パナソニックCN-F1D
9型大画面でブルーレイが見られる! ストラーダのフラッグシップ

2016.12.01 特集
パナソニックCN-F1D
オープン価格(想定価格=17万円前後)
パナソニックCN-F1D
	オープン価格(想定価格=17万円前後)

パナソニックから登場したまったく新しい大画面ナビがCN-F1D。大画面ナビはそのサイズから装着の問題がつきまとうが、CN-F1Dはこれまでにない発想でこの問題を解決した。

メニュー画面は検索メニューとAVメニューを半分ずつ表示するツートップメニュー。以前から採用しているわかりやすく使いやすいメニューだ。
メニュー画面は検索メニューとAVメニューを半分ずつ表示するツートップメニュー。以前から採用しているわかりやすく使いやすいメニューだ。

2DINから飛び出た9型大画面

市販カーナビの中で唯一、ブルーレイディスクの再生が可能な、パナソニックのカーナビ。これまでは7インチワイド画面のモデルだけだったが、せっかく高画質のブルーレイだから大画面で見たい! そんなニーズに対応したのが2016年モデルのF1Dだ。

大画面ナビというと、一般的には周囲のパネルを車種ごとに作り、車種専用モデルとして販売するが、パナソニックでは汎用(はんよう)性を高めるために、あくまでもクルマへの装着部分は2DINサイズにこだわった。そして完成したのが、9インチの大画面が手前に飛び出した、フローティング構造のユニークなスタイル。この形のおかげで、通常は必要となる専用パネルは不要。2DINサイズの取り付けスペースさえあれば装着できるから、数多くの車種に取り付け可能ということになる。発売当初、取り付け可能車種は140車種だったが、発売から半年の間に取り付け確認はどんどん進み、11月半ばの時点で225車種にまで対応数は拡大している。その数は取り付け確認が進むにつれ、さらに増えるだろう。

このフローティング構造は、操作性向上にも貢献している。画面が手前にせり出すことで、画面がドライバーに近くなるから、従来型のカーナビのようにインパネ面にあるタッチパネルよりも手が届きやすい。スムーズにタッチできるのだ。また体に近くなるということは、画面も大きく見えやすい。画面サイズは9型ワイドだが、視覚的にはインパネ面にある10型や11型並みのサイズに見える。

スマートフォン連携もF1Dの特徴のひとつで、Android Autoに市販カーナビとして初めて対応。従来モデルから連携が可能だった独自のスマートフォンアプリ「Drive P@ss」も使えるし「おでかけナビサポート ここいこ♪」とも連携している。音声認識もスマートフォンと連携しクラウドを利用して行うから、情報量は膨大だし認識率も高い。

この形と取り付け後のスタイルに抵抗がなければ、大画面ナビを低コストで導入できる魅力的なモデルである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「カーナビの達人2017 WINTER」の過去記事リストへ