BMW、「120i」と「220iクーペ」に新世代エンジンを搭載

2016.11.30 自動車ニュース
「BMW 120i」
「BMW 120i」

BMWジャパンは2016年11月30日、「BMW 120i」と「BMW 220iクーペ」に新エンジンを搭載し、販売を開始した。

「BMW 220iクーペ」
「BMW 220iクーペ」

今回、搭載されたのはBMWグループの新世代モジュラーエンジンである2リッター直4ガソリンターボエンジン。ツインスクロールターボチャージャーに直噴システム、無段階可変バルブコントロールの「バルブトロニック」、同じく無段階可変のカムシャフトコントロール「ダブルVANOS」を組み合わせることで、最高出力184ps/5000rpm、最大トルク27.5kgm/1350-4600rpmを発生する。その一方で、15.9km/リッター(JC08モード)という低燃費を達成している。トランスミッションは8段ATを採用する。

ラインナップと価格は以下の通り。

・120iスポーツ:418万円
・120iスタイル:418万円
・120i Mスポーツ:433万円
・220iクーペ スポーツ:478万円
・220iクーペMスポーツ:502万円

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • アウディS5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.16 試乗記 アウディの2ドアスポーツクーペ「S5クーペ」が新型にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームとパワートレインが織り成す走りはいかなるものか。最高出力354ps、最大トルク500Nmという高性能モデルの、意外な素顔を紹介する。
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
ホームへ戻る