プジョー2008アリュール(FF/6AT)

新しいブルーライオンの旗手 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。

ブランド戦略を担うマイナーチェンジ

<プジョーが来年に向けて指し示す重要なブランド戦略は「SUV」です>

プジョー2008のプレスリリース冒頭に記されている言葉である。パリモーターショーでは新しい「3008」と「5008」を発表していて、「208」「308」などの「0」モデル路線から「00」モデル重視にかじを切ったことが明確に示された。

プジョーといえばコンパクトハッチ、というのがちょっと前の常識だった。「205」はオシャレ系女子に人気で、ホットバージョンは走り好きの男子から支持を得た。「206」も好評で、電動開閉式ハードトップを備える「CC」はこのジャンルが人気となるきっかけとなった。「207」になるとボディーが大幅に拡大し、日本では3ナンバーサイズに移行する。

不満が多かったのか、208ではサイズを縮小するという逆転現象が起きた。3気筒エンジンが採用されて機関面でもダウンサイジングが図られる。好感をもって迎えられたが、かつてのような熱狂からは遠い。2004年に「1007」が登場し、初の「00」モデルとなる。その後4ケタ車名が続々と現れ、ミニバンとクロスオーバーにバリエーションを広げていった。2008は「00」モデルとしては最後発で、2013年のジュネーブショーでデビューしている。

3年を経てマイナーチェンジを受けたわけだが、このモデルにはプジョーの言うブランド戦略が大きく刻印されている。今までクロスオーバーと言ってきたのに、SUVという言葉を使うようになった。プレスリリースの見出しは<プジョー、「NEW PEUGEOT 2008 SUV」を発売>である。モデル名にSUVが付いたわけではなく、ラインナップ紹介には「2008 Allure」「2008 GT Line」と書いてある。説明書きの「ハンドル/ドア」の項目まで「右/5ドア SUV」となっているのはさすがに面食らった。SUVというのはキャッチコピーなのだろうか。

2013年にデビューした小型クロスオーバーの「プジョー2008」。今回試乗したマイナーチェンジモデルは、2016年3月のジュネーブショーでお披露目された。
2013年にデビューした小型クロスオーバーの「プジョー2008」。今回試乗したマイナーチェンジモデルは、2016年3月のジュネーブショーでお披露目された。
黒を基調とした「アリュール」のインテリア。新グレード「GTライン」では、各部に赤いアクセントが施される。
黒を基調とした「アリュール」のインテリア。新グレード「GTライン」では、各部に赤いアクセントが施される。
「アリュール」の足元は195/60R16サイズのタイヤと、16インチアルミホイールの組み合わせ。一方「GTライン」のタイヤサイズは205/50R17となっている。
「アリュール」の足元は195/60R16サイズのタイヤと、16インチアルミホイールの組み合わせ。一方「GTライン」のタイヤサイズは205/50R17となっている。
テールゲートに装着された「2008」のバッジ。新デザインのLEDリアコンビランプも、マイナーチェンジモデルの特徴のひとつ。
テールゲートに装着された「2008」のバッジ。新デザインのLEDリアコンビランプも、マイナーチェンジモデルの特徴のひとつ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

2008の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 プジョー2008の魅力と実力<PR> 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
ホームへ戻る