BMW 5シリーズ、新エンジンで燃費向上

2011.10.17 自動車ニュース

「BMW 5シリーズ」、新エンジンで燃費向上

BMWジャパンは2011年10月17日、仕様変更で燃費が向上した「523iセダン/ツーリング」「535iセダン/ツーリング」を発売した。ユーザーへのデリバリー開始は10月末から。

今回、これまで2.5リッター直6(204ps、25.5kgm)だった「523iセダン/ツーリング」の心臓が、2リッター直4ターボ(184ps、27.5kgm)に置き換えられた。
最高出力は20ps低下したものの、最大トルクは2.0kgmもアップ。さらに、10・15モードの燃費値が、「523iセダン」で11.4km/リッターから14.4km/リッターに、「523iツーリング」は10.4km/リッターから13.6km/リッターにそれぞれ向上した。
エンジンそのものの違いだけでなく、アイドリングストップ機構や、「ECO PROモード」(エンジン・エアコン・シートヒーターなどを統合制御してエコドライブをサポートする機能)が追加されたことも、燃費向上の要因である。

これと同時に、上級グレードの「535iセダン/ツーリング」についてもアイドリングストップ機構と「ECO PROモード」が追加され、燃費値(10・15モード)は「535iセダン」が10.6km/リッターから12.8km/リッターに、「535iツーリング」は10.6km/リッターから12.4km/リッターにアップした。

これにより、上記の4モデルは“四つ星”のエコカー減税対象車となり、自動車取得税と重量税が約75%減免、登録翌年度の自動車税も約50%減免される。

価格は以下の通り。

・523iセダン(FR/8AT):610万円
・523iツーリング(FR/8AT):640万円
・535iセダン(FR/8AT):840万円
・535iツーリング(FR/8AT):870万円

(webCG 関)

 
BMW 5シリーズ、新エンジンで燃費向上の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

5シリーズ セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • BMW 320d Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.24 試乗記 BMWの新世代ディーゼルエンジンを搭載した最新型の「320d」に試乗。低速トルクに満ち、スポーティーなフットワークを備えた「320d Mスポーツ」の仕上がり具合は上々。まさに「3シリーズ」の真打ちといえる実力の持ち主だった。
  • BMW、通算7代目となる新型「5シリーズ」を発表 2017.1.13 自動車ニュース BMWジャパンは2017年1月12日、新型「5シリーズ」を発表した。発売は2月11日。部分自動運転を可能とした運転支援システムの採用や、ライバル車をしのぐ燃費を実現するなど、ベンチマークとしての地位を堅持したのが自慢だ。
  • BMW 5シリーズ 2017.1.12 画像・写真 BMWジャパンは2017年1月12日、新型「5シリーズ」を発表した。販売は2月11日に開始する。「BMW GROUP Tokyo Bay」(東京都江東区)で行われた発表会の様子を、写真で紹介する。
  • 「BMW 3シリーズ」に新たなエントリーモデル
    2016.9.26 自動車ニュース BMWジャパンは2016年9月26日、1.5リッター直列3気筒ターボエンジンを搭載した、「BMW 3シリーズ」の新たなエントリーモデル「318iセダン/ツーリング」を発表した。同年10月1日に販売を開始する。
ホームへ戻る