メルセデスAMG GLE43 4MATIC クーペ (4WD/9AT)

優雅さへの挑戦 2016.12.07 試乗記 ベースとなった「GLE」から、より長く、より幅広く、そして低められたボディーと、流麗なルーフラインが特徴的な「メルセデス・ベンツGLEクーペ」。3リッターV6搭載の「AMG GLE43 4MATIC クーペ」に試乗し、メルセデスがこのモデルで意図したところを探った。

小山のようにデカイ

その巨大なSUVのクーペを初めて見たのは、早朝の東京・丸の内だった。クジラのようにデカイ、と誰かが表現した。なるほどデカイ。
全長4890mm×全幅2015mm×全高1720mmもある。スタンダードのメルセデス・ベンツGLEより45mm低くて65mm幅広く、75mm長い。同類の「BMW X6」同様、小山のようにデカイ。

ヒヤシンスレッドのドアを開けると、純白のレザーシートの背もたれと座面の中央部分に、ベントレーもかくやのダイヤモンドステッチが入っている。オオッと思う。しかも、ヴァージンホワイト。テスト車には「designo(デジーノ)エクスクルーシブパッケージ」という54万円のオプションが装着されていたのだけれど、予算に余裕があれば、ぜひつけたい。誠に贅沢(ぜいたく)はステキだ。

運転席によじ登ると、横方向にうんと広い。アメリカンフルサイズといった趣がある。天井はちょっぴり低い。極太で、3時と9時の部分がスエードになったステアリングはスポーツカーさながらだ。

ふとルームミラーからリアビューを見ると、洞窟から出口を見たときのように後ろの景色がカマボコ型になっている。ファストバックゆえ、リアウィンドウからの視界が狭い。これぢゃバックできないかも……という心配はご無用だ。前後左右のカメラ映像の合成により、周囲の状況を360度映像で見せてくれるからだ。

後席もまた天井が低めではあるけれど、足元が広くて閉所感はない。クーペを名乗るものの、大人5人と荷物を運ぶ実用性を備えている。機能を犠牲にしている、という批判は当たらない。当たらないので、する人もいないでしょうけれど、リアのオーバーハングが伸びているからデパーチャーアングルが小さい、と言う“4×4マニア”はいるかもしれない。もちろん、このクルマでオフロードに行くほうが間違っている、と誰もが思うだろうから、そんなことを言う人はいない。

「メルセデス・ベンツGLEクーペ」は、2015年1月のデトロイトショーで初公開された。日本では2016年4月に発表され、8月に発売された。
「メルセデス・ベンツGLEクーペ」は、2015年1月のデトロイトショーで初公開された。日本では2016年4月に発表され、8月に発売された。
試乗車には「designo(デジーノ)エクスクルーシブパッケージ」が装着されていた。シートには本革とナッパレザー、インテリアにはレザーARTICOが用いられ、高級感が高められている。
試乗車には「designo(デジーノ)エクスクルーシブパッケージ」が装着されていた。シートには本革とナッパレザー、インテリアにはレザーARTICOが用いられ、高級感が高められている。
ステアリングホイールは小径で、握りの太いものが採用されている。
ステアリングホイールは小径で、握りの太いものが採用されている。
リバースギアを選択すると、インパネ中央の8インチワイドディスプレイに「360°カメラシステム」による車両の周囲の映像が映し出される。左が画像合成によるトップビューで、右がバックカメラの映像。
リバースギアを選択すると、インパネ中央の8インチワイドディスプレイに「360°カメラシステム」による車両の周囲の映像が映し出される。左が画像合成によるトップビューで、右がバックカメラの映像。
関連記事
  • メルセデスの新クロスオーバー、GLEクーペ登場 2016.4.27 自動車ニュース メルセデスのクロスオーバーモデル「GLEクーペ」の注文受け付けが開始された。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • メルセデスAMG GLE43 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2016.7.18 試乗記 AMGの名から想像するよりずっと静かなエンジンと、それに不似合いな硬さの足まわり。「メルセデスAMG GLE43 4MATIC」の本性を、街中だけで見抜くのは簡単ではない。いざ、高速道路に乗って、このツンデレなSUVのアクセルを踏み込むと……。
  • メルセデス・ベンツGLE【海外試乗記】 2015.7.22 試乗記 「メルセデス・ベンツMクラス」がマイナーチェンジを受けて「GLE」に進化。併せてラインナップに「GLEクーペ」を加えた。布陣が強化されたメルセデスの新しいミドルクラスSUVの実力やいかに? オーストリアで行われた国際試乗会で試乗した。
  • アペリティフ365 in東京の会場から 2017.5.19 画像・写真 東京・渋谷区の代官山ヒルサイドテラスで、「アペリティフ365 in東京」が開催された。フランス人が好むとされる、食事の前に飲み物とアミューズ(おつまみ)を楽しむ“アペリティフ”という習慣を、日本でも楽しもうというイベントである。会場の様子を写真でリポートする。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
ホームへ戻る