トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ

2016.11.22 自動車ニュース
「トヨタ・マークX 350RDS」
「トヨタ・マークX 350RDS」拡大

トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。

「マークX 350RDS」のインストゥルメントパネルまわり。アクセルやブレーキペダル、フットレストはアルミニウム製が採用される。
「マークX 350RDS」のインストゥルメントパネルまわり。アクセルやブレーキペダル、フットレストはアルミニウム製が採用される。拡大
グレードごとに仕様の異なる室内デザインが用意されている。写真は「350RDS」。
グレードごとに仕様の異なる室内デザインが用意されている。写真は「350RDS」。拡大
フロントまわりはデザインを一新。迫力を増して押しの強い印象を与える。
フロントまわりはデザインを一新。迫力を増して押しの強い印象を与える。拡大

「マークX 250G」。ボディーカラーはブラック。


	「マークX 250G」。ボディーカラーはブラック。
	拡大
「マークX 250S Four」。ボディーカラーはダークレッドマイカメタリック。
「マークX 250S Four」。ボディーカラーはダークレッドマイカメタリック。拡大

今回のマイナーチェンジでは、“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティーセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインを一新。ボディー剛性の強化などで基本性能も底上げされたほか、安全装備の充実も図られている。さらに新スポーツグレード「250RDS」と「350RDS」が追加設定され、350RDSには最高出力318ps/最大トルク38.7kgmを発生する3.5リッターV6自然吸気エンジンを採用。そのほかのグレードには同203ps/同24.8kgmを発生する2.5リッターV6自然吸気エンジンが搭載される。トランスミッションは6段ATが組み合わされる。

エクステリアでは、新デザインのバンパーやグリル、ヘッドランプの採用により、フロントフェイスをダイナミックに強調。このフロントフェイスは、グレードごとに表情に変化がつけられている。また、足まわりにはスパッタリング塗装がされた18インチアルミホイールや、切削光輝+ダークグレーメタリック塗装を施した16インチアルミホイールが装備される。ボディーカラーは新色のトゥルーブルーマイカメタリックを含む全6色を設定。洗車などによる小さなすり傷を自己修復するクリア塗装「セルフリストアリングコート」が全色に採用されている。さらに、「250S」「250S Four」と250RDS、350RDSは、ヘッドランプにLEDランプを組み合わせた角型6眼タイプを採用。これらグレードにはリアスポイラーも備わる。

インテリアでは、素材、カラーリングなど、グレードごとに仕様の異なるインテリアデザインが用意される。また、“Fパッケージ”以外のグレードにディンプル付き本革巻き4本スポークステアリングホイールを採用したほか、室内スイッチなどの照明がクリアブルーに統一されている。さらに250S、250S Four、250RDS、350RDSにはシフトパドルと、アルミ製のペダル/フットレストが装備される。

ボディーは、溶接のスポット打点を追加し、構造用接着剤の使用などにより接合剛性を強化。また、フロント・リアともサスペンションにチューニングを施し、操舵時の車両応答性や、グリップ感、乗り心地の向上が図られている。そのほか、250RDS、350RDSには電子制御でショックアブソーバーの減衰力をコントロールする「AVS」も搭載される。

安全面では、衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティーセンスP」が全車に標準装備された。ミリ波レーダーと単眼カメラによる、歩行者検知機能付き衝突回避支援型プリクラッシュセーフティー、ブレーキ制御機能付きレーダークルーズなどが組み合わせられたパッケージとなっている。

ラインナップと価格は以下の通り。
・250G“Fパッケージ”(FR):265万6800円
・250G(FR):291万6000円
・250G Four“Fパッケージ”(4WD):290万1960円
・250G Four(4WD):316万1160円
・250S(FR):320万7600円
・250S Four(4WD):345万2760円
・250RDS(FR):343万4400円
・350RDS(FR):385万0200円

(webCG)

関連キーワード:
マークXトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • 三菱エクリプス クロス Gプラスパッケージ(4WD/CVT)【試乗記】 2018.4.10 試乗記 三菱から満を持して登場した久々のニューモデル「エクリプス クロス」。同社の次世代製品群の旗手を担うコンパクトSUVは、ハイブリッドやディーゼルといった“飛び道具”はないものの、運転しやすく快適な、ちゃんとした乗用車に仕上げられていた。
  • トヨタが「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ 2016.6.13 自動車ニュース トヨタが5ナンバーセダンの「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ。内外装デザインを変更したほか、赤外線レーザーと単眼カメラをセンサーに用いた運転支援システム「Toyota Safety Sense C」を新採用するなど、安全装備の強化も図っている。
  • スズキ、広い車内が自慢の「スーパーキャリイ」発売 2018.5.16 自動車ニュース スズキが、大型のキャビンが特徴の軽トラック「スーパーキャリイ」を発売。ゆとりある車内空間に加え、運転席と助手席に採用されたリクライニングおよびスライド調整機構や、収納スペースの数々、充実した安全装備などもセリングポイントとなっている。
  • トヨタ、プレミオとアリオンの装備を充実 2012.12.5 自動車ニュース トヨタ自動車は2012年12月4日、ミドルサイズセダンの「プレミオ」と「アリオン」に改良を施し、同日販売を開始した。
ホームへ戻る