第380回:新型「マツダCX-5」が狙ったモノ
ここでも見つけたマツダ理想主義!

2016.11.21 エディターから一言
ロサンゼルスオートショー2016で発表された新型「マツダCX-5」。
ロサンゼルスオートショー2016で発表された新型「マツダCX-5」。

マツダはロサンゼルスオートショー(開催期間:2016年11月14日~27日)で新型「CX-5」を世界初公開した。このクルマで表現していること、そしてそこに込められた思いを、自動車ジャーナリストの小沢コージが開発陣に聞いた。

ボディーサイズは全長4550×全幅1840×全高1690mmで、ホイールベースは2700mm(いずれも北米仕様開発目標値)。
ボディーサイズは全長4550×全幅1840×全高1690mmで、ホイールベースは2700mm(いずれも北米仕様開発目標値)。
ボディーカラーも進化した。新色「ソウルレッドクリスタルメタリック」では、よりみずみずしく艶(つや)やかな透明感の表現を目指した。
ボディーカラーも進化した。新色「ソウルレッドクリスタルメタリック」では、よりみずみずしく艶(つや)やかな透明感の表現を目指した。
左から、マツダノースアメリカンオペレーションズの毛籠勝弘社長兼CEO、マツダの丸本 明副社長、同じくマツダの前田育男常務執行役員。
左から、マツダノースアメリカンオペレーションズの毛籠勝弘社長兼CEO、マツダの丸本 明副社長、同じくマツダの前田育男常務執行役員。

「魂動」デザインを熟成

「ヒトコトで言うとプレミアム化です」
とはマツダノースアメリカンオペレーションズの副社長、大塚正志さん。小沢はこの言葉を聞いた時、ハッキリと2代目CX-5の開発意図がわかった気がした。まずデザインが露骨に熟成の方向で来ていたからだ。

LAショーの前夜祭で、新型CX-5を初めて見た時、小沢は正直アレ、一体前とどこが違うんだ? と思ってしまった。もちろんよく見るとすべてが新しくなっていて、グリルはワイド化され、特に下唇が分厚くワイルドになってると同時に、ライトは薄く鋭くなってる。

なによりもプロポーションだ。タイヤの前後トレッドが10mm幅広くなってるのと、ビックリしたのはフロントピラーの位置が35mm後退していること。さらにグリルが露骨に逆スラント化してるから、ノーズはますますワシの鼻のように伸びてワイルド化。まさか室内スペースを犠牲にしてまでダイナミズム優先にするとは。確かに味濃くなってます。

それでいて全体はまさしくCX-5のイメージをキープ。明らかに熟成方向で、デザイン・ブランドスタイル担当の常務執行役員である前田育男さんを直撃すると、
「変化球を投げてるわけじゃありませんから。しっかり、現行型の“ポジティブテンション”がこの新型では“ネガティブテンション”になってるでしょう」

関連記事
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • マツダCX-3 XDプロアクティブ(4WD/6MT)【試乗記】 2016.12.14 試乗記 デビュー以来、コンスタントに改良が続けられる「マツダCX-3」。現時点における完成度を確かめるため、最新のディーゼル4WD車に試乗。その“走り”の進化に、足まわりの開発におけるマツダの模索を見た。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
ホームへ戻る