第383回:テスラが自動運転機能の安全性を強化
新ソフト「バージョン8.0」搭載の「モデルS」に試乗

2016.11.29 エッセイ
新ソフトウエア「バージョン8.0」を搭載した「テスラ・モデルS」。オートパイロットの安全性が強化された。
新ソフトウエア「バージョン8.0」を搭載した「テスラ・モデルS」。オートパイロットの安全性が強化された。

テスラモーターズは2016年の秋、オートパイロットと呼ばれる自動運転機能の安全性強化を中心とした新ソフトウエア「バージョン8.0」の配信を開始した。このアップデートでテスラはどのように進化したのか。バージョン8.0を搭載した最新の「モデルS」に試乗した。

SUVの「モデルX」。後席用ドアにガルウイング式を採用している。
SUVの「モデルX」。後席用ドアにガルウイング式を採用している。
バージョン8.0へのアップデートはインターネット経由でできる。オートパイロットが改善されたほか、メディアプレーヤーが新デザインに変更されている。また、カーナビ機能では地図の表示領域が増し、視認性が向上している。
バージョン8.0へのアップデートはインターネット経由でできる。オートパイロットが改善されたほか、メディアプレーヤーが新デザインに変更されている。また、カーナビ機能では地図の表示領域が増し、視認性が向上している。
Googleマップを使ったカーナビ。見やすさも使いやすさも、当初に比べればかなり向上した。
Googleマップを使ったカーナビ。見やすさも使いやすさも、当初に比べればかなり向上した。

オートパイロットはまだアシストにすぎない

テスラモーターズの現行ラインナップであるモデルSと「モデルX」が、他のブランドのクルマと決定的に違うのは、購入後、ディーラーに持ち込むことなく機能をアップデートすることができるところにある。PCやスマホのようにインターネット経由でソフトウエアをアップデートできるのだ。iPhoneのアップデートには毎回ワクワクする。大して変わらないこともあるけれど、この前みたいにカメラに「ポートレート」機能が追加された時には、なんだか得した気になる。

テスラモーターズは2012年にモデルSを発売した後、大小いくつものアップデートを配信した。例えば、

12年10月:クリープ機能を追加。
13年03月:予約充電可能に(電気料金が安い時間帯に充電可能に)。
13年10月:オーナーズマニュアルをタッチスクリーンに表示可能に。
14年09月:路面の悪い場所を認識し、あらかじめ車高を高くできるように。
15年01月:TACC(いわゆるACC)と正面衝突警報を追加。オートハイビーム追加。
15年03月:自動緊急ブレーキ(いわゆる衝突被害軽減ブレーキ)を追加。
15年10月:オートパイロット(オートステアリング、自動車線変更、オートパーキングなど)を追加。
16年01月:サモン(車外からスマホで出庫や入庫を可能にする機能)を追加。

残念ながら、TACCや正面衝突警報が追加された際には、カメラやレーダーなど、ハードウエアの追加を必要とするため、それ以前に購入したモデルは対象外だったが、とはいえいつ買っても買った時よりも機能が増えている。

そしてこの秋、バージョン8.0という新しいアップデートを配信した。タッチスクリーンのインターフェイスが初めて変更され、見やすくなった。Googleマップを使ったカーナビは見やすさも使いやすさも、当初に比べればかなり向上した。それからオートパイロットは、今夏、アメリカでユーザーがオートパイロットを作動させている最中にトレーラーとぶつかり死亡した事故を踏まえ、これがまだ自動運転ではなくアシストだということを明確にドライバーに知らせるようになった。最新の8.0を搭載したモデルSに乗る機会を得たのでご報告したい。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ
関連記事 ホームへ戻る