「ホンダ・オデッセイ ハイブリッド」が価格.comプロダクトアワードの金賞を受賞

2016.12.01 自動車ニュース
「ホンダ・オデッセイ ハイブリッド」
「ホンダ・オデッセイ ハイブリッド」

商品の購買支援サイトを運営するカカクコムは2016年12月1日、ユーザーが満足度の高い製品を選ぶ「価格.comプロダクトアワード2016」で、自動車部門の金賞に「ホンダ・オデッセイ ハイブリッド」が選出されたと発表した。

「トヨタ・プリウス」
「トヨタ・プリウス」
「スズキ・アルトワークス」
「スズキ・アルトワークス」

価格.comプロダクトアワードは、商品の購買支援サイトである『価格.com』において、年間約9万件におよぶユーザーのレビューを元に、その年の“満足度の高い製品”を選定するというもの。
ジャンルは、パソコン/調理家電/カメラ/スマートフォンなどの全16部門に分かれており、さらに細分化された61カテゴリーの製品について、上位3つに金・銀・銅の各賞が贈られる。

自動車については2012年から、購入または試乗を通じてユーザーが感じた満足度やレビューの投稿数を元に、「その年最も消費者の支持を得たクルマ」が選ばれてきた。

2016年の金賞に輝いたのは、ホンダのミニバン「オデッセイ ハイブリッド」。ユーザーレビューなどをまとめると、主に以下の3点が評価されたという。

・エンジンは主に発電に徹し、幅広い領域をモーターで走行できる新鮮な運転感覚
・同クラスのハイブリッド車を上回る24.4km/リッター~26km/リッター (JC08モード)という優れた燃費性能
・ハイブリッドシステムを小型軽量化することで実現したガソリン車同等の室内空間の広さやユーティリティー性能 

次点はトヨタのハイブリッド車「プリウス」で、3位の銅賞には「スズキ・アルトワークス」が選ばれた。

2016年 価格.comプロダクトアワード受賞車
(カッコ内は獲得ポイント数)
金賞:ホンダ・オデッセイ ハイブリッド(7484ポイント)
銀賞:トヨタ・プリウス(6489ポイント)
銅賞:スズキ・アルトワークス(3672ポイント)

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 Modulo Xの走りを知る <PR> ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.11 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、純正カスタマイズブランド「モデューロ」のパーツを組み込んだスペシャルバージョンが登場。その走りや乗り心地は、ふつうのステップワゴンとどう違う? 8人乗りと7人乗りの2車種に試乗した。
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ クールスピリット(FF/CVT)/ステップワゴンG(FF/CVT)【試乗記】 2015.5.21 試乗記 縦にも横にも開く「わくわくゲート」と、新開発のダウンサイジングターボエンジンで注目を集める新型「ホンダ・ステップワゴン」。気になるその使い勝手と、走りの実力をチェックした。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • 「トヨタ・エスクァイア」新デザインで登場 2017.7.3 自動車ニュース トヨタが5ナンバークラスの箱型ミニバン「エスクァイア」をマイナーチェンジ。フロントまわりの意匠を大幅に変更したほか、新グレードとして専用内装の最上級モデル「Gi“プレミアムパッケージ”」を設定した。
ホームへ戻る