「日産AD/ADエキスパート」がマイナーチェンジ

2016.11.30 自動車ニュース
「日産NV150 AD VE」(左)と「NV150 ADエキスパートGX」(右)。
「日産NV150 AD VE」(左)と「NV150 ADエキスパートGX」(右)。

日産自動車は2016年11月30日、商用バン「AD/ADエキスパート」をマイナーチェンジするとともに、車名を「NV150 AD」に変更し、同年12月26日に発売すると発表した。

「エキスパートGX」
「エキスパートGX」
エキスパートGX」のインテリア。
「エキスパートGX」のインテリア。
センターコンソールのドリンクホルダーには500mlの紙パックを立てることができる。
センターコンソールのドリンクホルダーには500mlの紙パックを立てることができる。

今回の改良では、歩行者の検知も可能な「エマージェンシーブレーキ」、車線逸脱防止警報(LDW)、ビークルダイナミクスコントロール(VDC)を主要グレードに標準装備とした。

内外装についても手を加えており、エクステリアではバンパーおよびフロントグリルの意匠を変更。最新の日産車に共通する「Vモーショングリル」を採用した。一方インテリアでは、インストアッパーボックスの容量を拡大したほか、大容量グローブボックスを採用。FF車のセンターコンソールには、500mlの紙パックに対応したカップホルダーを設定した(4WD車のカップホルダーは紙パック非対応)。

価格は以下の通り。
・DX:155万3040円(FF)/178万2000円(4WD)
・VE:159万1920円(FF)/181万5480円(4WD)
・エキスパートLX:164万0520円(FF)/186万4080円(4WD)
・エキスパートGX:171万1800円(FF)/193万5360円(4WD)

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。