「レクサスNX」にブラックで引き締めた特別仕様車

2016.11.24 自動車ニュース
「レクサスNX300h“Urban Style”」
「レクサスNX300h“Urban Style”」拡大

トヨタ自動車は2016年11月24日、レクサスブランドのコンパクトSUV「NX」に特別仕様車「Urban Style」を設定し、販売を開始した。

ホイールもブラック仕上げが施される。タイヤは225/60R18サイズが装着される。
ホイールもブラック仕上げが施される。タイヤは225/60R18サイズが装着される。拡大
フェンダーアーチモールはボディーと同色のものが採用される。
フェンダーアーチモールはボディーと同色のものが採用される。拡大

今回の特別仕様車は「Iパッケージ」グレードをベースに、ブラック塗装のスピンドルグリル、ドアミラー、アルミホイールを採用。さらにフェンダーアーチモールはボディーカラーと同色に変更されている。また、ドアサイドモールにはメッキ加工が施される。ボディーカラーは全5色、内装色は全3色から選択できる。

ラインナップと価格は以下の通り。

・NX300h“Urban Style”(ハイブリッド/FF):516万円
・NX300h“Urban Style”(ハイブリッド/4WD):542万円
・NX200t“Urban Style”(2リッターターボ/FF):452万円
・NX200t“Urban Style”(2リッターターボ/4WD):478万円

(webCG)

関連キーワード:
NXレクサス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスRX200t“Fスポーツ”(4WD/6AT)【試乗記】 2016.2.1 試乗記 内外装の刷新だけでなく、走りの質感向上を大きなセリングポイントに掲げる、新型「レクサスRX」。その実力を、2リッターターボエンジンを搭載するスポーティーグレードで試した。
  • レクサスRX450hL(4WD/CVT)【試乗記】 2018.4.3 試乗記 「レクサスRX」のラインナップに加わった「RX450hL」。全長を延長して、3列シートレイアウトを採用した新たなフラッグシップモデルは、ラグジュアリーSUVの分野にいかなる価値を創出したのだろうか。都市部での試乗を通じてじっくり考えた。
  • レクサスRX450hL/NX300“Fスポーツ”/CT200h“バージョンL”【試乗記】 2018.2.20 試乗記 電動格納式サードシートを採用した、7人乗りのロングバージョン「RX450hL」が登場。レクサスブランドを支えるSUVモデル、そのアドバンテージとは? 昨年登場した「NX」「CT200h」のマイナーチェンジモデルとともにリポートする。
  • これからお店に行く人にささぐ
    「スズキ・ジムニー」購入のススメ
    2018.7.23 デイリーコラム いよいよ販売が開始された新型「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」。ここまでの取材を担当してきたwebCG編集部員が、過去の経験や記憶を総動員して、ジムニーを買う上でのちょっとしたポイントを紹介する。皆さん、ようこそジムニーワールドへ!
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
ホームへ戻る