第477回:スバル、マツダ、そしてヤマハ
ロサンゼルスで日本メーカーの元気に触れる

2016.11.25 エッセイ

北米では「7人乗り」がアツい!?

ロサンゼルスオートショー2016に行ってきた。今回日本の四輪メーカーはトヨタ、レクサス、日産、インフィニティ、ホンダ、アキュラ、三菱、マツダそしてスバルの6社9ブランドが出展していた。はるばるイタリアから足を運んだボクが注目したのは、近年アメリカで元気な2ブランド、スバルとマツダである。
 
まずはスバル。同社は8年連続で北米における販売台数を伸ばし、2007年に1%だった市場シェアを、2016年には3.5%にまで向上させた。彼らが今回放ったコンセプトカーは「ヴィジヴ-7 SUVコンセプト」である。2018年初頭に発売するという7人乗りフルサイズSUVの姿を示唆したものだ。ボディーサイズは5200×2030×1860mm。そのまま量産化されれば、航空機などを除いて同社史上最大となる製品である。

かつてスバル・オブ・アメリカの会長も務めた日月丈志(たちもりたけし)取締役専務執行役員によると、2020年の世界目標である年間販売80万台のうち、半分の40万台を米国で生産する計画である。日月氏は今後のブランド戦略にも言及。顧客のさまざまなライフステージのなかで提案できる商品を取りそろえることにより、安定的な成長ができるよう努力していくという。

ところで今回のLAショーでは、フォルクスワーゲンが、同じくブランド史上最大の商品である7人乗りSUV「アトラス」を発表するなど、米国市場が多人数乗用車へとシフトする傾向がみられた。

米国といえば、1人1台の自動車社会の元祖であり、クルマは個人の移動を自由にする象徴だったはずなのに、なぜ? そのような筆者の質問に対して、スバル・オブ・アメリカのトム・ドール社長兼COOは、「大都市を中心に、UBERをはじめとするカーシェアリングや、通勤などで相乗りするカープーリングが発達してきたこと」を挙げる。

さらに、「今後米国では、コネクティビティーや自動運転などの機能が付加されることにより、クルマの車両本体価格が人々の収入増加を上回るスピードで上昇していくことが予想される」とドール社長は説明する。つまり、人々が複数の新車を所有しにくくなるということだろう。そうした観点から、多人数向けモデルの重要性を、スバルをはじめとする各メーカーが意識しているのは間違いない。実際、フォルクスワーゲン・アトラスの関係者も同様に、カーシェアやカープーリングを意識していることを明かした。

加えて、そうした多人数乗用車は、2016年4月の北京モーターショーで明らかになったように、一人っ子政策が終わったことで家族の人数が増える中国でも受け入れられる。グローバルな観点からは、メーカーの多人数乗用車の拡充は明らかに正しく、効率的な戦略といえる。

「スバル・ヴィジヴ-7 SUVコンセプト」は7人乗り。市販されれば、スバル史上、最も大きなサイズのクルマになる。タイヤサイズは265/55R21。
「ヴィジヴ-7 SUVコンセプト」を公開したスバルのブース。ブリーフィングはプレスデーの2日目に割り当てられていたにもかかわらず、多くの人々が集まった。その様子は、米国での好調を物語っていた。
ブリーフィングでも「Safety is no.1 priority」を掲げたスバル。「ヴィジヴ-7 SUVコンセプト」にも装着される「アイサイト」は、今後もスバルブランドのアイデンティティーを示すものとなる。
スバル・オブ・アメリカのトム・ドール社長兼COO(写真左)と日月丈志取締役専務執行役員。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。