メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)

とびきりのバディ 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。

屋根を開ければ別世界

ドアを開けると、ほのかな甘い大人の香りがした。香りは官能を刺激する。グローブボックスの中にはパフュームのボトルが入っている。

香りだけではない。

S63 4MATICカブリオレの試乗車の場合、内装はバーガンディーのレザーで、黒いレザーのセンターコンソールには赤いスティッチが入っている。赤と黒が視覚を刺激し、レザーの柔らかい手触りにうっとりする。メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレは官能に訴えかけるエロティックなセクシーマシンなのだ。

と思いきや、走りだすと、乗り心地が意外に硬い。ファームである。AMG専用チューンの「エアマティックサスペンション」は路面からの初期入力をはね返すように締め上げられている。

ボディー剛性はたいしたことない。ユルユルではないけれど、21世紀の最新オープンカーにしてはコンピューター解析によってもっとカッチリできたのではあるまいか。どこかつっかい棒がしてあるように感じる。

というように走りだしての第一印象はさほどよくなかった。
カブリオレの最大のハイライトであるホロを開けるまでは。ホロは、センターコンソールの中に設けられたスイッチの操作により、およそ20秒で自動的に開閉させることができる。この20秒の中にサイドウィンドウの開閉時間も含んでいる。50km/hまでなら走行中でも全自動開閉ホロは稼働する。

屋根を開けると、別世界が始まる。乗り心地が硬いとかボディー剛性がうんぬんという感想をつらつらと書いたけれど、忘れてください。

2015年9月のフランクフルトモーターショーでデビューした「メルセデス・ベンツSクラス カブリオレ」。今回は、V8エンジン搭載車のトップモデル「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」に試乗した。
2015年9月のフランクフルトモーターショーでデビューした「メルセデス・ベンツSクラス カブリオレ」。今回は、V8エンジン搭載車のトップモデル「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」に試乗した。
高品質なレザーがふんだんに使われる運転席まわりの様子。「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」のハンドル位置は左側に限られる。
高品質なレザーがふんだんに使われる運転席まわりの様子。「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」のハンドル位置は左側に限られる。
インテリアには「designo Exclusiveナッパレザーシート」を採用。前席にはシートヒーターやベンチレーターも備わる。
インテリアには「designo Exclusiveナッパレザーシート」を採用。前席にはシートヒーターやベンチレーターも備わる。
ソフトトップは、クローズドの状態からおよそ20秒で全開にできる。車外からリモコンキーを使っての開閉も可能。(写真をクリックすると、ルーフのオープン動作が見られます)
ソフトトップは、クローズドの状態からおよそ20秒で全開にできる。車外からリモコンキーを使っての開閉も可能。(写真をクリックすると、ルーフのオープン動作が見られます)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Sクラス カブリオレの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る