第380回:新型「マツダCX-5」が狙ったモノ
ここでも見つけたマツダ理想主義!

2016.11.21 エッセイ
ロサンゼルスオートショー2016で発表された新型「マツダCX-5」。
ロサンゼルスオートショー2016で発表された新型「マツダCX-5」。

マツダはロサンゼルスオートショー(開催期間:2016年11月14日~27日)で新型「CX-5」を世界初公開した。このクルマで表現していること、そしてそこに込められた思いを、自動車ジャーナリストの小沢コージが開発陣に聞いた。

ボディーサイズは全長4550×全幅1840×全高1690mmで、ホイールベースは2700mm(いずれも北米仕様開発目標値)。
ボディーサイズは全長4550×全幅1840×全高1690mmで、ホイールベースは2700mm(いずれも北米仕様開発目標値)。
ボディーカラーも進化した。新色「ソウルレッドクリスタルメタリック」では、よりみずみずしく艶(つや)やかな透明感の表現を目指した。
ボディーカラーも進化した。新色「ソウルレッドクリスタルメタリック」では、よりみずみずしく艶(つや)やかな透明感の表現を目指した。
左から、マツダノースアメリカンオペレーションズの毛籠勝弘社長兼CEO、マツダの丸本 明副社長、同じくマツダの前田育男常務執行役員。
左から、マツダノースアメリカンオペレーションズの毛籠勝弘社長兼CEO、マツダの丸本 明副社長、同じくマツダの前田育男常務執行役員。

「魂動」デザインを熟成

「ヒトコトで言うとプレミアム化です」
とはマツダノースアメリカンオペレーションズの副社長、大塚正志さん。小沢はこの言葉を聞いた時、ハッキリと2代目CX-5の開発意図がわかった気がした。まずデザインが露骨に熟成の方向で来ていたからだ。

LAショーの前夜祭で、新型CX-5を初めて見た時、小沢は正直アレ、一体前とどこが違うんだ? と思ってしまった。もちろんよく見るとすべてが新しくなっていて、グリルはワイド化され、特に下唇が分厚くワイルドになってると同時に、ライトは薄く鋭くなってる。

なによりもプロポーションだ。タイヤの前後トレッドが10mm幅広くなってるのと、ビックリしたのはフロントピラーの位置が35mm後退していること。さらにグリルが露骨に逆スラント化してるから、ノーズはますますワシの鼻のように伸びてワイルド化。まさか室内スペースを犠牲にしてまでダイナミズム優先にするとは。確かに味濃くなってます。

それでいて全体はまさしくCX-5のイメージをキープ。明らかに熟成方向で、デザイン・ブランドスタイル担当の常務執行役員である前田育男さんを直撃すると、
「変化球を投げてるわけじゃありませんから。しっかり、現行型の“ポジティブテンション”がこの新型では“ネガティブテンション”になってるでしょう」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CX-5の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ
関連記事 ホームへ戻る