「フォレスター」に装備充実の特別仕様車

2011.10.18 自動車ニュース

「スバル・フォレスター」に装備充実の特別仕様車

富士重工業は2011年10月18日、SUV「スバル・フォレスター」に特別仕様車「2.0X S-style」を設定し、発売した。

「フォレスター2.0X S-style」は、ベーシックグレードの「2.0X」(4AT)をベースに、16インチアルミホイール+215/65R16タイヤ、HIDロービームランプ(ポップアップ式ウォッシャー付き)、フロントフォグランプ、ルーフスポイラー、UVカット機能付き濃色ガラス、マフラーカッター(φ90×75ツインタイプ)などの装備を追加したモデルだ。

ボディーカラーは、カメリアレッド・パール、アイスシルバー・メタリック、オブシディアンブラック・パール、サテンホワイト・パールの4色が設定される。

価格は、ベース車より9万4500円高い、215万2500円。

(webCG 曽宮)

「スバル・フォレスター2.0X S-style」
「スバル・フォレスター2.0X S-style」
特別仕様車では、通常はホイールキャップ仕様となるホイールがアルミホイールに変更される。
特別仕様車では、通常はホイールキャップ仕様となるホイールがアルミホイールに変更される。
ポップアップ式ウォッシャー付きHIDロービームランプ
ポップアップ式ウォッシャー付きHIDロービームランプ
リアにはルーフスポイラーが備わるほか、濃色ガラスが採用される。
リアにはルーフスポイラーが備わるほか、濃色ガラスが採用される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォレスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る