「フォレスター」に装備充実の特別仕様車

2011.10.18 自動車ニュース

「スバル・フォレスター」に装備充実の特別仕様車

富士重工業は2011年10月18日、SUV「スバル・フォレスター」に特別仕様車「2.0X S-style」を設定し、発売した。

「フォレスター2.0X S-style」は、ベーシックグレードの「2.0X」(4AT)をベースに、16インチアルミホイール+215/65R16タイヤ、HIDロービームランプ(ポップアップ式ウォッシャー付き)、フロントフォグランプ、ルーフスポイラー、UVカット機能付き濃色ガラス、マフラーカッター(φ90×75ツインタイプ)などの装備を追加したモデルだ。

ボディーカラーは、カメリアレッド・パール、アイスシルバー・メタリック、オブシディアンブラック・パール、サテンホワイト・パールの4色が設定される。

価格は、ベース車より9万4500円高い、215万2500円。

(webCG 曽宮)

「スバル・フォレスター2.0X S-style」
「スバル・フォレスター2.0X S-style」
特別仕様車では、通常はホイールキャップ仕様となるホイールがアルミホイールに変更される。
特別仕様車では、通常はホイールキャップ仕様となるホイールがアルミホイールに変更される。
ポップアップ式ウォッシャー付きHIDロービームランプ
ポップアップ式ウォッシャー付きHIDロービームランプ
リアにはルーフスポイラーが備わるほか、濃色ガラスが採用される。
リアにはルーフスポイラーが備わるほか、濃色ガラスが採用される。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
ホームへ戻る