三菱アウトランダーPHEVという選択

プラグインハイブリッド車のトップランナー 2016.12.08 プラグインハイブリッドでGO!<PR> デビュー以来着実に改良を重ねてきた、充電可能な三菱のSUV「アウトランダーPHEV」に試乗。国内外でプラグインハイブリッドモデルに注目が集まりつつあるいま、モータージャーナリストの森口将之が、あらためてその実力を確かめた。

日欧で確かな販売実績

ヨーロッパでプラグインハイブリッド車の人気が高まっている。きっかけはEU(欧州連合)が打ち出した優遇策だ。EUでは2013年、2021年までに1km当たりのCO2排出量を95g以下に抑えるという規制値を発表した。しかし電気自動車の開発があまり進んでいないヨーロッパの自動車メーカーが、この数値をクリアするのは難しい。そこで同時に、プラグインハイブリッド車についての係数が用意された。その係数とは、25÷(25+電動走行距離)というものだ。例えば50kmの電動走行が可能なプラグインハイブリッド車は、従来の測定方法では150gだったものが、係数をかけることで一挙に50gにまで減る。

これを受けて、ヨーロッパのメーカーが一気にプラグインハイブリッド車攻勢に出た。それらの一部が日本にも上陸していることはご存じのとおりだ。でもここまで読み進めてきた方は、これはトレンドではなく、ヨーロッパが仕組んだ戦略という側面が強いことを理解するだろう。背景に日本が主導権を握るハイブリッド車への対抗心があるのは明らかだ。どうやら、クルマを発明したヨーロッパ諸国は、東洋の島国に主導権を握らせまいという気持ちが強いらしい。

そんな中、孤軍奮闘に近い状況で、ヨーロッパ車と互角以上の戦いを演じている国産車がある。それが三菱アウトランダーPHEVだ。世界の電気自動車/プラグインハイブリッド車のデータを扱うウェブサイト『EV sales』によれば、2015年にヨーロッパで販売された電気自動車/プラグインハイブリッド車で最も売れており、2位の1.5倍以上という、圧倒的な実績を残しているのである。

もちろん日本でも、アウトランダーPHEVは根強い支持を受けている。先のEV salesでは日本のデータも公開しているのでチェックすると、2015年は電気自動車/プラグインハイブリッド車でアウトランダーPHEVがトップで、プラグインハイブリッド車に限れば2位の「トヨタ・プリウスPHV」の約7.5倍という、驚異的なシェアを記録しているのだ。他の多くの国産ブランドがハイブリッド車を主流に据え、プラグインハイブリッド車はリース販売にとどめるなど脇役に据える中、アウトランダーPHEVはガソリン車と同じように、普通の量販を続けてきた。それが日本を代表するプラグインハイブリッド車という地位を築き、プラグインハイブリッド車の主役は自分たちだと豪語するヨーロッパ車を販売台数で上回るという実績を打ち立てている。日本で、そして世界で、プラグインハイブリッド車のトップランナーとして着実な歩みを進めているというのが事実なのである。

プラグインハイブリッドモデルであることを示す、「アウトランダーPHEV」のエンブレム。
プラグインハイブリッドモデルであることを示す、「アウトランダーPHEV」のエンブレム。
「アウトランダーPHEV」が国内で発売されたのは2013年。2015年の7月からは、デザインを変更し燃費性能を高めた、改良型が販売されている。
「アウトランダーPHEV」が国内で発売されたのは2013年。2015年の7月からは、デザインを変更し燃費性能を高めた、改良型が販売されている。
「漆箱」をモチーフにしたセンターコンソールが目を引く運転席まわり。ステアリングホイールにはリムを温めるヒーターが備わる。
「漆箱」をモチーフにしたセンターコンソールが目を引く運転席まわり。ステアリングホイールにはリムを温めるヒーターが備わる。
2リッター直4エンジンにモーターを組み合わせる「アウトランダーPHEV」のパワーユニット。リアにもモーターが搭載されており、4輪を駆動する。
2リッター直4エンジンにモーターを組み合わせる「アウトランダーPHEV」のパワーユニット。リアにもモーターが搭載されており、4輪を駆動する。
森口将之(もりぐち まさゆき)
日仏メディア交流協会や日本デザイン機構の会員を務めるなど、幅広い分野で活躍するモータージャーナリスト。1962年東京生まれ。自動車専門誌の編集部勤務を経て1993年にフリーランスとして独立。海外にも積極的に足を運び、交通事情や都市景観、環境対策などの取材を通して、クルマのあるべき姿を探求している。
森口将之(もりぐち まさゆき)
	日仏メディア交流協会や日本デザイン機構の会員を務めるなど、幅広い分野で活躍するモータージャーナリスト。1962年東京生まれ。自動車専門誌の編集部勤務を経て1993年にフリーランスとして独立。海外にも積極的に足を運び、交通事情や都市景観、環境対策などの取材を通して、クルマのあるべき姿を探求している。
関連記事
  • 三菱アウトランダーPHEVという選択 2016.12.8 プラグインハイブリッドでGO!<PR> デビュー以来着実に改良を重ねてきた、充電可能な三菱のSUV「アウトランダーPHEV」に試乗。国内外でプラグインハイブリッドモデルに注目が集まりつつあるいま、あらためてその実力を確かめた。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • 「キャデラックATS」にシルバーの特別仕様車が登場 2017.5.18 自動車ニュース 「キャデラックATSセダン」に特別仕様車「シルバームーンライトエディション」が登場。専用ボディーカラーの「シルバームーンライトメタリック」が特徴で、電動スライディングルーフやブラッシュドアルミナムトリムなどが特別装備される。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
  • 三菱自動車、「アウトランダーPHEV」を一部改良 2017.2.9 自動車ニュース 三菱自動車は2017年2月9日、プラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」に一部改良を実施し、販売を開始した。併せて新たな最上級グレードとなる「Sエディション」を追加設定し、同日販売を開始した。
  • 三菱自動車、「RVR」のフロントマスクを一新 2017.2.9 自動車ニュース 三菱自動車は2017年2月9日、コンパクトSUV「RVR」に一部改良を実施し、同年2月16日に発売すると発表した。今回の改良ではフロントマスクを一新し、乗員とクルマを守る機能を力強く表現したフロントデザインコンセプトの「ダイナミックシールド」を採用した。
  • 三菱アウトランダーPHEV Gプレミアムパッケージ(4WD)【試乗記】 2015.8.20 試乗記 大規模な改良を受けて実力を上げた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗した。フロントデザインが改められただけでなく、乗り心地や操縦安定性も磨かれたという新型の走りやいかに? 最上級グレードの「Gプレミアムパッケージ」のステアリングを握った。
  • 顔つき一新、三菱がアウトランダーを大幅改良 2015.6.18 自動車ニュース 新デザインの「三菱アウトランダー」登場。快適性や燃費など、商品力を強化。
  • アウトランダーPHEVにスポーティーな特別仕様車 2014.10.23 自動車ニュース 「三菱アウトランダーPHEV」にスポーティーな外観の特別仕様車が登場。
ホームへ戻る