クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

メルセデスAMG GLE43 4MATIC クーペ (4WD/9AT)

優雅さへの挑戦 2016.12.07 試乗記 ベースとなった「GLE」から、より長く、より幅広く、そして低められたボディーと、流麗なルーフラインが特徴的な「メルセデス・ベンツGLEクーペ」。3リッターV6搭載の「AMG GLE43 4MATIC クーペ」に試乗し、メルセデスがこのモデルで意図したところを探った。

小山のようにデカイ

その巨大なSUVのクーペを初めて見たのは、早朝の東京・丸の内だった。クジラのようにデカイ、と誰かが表現した。なるほどデカイ。
全長4890mm×全幅2015mm×全高1720mmもある。スタンダードのメルセデス・ベンツGLEより45mm低くて65mm幅広く、75mm長い。同類の「BMW X6」同様、小山のようにデカイ。

ヒヤシンスレッドのドアを開けると、純白のレザーシートの背もたれと座面の中央部分に、ベントレーもかくやのダイヤモンドステッチが入っている。オオッと思う。しかも、ヴァージンホワイト。テスト車には「designo(デジーノ)エクスクルーシブパッケージ」という54万円のオプションが装着されていたのだけれど、予算に余裕があれば、ぜひつけたい。誠に贅沢(ぜいたく)はステキだ。

運転席によじ登ると、横方向にうんと広い。アメリカンフルサイズといった趣がある。天井はちょっぴり低い。極太で、3時と9時の部分がスエードになったステアリングはスポーツカーさながらだ。

ふとルームミラーからリアビューを見ると、洞窟から出口を見たときのように後ろの景色がカマボコ型になっている。ファストバックゆえ、リアウィンドウからの視界が狭い。これぢゃバックできないかも……という心配はご無用だ。前後左右のカメラ映像の合成により、周囲の状況を360度映像で見せてくれるからだ。

後席もまた天井が低めではあるけれど、足元が広くて閉所感はない。クーペを名乗るものの、大人5人と荷物を運ぶ実用性を備えている。機能を犠牲にしている、という批判は当たらない。当たらないので、する人もいないでしょうけれど、リアのオーバーハングが伸びているからデパーチャーアングルが小さい、と言う“4×4マニア”はいるかもしれない。もちろん、このクルマでオフロードに行くほうが間違っている、と誰もが思うだろうから、そんなことを言う人はいない。

「メルセデス・ベンツGLEクーペ」は、2015年1月のデトロイトショーで初公開された。日本では2016年4月に発表され、8月に発売された。
「メルセデス・ベンツGLEクーペ」は、2015年1月のデトロイトショーで初公開された。日本では2016年4月に発表され、8月に発売された。拡大
試乗車には「designo(デジーノ)エクスクルーシブパッケージ」が装着されていた。シートには本革とナッパレザー、インテリアにはレザーARTICOが用いられ、高級感が高められている。
試乗車には「designo(デジーノ)エクスクルーシブパッケージ」が装着されていた。シートには本革とナッパレザー、インテリアにはレザーARTICOが用いられ、高級感が高められている。拡大
ステアリングホイールは小径で、握りの太いものが採用されている。
ステアリングホイールは小径で、握りの太いものが採用されている。拡大
リバースギアを選択すると、インパネ中央の8インチワイドディスプレイに「360°カメラシステム」による車両の周囲の映像が映し出される。左が画像合成によるトップビューで、右がバックカメラの映像。
リバースギアを選択すると、インパネ中央の8インチワイドディスプレイに「360°カメラシステム」による車両の周囲の映像が映し出される。左が画像合成によるトップビューで、右がバックカメラの映像。拡大

高速域で真価を発揮

機構的な中身はGLEと同じくする。GLEクーペなのだから当然だ。2915mmのホイールベースもGLEと同一で、日本仕様の場合、エンジンのラインナップも同一。3リッターV6ディーゼルターボのほか、ガソリンの3リッターV6と5.5リッターV8に、それぞれツインターボで武装したAMGユニットが2種設定されている。

