メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)

とびきりのバディ 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。

屋根を開ければ別世界

ドアを開けると、ほのかな甘い大人の香りがした。香りは官能を刺激する。グローブボックスの中にはパフュームのボトルが入っている。

香りだけではない。

S63 4MATICカブリオレの試乗車の場合、内装はバーガンディーのレザーで、黒いレザーのセンターコンソールには赤いスティッチが入っている。赤と黒が視覚を刺激し、レザーの柔らかい手触りにうっとりする。メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレは官能に訴えかけるエロティックなセクシーマシンなのだ。

と思いきや、走りだすと、乗り心地が意外に硬い。ファームである。AMG専用チューンの「エアマティックサスペンション」は路面からの初期入力をはね返すように締め上げられている。

ボディー剛性はたいしたことない。ユルユルではないけれど、21世紀の最新オープンカーにしてはコンピューター解析によってもっとカッチリできたのではあるまいか。どこかつっかい棒がしてあるように感じる。

というように走りだしての第一印象はさほどよくなかった。
カブリオレの最大のハイライトであるホロを開けるまでは。ホロは、センターコンソールの中に設けられたスイッチの操作により、およそ20秒で自動的に開閉させることができる。この20秒の中にサイドウィンドウの開閉時間も含んでいる。50km/hまでなら走行中でも全自動開閉ホロは稼働する。

屋根を開けると、別世界が始まる。乗り心地が硬いとかボディー剛性がうんぬんという感想をつらつらと書いたけれど、忘れてください。

2015年9月のフランクフルトモーターショーでデビューした「メルセデス・ベンツSクラス カブリオレ」。今回は、V8エンジン搭載車のトップモデル「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」に試乗した。
高品質なレザーがふんだんに使われる運転席まわりの様子。「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」のハンドル位置は左側に限られる。
インテリアには「designo Exclusiveナッパレザーシート」を採用。前席にはシートヒーターやベンチレーターも備わる。
ソフトトップは、クローズドの状態からおよそ20秒で全開にできる。車外からリモコンキーを使っての開閉も可能。(写真をクリックすると、ルーフのオープン動作が見られます)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Sクラス カブリオレの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • 「ポルシェ718ケイマンS」フォトギャラリー 2016.11.15 特集 往年の名車「718」の伝説を継承する、ポルシェの新たなプレミアムスポーツ「718ケイマンS」。新開発のターボエンジンがもたらす卓越した動力性能はもちろんのこと、先進感あふれるスタイリングや上質なインテリアも特長となっている。そのディテールを写真で紹介する。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
ホームへ戻る