スバルBRZ GT(FR/6MT)

「GT」の名が意味するところ 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能にどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。

高いスピードレンジで真価を発揮

2016年8月にビッグマイナーチェンジが行われたスバルBRZは、ボディー剛性から足まわり、さらにはエンジンからファイナルギアにまで手が入れられ、以前とは別物と思える仕上がりになった。スバルはイヤーモデルごとに車両を進化させ続け、常に最良のものを提供しようという姿勢を貫くメーカーのひとつ。これまでもBRZは、通称“A型”と呼ばれる初期型から“D型”まで地道に進化してきたが、今回の“E型”ではジャンプアップしたと言っていい。

ただし、これまで追求してきたものは、決して速さではない。はっきり言ってしまえば、初期型であっても新型であっても、サーキットのラップタイムはさほど変わらない。大切にしたのはリニアなハンドリングであったり、アクセルのツキであったりと、ドライバーとの対話にこだわってきたのだ。おかげでステアリングの微操舵域の反応はまさに狙い通り。スロットルだって右足に込めた思いを即座に反映してくれる。すべてにおいて応答遅れがなく、どんな道路であってもタイヤは路面を離さず、安心して走りを楽しめる環境を整えてくれている。

けれども、話はそれだけでは終わらなかった。GTなるグレードが2016年10月7日に発売されたのである。このGTは“E型”の「S」(これまでのトップグレード)をベースに、ブレンボ製のブレーキやZF製のSACHSダンパー、さらにはSよりも0.5J太い専用ホイール、リアスポイラー、アルカンターラを使ったシートを装備した、新たな最上級グレードだ。

以前、プロトタイプにサーキットで試乗したが、その時の印象はベースグレードの良さをさらに引き伸ばしたかに思える走りだった。ブレーキは制動力がやや向上した程度に感じるが、踏力(とうりょく)を抜く方向でのコントロール性が引き上げられ、車両の姿勢コントロールがしやすくなったことが好感触。フットワーク系はロールやピッチを減らしており、反応の良さを引き上げたにもかかわらず、安定性も損なっていないところが扱いやすかった。

今回はナンバーが付いた状態で一般道を走ってみる。走りだせばやはりブレンボのブレーキは扱いやすい。クルマを止める寸前の踏力コントロールがしやすく、無駄にピッチングさせずに済むのだ。これなら同乗者にも優しいかもしれない。ただ、足まわりは少しハードだ。50km/h以下で荒れた路面を走ると、やや突き上げが大きく、ベースモデルより引き締められたことが明らかに感じられた。応答性を求めて拡幅されたホイールに加えて、無駄な動きを規制しようとセットされたダンパーが組み合わされれば、それも当然かもしれない。だが、スピードレンジが高まると、それがかえってはまってくるから面白い。特に高速道路ではフラットな乗り味が高まってくるのだ。どこに合わせたかがはっきりと読み取れるそのセッティングはなかなか絶妙だ。だからこそ「GT」という名前を与えたのだろう。

こんな新たな世界が見えたのは、やはり長年の熟成があったからこそ。BRZ GTは単なるオプション装備てんこ盛りの、厚化粧なクルマではない。乗り手との対話をより深めようとしたグレードだということが、はっきりと感じられたのだ。

(文=橋本洋平/写真=向後一宏/編集=藤沢 勝)

【スペック】
全長×全幅×全高=4240×1775×1320mm/ホイールベース=2570mm/車重=1250kg/駆動方式=FR/エンジン=2リッター水平対向4 DOHC 16バルブ(207ps/7000rpm、21.6kgm/6400-6800rpm)/トランスミッション=6段MT/燃費=11.8km/リッター(JC08モード)/価格=331万5600円

「BRZ GT」はモデルラインナップのトップに位置するグレード。写真のリアスポイラーのほかに、ブレンボ製4輪ベンチレーテッドディスクブレーキ、ZF SACHSダンパー、専用17インチアルミホイール、アルカンターラと本革のコンビシートが標準で装備される。
「BRZ GT」はモデルラインナップのトップに位置するグレード。写真のリアスポイラーのほかに、ブレンボ製4輪ベンチレーテッドディスクブレーキ、ZF SACHSダンパー、専用17インチアルミホイール、アルカンターラと本革のコンビシートが標準で装備される。
専用17インチアルミホイールの奥に赤く塗装されたブレンボ製ブレーキキャリパーが見える。フロントは対向4ピストン、リアは対向2ピストンとなる。
専用17インチアルミホイールの奥に赤く塗装されたブレンボ製ブレーキキャリパーが見える。フロントは対向4ピストン、リアは対向2ピストンとなる。
2016年7月のマイナーチェンジで、6段MTモデルはエンジンのパワーとトルクも強化。最高出力+7ps、最大トルク+0.7kgmの、207psと21.6kgmを発生する。写真の赤いインテークマニホールドは、新たにアルミ製とされ、結晶塗装が施されている。
2016年7月のマイナーチェンジで、6段MTモデルはエンジンのパワーとトルクも強化。最高出力+7ps、最大トルク+0.7kgmの、207psと21.6kgmを発生する。写真の赤いインテークマニホールドは、新たにアルミ製とされ、結晶塗装が施されている。
背もたれに「BRZ」のロゴがあしらわれたアルカンターラと本革のコンビネーションシート。前席にはシートヒーターが備わる。
背もたれに「BRZ」のロゴがあしらわれたアルカンターラと本革のコンビネーションシート。前席にはシートヒーターが備わる。
スバルBRZ GT
スバルBRZ GT
関連記事
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • スバルBRZ S(FR/6MT)【試乗記】 2016.9.24 試乗記 2リッター水平対向エンジンを搭載したスバルのFRスポーツ「BRZ」が、エンジン、ボディー、足まわりに手を加える大幅改良を受けた。試乗を通してその実力を測るとともに、「スポーツカー天国」ニッポンに生まれたシアワセについて考えた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • スバルBRZ tS(FR/6MT)【試乗記】 2015.6.30 試乗記 およそ2年ぶりに発売された、台数限定のチューンドカー「スバルBRZ tS」に試乗。「大人の感性にうったえたい」「同乗者にも楽しんでもらいたい」と開発陣も意気込む、その実力やいかに?
ホームへ戻る