メルセデス・ベンツGLC350e 4MATICスポーツ(4WD/7AT)

PHVの印籠を持ったSUV 2016.11.23 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」シリーズにこの秋、プラグインハイブリッド車の「GLC350e 4MATICスポーツ」が加わった。EV走行が身近に味わえ、しかもアクセルを踏めば0-100km/h加速を5.9秒でこなす緩急自在の“パワーハイブリッド”の実力やいかに? 350kmのワンデーツーリングでじっくり探った。

メルセデス初の4MATIC+PHV

まだ11月なのに、北日本は吹雪になったりしている。今年の冬は厳しそうだ。
となると、四駆SUVの出番。「メルセデスCクラス」級のSUV、GLCに加わったプラグインハイブリッド(以下PHV)が、GLC350e 4MATICスポーツである。Cクラス相当のSUVといっても、価格は863万円する。まったく同じ値段の「AMG GLC43 4MATIC」と並ぶシリーズ最上級グレードである。

GLC350eのエンジンは、211psを発する「GLC250」用の直噴2リッター4気筒ターボ。これに116psのモーターやリチウムイオン電池などを組み合わせて、外部充電可能なPHVに仕立てている。このPHVシステムそのものは、ひと足先にCクラスに導入されているが、4MATICとの組み合わせは初というのがGLC350eのニュースである。

このクルマは同等の装備を持つ「GLC250 4MATICスポーツ(本革仕様)」(735万円)より128万円高い。つまりそれがPHVのお代、と考えると、高いけど安い? 13.9km/リッターのJC08モード燃費は、もちろんシリーズ最良。車重は250kg増えて2.1tもあるのに、PHVだから重量税は免税、タダになる。

内装色はブラックのみ。センターパネルにブラウンウォールナットのパネルがあしらわれる。ハンドル位置は左のみの設定。
パワーユニットは、「GLC250 4MATIC」と同じ2リッター直4ガソリンターボ(211ps)にモーター(116ps)を組み合わせたもの。システム全体で320psと560Nm(57.1kgm)を生み出す。
「GLC」シリーズの最上位に位置付けられ、車両価格は「AMG GLC43 4MATIC」と同じ863万円。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GLCの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る