試乗したメルセデスAMG GLE43 4MATICクーペは、3リッターV6直噴ツインターボを搭載する、AMGとしては穏健派だ。とはいえAMGを名乗るにふさわしく、最高出力367ps/5500-6000rpm、最大トルク53.0kgm/2000-4200rpmを発生し、スターターボタンを押すと、「AMGエグゾーストシステム」の効果もあって威勢のよい爆裂音を発する。

ヴオンッ! 劇画チックである。

いざ発進すると、自製の9段オートマチックトランスミッションとの組み合わせでもって、車重2310kgのスーパーヘビー級ボディーを軽々と走らせる。前述したように、わずか2000rpmでわき出てくる50kgm超の大トルクが、それを可能にする。前285/40、後ろ325/35のともにR22(!)というジャンボサイズのタイヤ&ホイールゆえ、低速時の乗り心地ははっきり硬い。いわゆるバネ下が重い。コツコツする。

AMG専用の「AIRマチックサスペンション」が能力を発揮し始めるのはそこから先である。速度が増すにつれて、巨大なタイヤ&ホイールが気にならなくなる。大型車ならではのクルーザー感覚がある。ステアリングは微舵の利きが強調されている。ちょっと切るだけでビッと動く。あまりにビッと動くので、当初は人工的な印象を受けるけれど、すぐに慣れる。

搭載される3リッターV6ツインターボエンジンは、367psと53.0kgmを発生する。
搭載される3リッターV6ツインターボエンジンは、367psと53.0kgmを発生する。拡大
タイヤサイズは、フロントが285/40R22、リアが325/35R22。試乗車は「ピレリP ZERO」を装着していた。
タイヤサイズは、フロントが285/40R22、リアが325/35R22。試乗車は「ピレリP ZERO」を装着していた。拡大
「GLEクーペ」ファミリーには、3リッターV6ディーゼルエンジン(258ps/63.2kgm)を搭載する「GLE350d 4MATICクーペ」「GLE350d 4MATICクーペ スポーツ」の他に、5.5リッターV8ツインターボ(585ps/77.5kgm)を搭載する、AMG GLE63 S 4MATICクーペ」がラインナップされる。
「GLEクーペ」ファミリーには、3リッターV6ディーゼルエンジン(258ps/63.2kgm)を搭載する「GLE350d 4MATICクーペ」「GLE350d 4MATICクーペ スポーツ」の他に、5.5リッターV8ツインターボ(585ps/77.5kgm)を搭載する、「AMG GLE63 S 4MATICクーペ」がラインナップされる。拡大

“ぬるめ”が心地いいAMGモデル

センターコンソールには「AMGダイナミックセレクト」と呼ばれる電子制御のドライブモードセレクターが付いていて、これを「コンフォート」から「スポーツ」にするとエンジンの回転数が上がり、ステアリングが若干重くなって乗り心地が硬くなるのは例のごとしである。さらに「スポーツ+」にすると減速時にブリッピングをしてシフトダウンする。ドラマチックな演出に心が躍る。

コーナリングでほとんどロールしないのは、「アクティブカーブシステム」という電気仕掛けが前後スタビライザーに能動的に介入しているからだ。この介入ぶりがごく自然で、あたかも重心の低いクルマに乗っているように思える。

4WDの「4MATICシステム」は黒子に徹していて、ドライ路面の今回の試乗ではその存在を感じさせることはなかったけれど、巨体の割に曲がることをいとわない。

とはいえ、もともとこのクルマはAMGとしては控えめな3リッターV6搭載で、そのV6が決して控えめとはいえない大きさのヘビー級ボディーと組み合わされている。「控えめ」×「控えめとはいえない巨体」の相乗効果で、「控えめ」の度合いが強調される。

ようはAMGなのに、運転してみるとホットというより“ぬるめ”に感じる。もちろん、ぬる燗(かん)は悪いものではない。ゆえに筆者はAMGダイナミックセレクトのダイヤルを主にコンフォートに設定して、ゆったりと走らせることのほうに喜びを覚えた。

