第478回:街で“作品”に出会ったら……?
著名なカーデザイナーに作家としての心理を聞く

2016.12.02 マッキナ あらモーダ!

「心に残る仕事」がある

2016年11月、アメリカ・ロサンゼルスへと向かう機上でのことだ。今回搭乗した機体は、気がつけば「エアバスA380」。座席に備えつけのディスプレイは従来型機に増して大画面である。早速機内のビデオプログラムでクラシック音楽番組を選ぶ。すると、現代を代表するソプラノ歌手であるアンナ・ネトレプコの日本公演を発見したので、それを選択する。

するとどうだ。背後のオーケストラの中にボクが高校生だった時代の後輩がいるではないか。ロサンゼルスに降り立つやいなや彼女のもとにSNSで「見たよ」とメッセージを送ると、速攻で「ありがとうございます!」の返信が、太平洋を越えて(?)舞い込んだ。

彼女が所属するオーケストラの公演は、日本では毎週のように放映されているようだ。自分が映っている番組を見るのは、どんな気持ちなのだろうか。その質問をタイプして、再び送ってみる。すると「普段の自分が映っている映像は、あまり見たくないのですが……」と控えめな導入で始まりながらも、「ネトレプコさんのような名歌手との公演では、自分も観客のような気持ちでした。見るたびに、その時の感動を思い出します」という答えが返ってきた。

たしかに、物書きのボクの場合も、ショーで発表された新型車に関する文章よりも、心に残るさまざまな人との出会いを記した記事のほうが、読み返したくなるものだ。

話は変わって、自動車のデザイナーは職業柄、街中で過去の作品を頻繁に目にするはずである。かつての“仕事の成果”を見るとき、彼らはどのような思いを抱くのだろうか? ボクに言わせれば、自分の作品が世界中の道路を走っているなんて、夢のような仕事ではないか。

ロサンゼルス国際空港。筆者が今年、ロサンゼルスオートショーを取材したときのもの。
ロサンゼルス国際空港。筆者が今年、ロサンゼルスオートショーを取材したときのもの。
ペーター・シュライヤー氏。アウディのデザイナーとして「TT」を手がけるなど活躍した後、キアの社長に就任した。写真は、就任後初の国際ショーとなった、2013年のデトロイトモーターショーでのワンシーン。奥に見える“バーチャル・ペーター”が注目を集めた。
ペーター・シュライヤー氏。アウディのデザイナーとして「TT」を手がけるなど活躍した後、キアの社長に就任した。写真は、就任後初の国際ショーとなった、2013年のデトロイトモーターショーでのワンシーン。奥に見える“バーチャル・ペーター”が注目を集めた。
1998年にデビューした初代「アウディTT」。開発前段階のデザインスタディーモデルと変わらぬ個性的な姿で製品化され、話題となった。
1998年にデビューした初代「アウディTT」。開発前段階のデザインスタディーモデルと変わらぬ個性的な姿で製品化され、話題となった。
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事