「谷口信輝の新車試乗」――ホンダNSX(後編)

2016.11.24 mobileCG
 
「谷口信輝の新車試乗」――ホンダNSX(後編)の画像

SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き新型「ホンダNSX」に試乗する。“スポーツハイブリッドSH-AWD”がもたらすハンドリングはもちろん、エンジンやトランスミッションも絶賛の谷口。しかし、次の瞬間、「じゃあ、悪いところを探しましょうか」と切り出した。谷口が指摘する新型NSXの欠点とは?

 
「谷口信輝の新車試乗」――ホンダNSX(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――ホンダNSX(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――ホンダNSX(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――ホンダNSX(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――ホンダNSX(後編)の画像

「シートの座面がちょっと高い。高さ調整もない」

「じゃあ、悪いところを探しましょうか」
NSXを散々褒めちぎった後で、谷口は突然、そう口にした。

「まず、運転席に腰掛けていると、Aピラーから伸びてきたこの部分(ドア開口部の上面)が頭のすぐ脇を通っているので、頑丈そうな雰囲気はあるけれどちょっと窮屈ですよね。さっき、あそこでUターンしようとして後ろを振り返ったら、ここにゴチーンって頭をぶつけちゃった。まあ、僕の背が高すぎるのがいけないんだろうけど」
「あとはシートの座面がちょっと高いよね。高さ調整もないし。まあ、天井は高いからそんなに不自由することはないですけどね」

握り形状にこだわったステアリングはホンダの自信作だが、メディア関係者の一部からはネガティブな評価も受けている。谷口はどう思うのか?
「正直、僕は異形ステアリングがあんまり好きじゃない。でも、NSXの場合は、ステアリングの上部を平たくして、ダッシュボードを低くすることで、コーナリング時の前方と横方向に視界を確保したと、ホンダは言っていますね。居住性を考えれば下側も平らにしなきゃいけなかっただろうし……」

異形ステアリングの不便なところは、大きく操舵してステアリングを持ち替えようとしたとき、ステアリングリムがどこにあるのか一瞬、迷いそうになるところにもあるが、この点はどうだろうか?
「僕はコーナリング中にステアリング持ち替えることないから、それは問題ないんですね。あ、あと、このクルマもUターンのときにステアリングがあまり切れなかった」(続く)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹/編集=竹下元太郎)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

関連キーワード:
NSXホンダ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.9.7 試乗記 740psという途方もないパワーを誇る「ランボルギーニ・アヴェンタドールS」に試乗。この地をはうかのごときファイティングブルは、スーパーカーの中のスーパーカー! とたたえるにふさわしい存在感に満ちていた。
  • 「フランクフルトショー2017」の会場から(ホンダ) 2017.9.15 画像・写真 フランクフルトモーターショーの会場より、ユニークなスタイリングで話題を集めた電気自動車のコンセプトモデル「アーバンEVコンセプト」や、GT3規格の競技車両「NSX GT3」など、ホンダの展示車両を写真で紹介する。
  • BMW G310R(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.9 試乗記 小排気量セグメントという新たな市場に切り込むべく、ドイツの雄が送り込んだニューモデル「BMW G310R」がいよいよ登場。中型免許でも乗れる、お値段およそ60万円のストリートモデルでも、唯我独尊の世界をつらぬく“BMWらしさ”は健在なのか?
  • マセラティ・グラントゥーリズモMC/グランカブリオ スポーツ【海外試乗記】 2017.8.26 試乗記 2007年のデビューから10年、「マセラティ・グラントゥーリズモ」が最後(?)のマイナーチェンジを受けた。大排気量の自然吸気V8エンジンをかたくなに守り続ける“ご長寿GT”の、最新のハイパワーターボ車にはない魅力をリポートする。
ホームへ戻る