早朝の都心をさっそうと走る「GLE43 4MATIC クーペ」。AMGダイナミックセレクトでスポーツやスポーツ+を選択すると、エアマチックサスペンションが車高を低く設定する。
早朝の都心をさっそうと走る「GLE43 4MATIC クーペ」。AMGダイナミックセレクトでスポーツやスポーツ+を選択すると、エアマチックサスペンションが車高を低く設定する。拡大
クーペスタイルながら、荷室は650リッターが確保される。リアシートを倒すことで、最大1720リッターまで拡大できる。(写真をクリックすると、シートの倒れる様子が見られます)
クーペスタイルながら、荷室は650リッターが確保される。リアシートを倒すことで、最大1720リッターまで拡大できる。(写真をクリックすると、シートの倒れる様子が見られます)拡大
「GLEクーペ」は、全車に安全運転支援システム「レーダーセーフティーパッケージ」を標準装備する。写真のマルチパーパスカメラと、車体の前後左右に備えた6つのレーダーにより、歩行者や後続車両を検知する。
「GLEクーペ」は、全車に安全運転支援システム「レーダーセーフティーパッケージ」を標準装備する。写真のマルチパーパスカメラと、車体の前後左右に備えた6つのレーダーにより、歩行者や後続車両を検知する。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

“ジープ”の面影はない

それにしても、車重2.3トンもの怪獣をフツーに走らせることに意味は? 世界は富の偏在とCO2増加による気候変動で大変なことになっている。というのに、かくも巨大な怪獣SUVクーペが地球上に生息する余裕はあるのだろうか?

このような問題はいつだって答えが出ない。つまり、問題の設定が間違っている。ごめんなさい。試乗後の某日の昼間、筆者は銀座を泳ぐように走る1台のGLEクーペをたまたま見た。リアのオーバーハングが長くて、すぼんでいて、尾びれの長い金魚のようで、エレガントだなぁ、と思った。SUVなのに、ご先祖ともいうべき“ジープ”の面影がなかった。そのGLEクーペはヒヤシンスレッドではなくて、シルバーだったのだけれど、つまりメルセデス・ベンツは優雅なSUVのクーペというものに挑んだのである。

(文=今尾直樹/写真=郡大二郎/編集=藤沢 勝)

「AMG GLE43 4MATIC クーペ」と、「AMG GLE63 S 4MATICクーペ」にはパノラミックスライディングガラスルーフが標準装備される。
「AMG GLE43 4MATIC クーペ」と、「AMG GLE63 S 4MATICクーペ」にはパノラミックスライディングガラスルーフが標準装備される。拡大
ボディーカラーは全7色から選択できる。試乗車のボディーカラーは有償色のヒヤシンスレッド。
ボディーカラーは全7色から選択できる。試乗車のボディーカラーは有償色のヒヤシンスレッド。拡大

テスト車のデータ

メルセデスAMG GLE43 4MATICクーペ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4890×2015×1720mm
ホイールベース:2915mm
車重:2310kg
駆動方式:4WD
エンジン:3リッターV6 DOHC 24バルブ ツインターボ
トランスミッション:9段AT
最高出力:367ps(270kW)/5500-6000rpm
最大トルク:53.0kgm(520Nm)/2000-4200rpm
タイヤ:(前)285/40R22 106Y/(後)325/35R22 110Y(ピレリP ZERO)
燃費:10.0km/リッター(JC08モード)
価格:1200万円/テスト車=1272万9000円
オプション装備:ボディーカラー<ヒヤシンスレッド>(18万9000円)/designo(デジーノ)エクスクルーシブパッケージ<designo本革ナッパレザーシート[ポーセレン、電動ランバーサポート付き、ダイヤモンドステッチ]、designoナッパレザーインテリア[ダッシュボード、センターコンソール、ドア内張り]、AMGカーボン/ピアノラッカーウッドインテリアトリム>(54万円)

テスト車の年式:2016年型
テスト開始時の走行距離:2701km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3)/高速道路(7)/山岳路(0)
テスト距離:201.3km
使用燃料:26.5リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:7.6km/リッター(満タン法)/7.6km/リッター(車載燃費計計測値)

メルセデスAMG GLE43 4MATIC クーペ
メルセデスAMG GLE43 4MATIC クーペ拡大
 
メルセデスAMG GLE43 4MATIC クーペ (4WD/9AT)【試乗記】の画像拡大
あなたにおすすめの記事