スズキ、「バレーノ」に装備充実の「XS」グレードを設定

2016.11.17 自動車ニュース
「スズキ・バレーノXS」
「スズキ・バレーノXS」

スズキは2016年11月17日、小型乗用車「バレーノ」に新グレード「XS」を追加設定し、販売を開始した。

前席にはシートヒーターが備わるほか、フルオートエアコンも装備する。
前席にはシートヒーターが備わるほか、フルオートエアコンも装備する。
本革巻きのステアリングホイールを採用している。
本革巻きのステアリングホイールを採用している。

今回のバレーノXSは、1.2リッター直4自然吸気エンジン搭載の「XG」グレードをベースに、質感と機能の向上が図られた新グレード。エクステリアにはディスチャージヘッドランプやアルミホイール、室内装備にはフルオートエアコンや助手席シートヒーターなどが採用されている。

これらを含む、XGから追加・変更された装備は以下の通り。

【エクステリア】

  • ディスチャージヘッドランプ(ハイ/ロービーム、マニュアルレベリング機構付き)
  • LEDポジションランプ
  • フロントマルチリフレクターハロゲンフォグランプ
  • LEDサイドターンランプ付きドアミラー
  • 185/55R16タイヤ・16インチアルミホイール

【インテリア】

  • フルオートエアコン
  • 助手席シートヒーター
  • 本革巻きステアリングホイール/ステアリングオーディオスイッチ
  • フロントセンターアームレスト
  • センターコンソールトレー(リア)/センターコンソールボックス
  • マルチインフォメーションディスプレイ(カラー)

価格は154万4400円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • スズキ・バレーノXT(FF/6AT)/バレーノXG(FF/CVT)【試乗記】 2016.4.14 試乗記 スズキの新型Bセグメントコンパクト「バレーノ」がいよいよ日本でも発売された。インドで生産され、スズキの“お膝元”へと輸出される新しいグローバルカーの出来栄えやいかに? 運動性能と快適性を中心に、その実力を確かめた。
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
  • 「トヨタ・ヴィッツ」にハイブリッドモデルが登場
    2017.1.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年1月12日、コンパクトカー「ヴィッツ」にマイナーチェンジを施し、販売を開始した。今回はハイブリッドモデルの追加設定が最大のトピック。さらに、エクステリア、シャシー、安全装備などにも改良が施された。
  • 【デトロイトショー2017】トヨタ、新型「カムリ」を世界初公開 2017.1.11 自動車ニュース トヨタが、デトロイトショーで北米市場の最量販モデル「カムリ」の新型を世界初公開。8代目となる新型には「プリウス」などに続いて「TNGA」世代の新プラットフォームを採用。日本市場については2017年夏ごろの導入を予定している。
ホームへ戻る