アウディR8スパイダー 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)

より快適に、より官能的に 2016.11.30 試乗記 540psの5.2リッターV10エンジンを搭載する、アウディの新型「R8スパイダー」に試乗。アルミとカーボンからなる最新世代の骨格を備えたスーパースパイダーは、より快適に進化したばかりでなく、乗り手の魂を激しく揺さぶる官能性をも手にしていた。スペイン・バルセロナからの第一報。

洗練と荒々しさが同居する

より洗練されたクルマ作り――世界中の自動車メーカーにとって、これが極めて重要なテーマとなっていることは間違いないが、同じことはスーパースポーツカーについてもいえる。より静かで、より乗り心地が快適で、より運転しやすいクルマ……。そうした概念をスポーツカーの世界に持ち込んだのは初代「ホンダNSX」の功績であると私は信じているが、2007年にデビューした初代「アウディR8」は、NSXが作り上げたこのトレンドを新たな次元に引き上げたモデルとして忘れることができない。

初代R8はとてつもなく静かで優しい乗り心地のスーパースポーツカーだった。しかも、アウディ自慢のフルタイム4WDシステム“クワトロ”を活用して抜群のスタビリティーを実現。たとえサーキットをフルスロットルで攻めていてもドライバーに緊張を強いない、まるでよくできたスポーツセダンのようなドライビングフィーリングを持ち合わせていた。もちろん、そんな走り方をさせれば並のスポーツカーを凌(しの)ぐ速さを見せつけるのだが、全開走行時でもドライバーは手に汗を握ることがなく、心拍数も平常時とまるで変わらずに済むところがR8のすごさであり、スポーツカーに血のたぎるような興奮を求めるファンには物足りなさにつながりかねない点だった。

ところが、先ごろ日本でも発売された新型R8クーペは大きく変わっていた。一般道をゆっくり流したときの快適性は初代R8と大きく変わらないのに、ワインディングロードを攻めれば背筋がゾクゾクするような興奮と適度な緊張感を味わえる。そしてその走りには、ある種の荒々しささえ認めることができた。洗練と荒々しさが両立した新型R8クーペの世界観は私には大きな謎だったのだが、先ごろスペイン・バルセロナで行われたアウディR8スパイダーの国際試乗会に参加して、自分なりの答えが得られたように思うので、ここで報告しよう。

新型「R8スパイダー」は2016年3月のニューヨーク国際オートショーでデビューした。
新型「R8スパイダー」は2016年3月のニューヨーク国際オートショーでデビューした。
ボディーサイズは4426×1940×1244mm。車重は新型「R8クーペ」の80kg増しに当たる1720kg。
ボディーサイズは4426×1940×1244mm。車重は新型「R8クーペ」の80kg増しに当たる1720kg。
「R8クーペ」と同様に、5.2リッターV10エンジンのみの設定。
「R8クーペ」と同様に、5.2リッターV10エンジンのみの設定。
国際試乗会はスペイン・バルセロナで開催された。
国際試乗会はスペイン・バルセロナで開催された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

R8スパイダーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る