トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ

2016.11.22 自動車ニュース
「トヨタ・マークX 350RDS」
「トヨタ・マークX 350RDS」

トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。

「マークX 350RDS」のインストゥルメントパネルまわり。アクセルやブレーキペダル、フットレストはアルミニウム製が採用される。
「マークX 350RDS」のインストゥルメントパネルまわり。アクセルやブレーキペダル、フットレストはアルミニウム製が採用される。
グレードごとに仕様の異なる室内デザインが用意されている。写真は「350RDS」。
グレードごとに仕様の異なる室内デザインが用意されている。写真は「350RDS」。
フロントまわりはデザインを一新。迫力を増して押しの強い印象を与える。
フロントまわりはデザインを一新。迫力を増して押しの強い印象を与える。

「マークX 250G」。ボディーカラーはブラック。


	「マークX 250G」。ボディーカラーはブラック。
「マークX 250S Four」。ボディーカラーはダークレッドマイカメタリック。
「マークX 250S Four」。ボディーカラーはダークレッドマイカメタリック。

今回のマイナーチェンジでは、“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティーセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインを一新。ボディー剛性の強化などで基本性能も底上げされたほか、安全装備の充実も図られている。さらに新スポーツグレード「250RDS」と「350RDS」が追加設定され、350RDSには最高出力318ps/最大トルク38.7kgmを発生する3.5リッターV6自然吸気エンジンを採用。そのほかのグレードには同203ps/同24.8kgmを発生する2.5リッターV6自然吸気エンジンが搭載される。トランスミッションは6段ATが組み合わされる。

エクステリアでは、新デザインのバンパーやグリル、ヘッドランプの採用により、フロントフェイスをダイナミックに強調。このフロントフェイスは、グレードごとに表情に変化がつけられている。また、足まわりにはスパッタリング塗装がされた18インチアルミホイールや、切削光輝+ダークグレーメタリック塗装を施した16インチアルミホイールが装備される。ボディーカラーは新色のトゥルーブルーマイカメタリックを含む全6色を設定。洗車などによる小さなすり傷を自己修復するクリア塗装「セルフリストアリングコート」が全色に採用されている。さらに、「250S」「250S Four」と250RDS、350RDSは、ヘッドランプにLEDランプを組み合わせた角型6眼タイプを採用。これらグレードにはリアスポイラーも備わる。

インテリアでは、素材、カラーリングなど、グレードごとに仕様の異なるインテリアデザインが用意される。また、“Fパッケージ”以外のグレードにディンプル付き本革巻き4本スポークステアリングホイールを採用したほか、室内スイッチなどの照明がクリアブルーに統一されている。さらに250S、250S Four、250RDS、350RDSにはシフトパドルと、アルミ製のペダル/フットレストが装備される。

ボディーは、溶接のスポット打点を追加し、構造用接着剤の使用などにより接合剛性を強化。また、フロント・リアともサスペンションにチューニングを施し、操舵時の車両応答性や、グリップ感、乗り心地の向上が図られている。そのほか、250RDS、350RDSには電子制御でショックアブソーバーの減衰力をコントロールする「AVS」も搭載される。

安全面では、衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティーセンスP」が全車に標準装備された。ミリ波レーダーと単眼カメラによる、歩行者検知機能付き衝突回避支援型プリクラッシュセーフティー、ブレーキ制御機能付きレーダークルーズなどが組み合わせられたパッケージとなっている。

ラインナップと価格は以下の通り。
・250G“Fパッケージ”(FR):265万6800円
・250G(FR):291万6000円
・250G Four“Fパッケージ”(4WD):290万1960円
・250G Four(4WD):316万1160円
・250S(FR):320万7600円
・250S Four(4WD):345万2760円
・250RDS(FR):343万4400円
・350RDS(FR):385万0200円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マークXの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • トヨタ86に特別なオレンジ色の限定車登場 2016.11.14 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月14日、「86」に特別仕様車「GT“ソーラーオレンジリミテッド”」を設定したと発表した。合わせて86の「GT」グレードに「GT“リミテッド・ハイパフォーマンスパッケージ”」を追加設定した。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
ホームへ戻る