BMW、「120i」と「220iクーペ」に新世代エンジンを搭載

2016.11.30 自動車ニュース
「BMW 120i」
「BMW 120i」

BMWジャパンは2016年11月30日、「BMW 120i」と「BMW 220iクーペ」に新エンジンを搭載し、販売を開始した。

「BMW 220iクーペ」
「BMW 220iクーペ」

今回、搭載されたのはBMWグループの新世代モジュラーエンジンである2リッター直4ガソリンターボエンジン。ツインスクロールターボチャージャーに直噴システム、無段階可変バルブコントロールの「バルブトロニック」、同じく無段階可変のカムシャフトコントロール「ダブルVANOS」を組み合わせることで、最高出力184ps/5000rpm、最大トルク27.5kgm/1350-4600rpmを発生する。その一方で、15.9km/リッター(JC08モード)という低燃費を達成している。トランスミッションは8段ATを採用する。

ラインナップと価格は以下の通り。

・120iスポーツ:418万円
・120iスタイル:418万円
・120i Mスポーツ:433万円
・220iクーペ スポーツ:478万円
・220iクーペMスポーツ:502万円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

1シリーズの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 118dスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.8 試乗記 6年目を迎えた現行「BMW 1シリーズ」のラインナップに、クリーンディーゼルエンジンを搭載する「118d」が登場した。遅れてやってきたこの小型FRディーゼルハッチには、ファンもあるしエコもある。お宝ディーゼルになる気配に満ちている。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • 第34回 ディーゼルLOVE(後編) 2017.3.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第34回は「ディーゼルLOVE(後編)」。カーマニアにとってディーゼル車の魅力とは? 前回に引き続き、ディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏をゲストに迎えての対談の様子をお届けする。
ホームへ戻る