたボディーサイズと、ユニークなデザインで注目を集めるコンパクトクロスオーバーの「スズキ・イグニス」。では、その走りや使い勝手の実力はどれほどのものなのか? 最上級グレードを借り出し、その出来栄えを確かめた。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・イグニス ハイブリッドMZ(FF/CVT)/イグニス ハイブリッドMZ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.2.24 試乗記 ありそうでなかったAセグメントのクロスオーバーSUV「スズキ・イグニス」。“軽自動車のちょっと上”という絶妙なボディーサイズと、多彩なシートアレンジをはじめとした使い勝手のよさ、そして“メガネ顔”のファニーなデザインが織り成す、その魅力に触れた。
ホームへ戻る