「レクサスNX」にブラックで引き締めた特別仕様車

2016.11.24 自動車ニュース
「レクサスNX300h“Urban Style”」
「レクサスNX300h“Urban Style”」

トヨタ自動車は2016年11月24日、レクサスブランドのコンパクトSUV「NX」に特別仕様車「Urban Style」を設定し、販売を開始した。

ホイールもブラック仕上げが施される。タイヤは225/60R18サイズが装着される。
ホイールもブラック仕上げが施される。タイヤは225/60R18サイズが装着される。
フェンダーアーチモールはボディーと同色のものが採用される。
フェンダーアーチモールはボディーと同色のものが採用される。

今回の特別仕様車は「Iパッケージ」グレードをベースに、ブラック塗装のスピンドルグリル、ドアミラー、アルミホイールを採用。さらにフェンダーアーチモールはボディーカラーと同色に変更されている。また、ドアサイドモールにはメッキ加工が施される。ボディーカラーは全5色、内装色は全3色から選択できる。

ラインナップと価格は以下の通り。

・NX300h“Urban Style”(ハイブリッド/FF):516万円
・NX300h“Urban Style”(ハイブリッド/4WD):542万円
・NX200t“Urban Style”(2リッターターボ/FF):452万円
・NX200t“Urban Style”(2リッターターボ/4WD):478万円

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスRX200t“Fスポーツ”(4WD/6AT)【試乗記】 2016.2.1 試乗記 内外装の刷新だけでなく、走りの質感向上を大きなセリングポイントに掲げる、新型「レクサスRX」。その実力を、2リッターターボエンジンを搭載するスポーティーグレードで試した。
  • レクサスRX200t“バージョンL”(FF/6AT)/RX450h“バージョンL”(FF/CVT)【試乗記】 2015.11.16 試乗記 7年ぶりに一新された、高級クロスオーバーの売れ筋モデル「レクサスRX」。パワーユニットの異なる2車種に試乗して、その実力を確かめた。
  • レクサスNX200t“Fスポーツ”(4WD/6AT)【試乗記】 2014.10.13 試乗記 レクサス初のコンパクトSUV「NX」。“遅れてやってきた主役”の実力は? 注目の2リッター直4ダウンサイジング・ターボユニットを搭載する「200t」グレードの、“Fスポーツ”仕様に試乗した。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.30 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジを受けて登場! もともとの基本性能の高さに加えて、最新の安全装備やデジタルインターフェイスも手にした“Cセグメントの盟主”に、もはや死角は残されていないのか? 中間グレード「TSIハイライン」でテストした。
ホームへ戻る