「フォルクスワーゲン・ゴルフ」にコネクティビティーを強化した特別仕様車

2016.11.29 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン コネクト」
「フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン コネクト」

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年11月29日、ハッチバックの「ゴルフ」とステーションワゴンの「ゴルフヴァリアント」に、特別仕様車「ゴルフ コネクト」「ゴルフヴァリアント コネクト」をそれぞれ設定し、販売を開始した。

「ゴルフヴァリアントTSIコンフォートライン コネクト」
「ゴルフヴァリアントTSIコンフォートライン コネクト」
純正インフォテインメントシステム「ディスカバープロ」にはテレマティクス機能である「ガイド&インフォーム」が追加された。スマートフォンなどを介してGoogle検索や、Google Earthの地図を利用することができる。
純正インフォテインメントシステム「ディスカバープロ」にはテレマティクス機能である「ガイド&インフォーム」が追加された。スマートフォンなどを介してGoogle検索や、Google Earthの地図を利用することができる。

今回の特別仕様車は、「TSIコンフォートライン」と「TSIハイラインを」ベースに、テレマティクス機能「Guide & Inform(ガイド&インフォーム)」が追加された純正インフォテインメントシステム「Discover Pro(ディスカバープロ)」を標準装備することで、コネクティビティーが強化されている。そのほか、LEDテールランプの採用や、アルミホイールのデザイン変更なども行われている。

ガイド&インフォームとは、ディスカバープロにスマートフォンなどの通信機器を介して専用サーバーと通信することで、オンラインVICS通信情報を受信してルート案内の精度を高めたり、Googleでオンライン検索をしたりできるシステム。さらにナビゲーションシステムが持つ通常の地図情報に加えて、Google Earthの地図を表示したり、Google Street Viewを使って事前に目的地周辺の情報を映像で確認したりすることも可能。また、駐車場の空き情報やガソリンスタンドの場所、価格などの情報をタイムリーに入手することができる。

ラインナップと価格は以下の通り。

・ゴルフTSIコンフォートライン コネクト:306万円
・ゴルフTSIハイライン コネクト:346万9000円
・ゴルフヴァリアントTSIコンフォートライン コネクト:319万円
・ゴルフヴァリアントTSIハイライン コネクト:359万9000円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6MT)【試乗記】 2016.1.19 試乗記 220psのエンジンを搭載する「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のスポーツグレード「GTI」に、3ペダルの6段MT仕様が登場。そこに優秀なデュアルクラッチ式AT仕様を避けてまで選ぶほどの“操る喜び”はあるか。箱根のワインディングロードで確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ ストリートエディション(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.8 試乗記 「GTI」シリーズの誕生40周年を祝う限定モデル「フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ」に、第2弾となる「ストリートエディション」が登場。エンジンやドライブトレインなど、各所に施された独自のチューニングが織り成す走りを試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/6MT)【試乗記】 2015.10.1 試乗記 280psの高出力エンジンに4WDの駆動方式を組み合わせた「フォルクスワーゲン・ゴルフR」に、6段マニュアルトランスミッション仕様が登場。VWが誇る全天候型ハイパフォーマンスモデルにあえての“人力変速”で乗ることでリポーターが実感したこととは?
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る