第4回:究極のATSセダンの実力は?(最終回)
キャデラックATS-Vに試乗する

2016.11.24 特集
「ATS」シリーズの最上級に君臨する「ATS-V」。470psの3.6リッターV6ツインターボエンジンを搭載するスーパーATSだ。

2カ月にわたってお届けしてきた「キャデラックATSセダン」の長期試乗記もいよいよ最終回。今回は470psを誇る3.6リッターV6ツインターボエンジン搭載のスーパーセダン「ATS-V」の走りをリポートする。

ラグジュアリーとスポーティーが同居するコックピット。そこかしこにスエード素材とカーボンが用いられている。
スポーティーなレカロ製16ウェイパフォーマンスシートが標準で備わる。
470psと61.5kgmを誇る3.6リッターV6ツインターボエンジン。4000rpmを超えるあたりから硬質な快音を発する。
試乗車のボディーカラーはファントムグレーメタリック(受注発注色)。
キャデラックVシリーズのエンブレム。

モータースポーツの香りがする

ATSセダンはキャデラックらしいラグジュアリーな風合いを持ちながら、一方でスポーティーさが際立つクルマであることは前回のリポートで紹介したとおりだ。そのフットワークはとても軽やか。街中で何気なくステアリングを切ってもクルマのノーズは小気味よく反応し、運転という行為の楽しさを日常的に味わわせてくれる。早くも連載の結論めいた言い方になるが、ATSセダンを選ぶひとつの決め手は、そんなクルマとの対話の面白さにあるのではないかと筆者は思っている。

もしそうであるのなら、この長期試乗リポートの最後に、ATS-Vに試乗しない手はないだろう。ATS-VはATSシリーズのフラッグシップモデルにして、ATSセダンの“フィジカル”をスポーツカーの領域にまで高めたモデルだ。470psを生み出す3.6リッターV6ツインターボエンジンを搭載し、0-60mph(97km/h)加速は3.8秒、最高速は189mph(304km/h)というハイスペックを誇るスーパーATSである。

普段運転している「ATSセダン プレミアム」(276psの2リッター直4ターボエンジン搭載)から乗り換えると、「V」はさすがに操りがいがある。マクファーソンストラットのフロントサスペンションは、通常のゴムブッシュから“ゼロコンプライアンス”(弾性ゼロ)のボールジョイントに変更されているため、ステアリングの反応が一段とシャープで、しかも正確だ。箱根のワインディングロードでは、鋭利な刃物で路面を斬りつけるかのごとくスパッと向きを変える。

そしてエンジンの起爆力も相当なものだ。470ps(346kW)/5800rpm、603Nm(61.5kgm)/3500rpmというピーク値もさることながら、このツインターボユニットは3000rpm以下の実用域のドライバビリティーも優れており、スロットルペダルを深々と踏み込もうものなら、回転域を問わずドンッと背中を押されるかのような加速を開始する。フロントに6ピストンのキャリパーをおごったブレンボのブレーキシステムは、制動力をブレーキペダルのストロークではなく、いわば踏力(とうりょく)でコントロールするタイプ。そこかしこにモータースポーツの香りが漂っている。

→キャデラックATSセダンのスペックを公式サイトで詳しくみる

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「キャデラックATSセダン長期試乗リポート<PR>」の過去記事リストへ
関連記事 ホームへ戻る