第382回:東京・丸の内をレースカーが疾走!?
「フォーミュラE」公道走行イベントの会場を取材した

2016.11.29 エッセイ

2016年11月23日、東京駅近くの丸の内仲通りにて、エコロジーとモビリティーの融合を考えるイベント「エコロジー&モビリティフェアin丸の内」が開催された。このイベントのメインコンテンツとして、フォーミュラE参戦マシンによるデモンストレーションランが行われた。

石畳をEVフォーミュラが走る

ブランドショップやカフェなどが立ち並ぶ都心の街並み。平日はビジネスマンが行き交い、普段の休日ならば多くのファミリーやカップルでにぎわいを見せる東京・丸の内だが、この日は少し雰囲気が違う。美しい石畳の通りを閉鎖し、なんとフォーミュラEに参戦するレーシングカーを走らせてしまおうというのだ。

フォーミュラEとは、国際自動車連盟(FIA)が管轄している、世界初のEVフォーミュラマシンによるレースだ。2014年秋に初めて開催され、今シーズンで3期目を迎える。フォーミュラEのレースはサーキットを使用せず、公道を閉鎖した市街地の特設コースで開催されることも大きな特徴の一つ。走行音が小さく、排気ガスの出ないEVだからこそ実現したことだ。また、今シーズンからジャガーがパナソニックをパートナーに参戦するなど、自動車メーカーからの熱い注目を集めているレースといえる。

今回、デモンストレーションランを行ったのは、「ABTシェフラーFE02」。ABT・シェフラー・アウディ・スポーツチームが今シーズンを戦うマシンであり、ドライバーも、今シーズンのフォーミュラEでこのマシンを駆るルーカス・ディ・グラッシ選手。ルーカス選手はファーストシーズンから参戦しており、表彰台の回数は全選手の中で最多を誇る。昨シーズンはドライバーズポイントで総合2位を獲得しているすご腕だ。

運営サイドは混乱を避けるために大々的な宣伝は控えたというが、それでも沿道には人だかりができていた。
運営サイドは混乱を避けるために大々的な宣伝は控えたというが、それでも沿道には人だかりができていた。
フォーミュラEは、初年度は完全なワンメイクレースだったが、昨年からは、チームでのパワートレインの独自開発が可能になった。
フォーミュラEは、初年度は完全なワンメイクレースだったが、昨年からは、チームでのパワートレインの独自開発が可能になった。
フォーミュラEの次戦は、2017年2月のアルゼンチン・ブエノスアイレスGPが予定されている。
フォーミュラEの次戦は、2017年2月のアルゼンチン・ブエノスアイレスGPが予定されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