ホンダNSX(4WD/9AT)

ホンダの意地と未来が見える 2016.12.01 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。

米国工場製ではあるが

量産市販車として初のオールアルミボディーにV6エンジンをミドシップした初代ホンダNSXは、堂々と胸を張ってスポーツカーと言える数少ない日本車だった。量産といっても生産台数は15年間におよそ1万8000台、この種のスポーツカーとしては決して少なくない数字だと思うが、ホンダの期待値はもっと高かったようだ。リーマンショックや東日本大震災など紆余(うよ)曲折を乗り越えてNSXを復活させるからには、長く継続できるよう環境を整えるのは当然であり、発売直後から急速な円高に苦しんだ初代NSXの轍(てつ)を踏まないよう、最大市場である米国で生産する道を選んだことも理解できる。だがそれでも、ホンダのフラッグシップスポーツカーがアメリカ製だなんて、とわだかまりを抱いている人も少なくないことだろう。

ご存じの通り、確かに新型NSXはオハイオ州メアリズビル工場に新設されたPMC(パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センター)で製造されている。ただし、正確に言うならそれは組み立て(アセンブリー)であり、米国組み立てであることがそのままアメリカ車を意味するのであれば、広島のマツダの工場で生産されるイタリアンブランドのスパイダーは日本車と言わなければならない。自動車に限らず、このような例はもはや現代ではまったく珍しくない。どこで作られたか、というよりもどのようにして作られたか、に注目しなければならない。しょせんアメ車だろう、とひとことで突き放してしまっては、苦手の納豆が好きになるほど栃木県に通い詰めたというテッド・クラウスLPL(ラージプロジェクトリーダー)の立つ瀬がない。

2011年の末に新型NSXのLPLに任命された彼が真っ先に考えたのは、できるだけ早くオリジナルNSXの開発メンバーと話をすることだったという。ちなみにリーマンショックでの休止を経て、新型の開発作業はそれ以前に日本で始まっていた。果たして、最初のミーティングは宇都宮の居酒屋で行われたと聞くが、それ以降、数え切れないほどアメリカ側も日本側チームも日米を往復し、テッドはNSXフィエスタにも開発メンバーを率いて参加するなどして開発が進められたという。その間にエンジン横置きから縦置きツインターボへの大転換があり、また時には日米チーム間で意見が対立することもあったというが、そんな場合は現物を目の前にして議論するという現場主義を貫いて完成したのが新型NSXである。これほど大変な手間をかけて開発した新型を単にアメリカ製と決めつけていいはずがない。

2016年8月25日にデビューを飾り、受注がスタートした2代目「ホンダNSX」。2017年2月27日に発売される。
2016年8月25日にデビューを飾り、受注がスタートした2代目「ホンダNSX」。2017年2月27日に発売される。
エンジンカバーに埋め込まれたシリアルプレート。製造を受け持つパフォーマンス・マニュファクチュアリング・センターの名称が刻まれる。
エンジンカバーに埋め込まれたシリアルプレート。製造を受け持つパフォーマンス・マニュファクチュアリング・センターの名称が刻まれる。
運転席まわりの様子。真円でないステアリングホイールは、握りやすさを優先して、リムの太さも不均等になっている。
運転席まわりの様子。真円でないステアリングホイールは、握りやすさを優先して、リムの太さも不均等になっている。
優れたサポート性と乗降性の両立が図られたシート。ヘッドレストは、ヘルメットを着用しての運転も意識したデザインとされている。
優れたサポート性と乗降性の両立が図られたシート。ヘッドレストは、ヘルメットを着用しての運転も意識したデザインとされている。
「NSX」のアフターケアは、専用設備を備え、「NSXスペシャリスト」と名付けられたホンダ認定のメカニックが在籍する「NSXパフォーマンスディーラー」が対応する。
「NSX」のアフターケアは、専用設備を備え、「NSXスペシャリスト」と名付けられたホンダ認定のメカニックが在籍する「NSXパフォーマンスディーラー」が対応する。
関連記事
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――日産ノートe-POWER X モード・プレミア(後編) 2017.5.25 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「日産ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗する。谷口は“電気自動車のまったく新しいカタチ”をどう見ている?
  • 第42回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    Sクラスのディーゼルハイブリッドは高い!? 安い!?
    2017.5.23 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第42回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! Sクラスのディーゼルハイブリッドは高い!? 安い!?」。ディーゼルの頂点に君臨するメルセデス・ベンツのフラッグシップは果たして“買い”か?
  • 「ジープ・レネゲード」にBeatsとコラボした限定車登場 2017.5.19 自動車ニュース FCAジャパンは2017年5月19日、「ジープ・レネゲード」に特別仕様車「トレイルホークBeats Edition(ビーツエディション)」を設定し、同年6月10日に200台の台数限定で発売すると発表した。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
ホームへ戻る