ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)

確かな進化を感じる 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。

ユーザーの志向は“デザイン<機能”

「This isサイコーにちょうどいい、ホンダ!」というショーン・レノンの叫びとともに初代フリードは大ヒットとなった。なんだか懐かしいなあと思ったら、もう8年も前の2008年のことだ。そして、恐ろしいことに初代フリードは、モデルチェンジもなしでつい最近まで売れ続けており、2014年は新車販売ランキング(登録車)の年間12位、2015年は22位を記録している。ホンダにとっては、なくてはならない大きな柱となったのだ。

そのフリードが第2世代に代替わりした。発売は2016年9月16日で、10月の販売ランキングでは、早速5位に。ちなみに2016年10月の販売ランキング1位は「トヨタ・プリウス」、2位が「トヨタ・アクア」、3位が「日産セレナ」(新型)、4位が「トヨタ・シエンタ」、5位がフリードだ。ライバルであり、昨年に発売となったシエンタを抜けなかったのは、ホンダとしては悔しいだろうが、それでもホンダでは最上位であり、立派な数字である。新型フリードは、市場に好評を持って受け入れられたのだろう。

では、実際に新型フリードはどのようなクルマなのか? 試乗を併せて紹介したいと思う。

フリードは3列シートを備えたミニバンではあるが、初代モデルには兄弟車として2列シートの「フリードスパイク」が存在した。フリードには子育て真っ最中の女性ユーザーが多く、フリードスパイクには子育てとは関係のない男性オーナーが多かったという。ところが調査によって「フリードスパイクのオーナーは機能優先でクルマを選んでおり、ルックスの差別化はどうでもいい」ということが判明。そこで2列シートモデルは、外観は3列モデルと同じくして機能を磨き込むことに。併せて名称をフリード+とすることになった。つまり、3列シートモデルがフリードで、2列シートモデルがフリードスパイク改めフリード+ということになったのだ。

「フリード」の2列シート車である「フリード+」。外観における3列シート車との相違点は少なく、リアバンパーの下端まで届くテールゲートが、数少ない識別のポイントとなる。
「フリード」の2列シート車である「フリード+」。外観における3列シート車との相違点は少なく、リアバンパーの下端まで届くテールゲートが、数少ない識別のポイントとなる。
「フリード+」のインテリアカラーはブラックのみ。「ハイブリッドEX」には木目調の装飾パネルが装備される。
「フリード+」のインテリアカラーはブラックのみ。「ハイブリッドEX」には木目調の装飾パネルが装備される。
メーターはデジタル式で、マルチインフォメーションディスプレイの表示や、照明の色などを切り替えることができる。
メーターはデジタル式で、マルチインフォメーションディスプレイの表示や、照明の色などを切り替えることができる。
テールゲートに装着された「FREED+」のバッジ。従来モデルでは「フリード」の2列シート車は「フリードスパイク」という車名だったが、現行型からは「フリード+」となった。
テールゲートに装着された「FREED+」のバッジ。従来モデルでは「フリード」の2列シート車は「フリードスパイク」という車名だったが、現行型からは「フリード+」となった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フリード+の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
ホームへ戻る