唯一の“マスコット付き”

現時点で発表されている新型Eクラスの中で、“エクスクルーシブ仕様”は、このE400のみ。E200シリーズのアバンギャルドやアバンギャルド スポーツがダイナミックでスポーティーな装いを強調するのに対して、エクスクルーシブでは、より正統派メルセデスらしい雰囲気がアピールされている。かつてメルセデスの象徴的なアイテムだったスリーポインテッドスターのマスコットが、フードの先端に与えられるのもこの仕様のみ。それゆえ、新型Eクラスでこのディテールにこだわると、自動的にE400になってしまうことになる。

それにしても、新型Eクラスのエクステリアデザインはやはり、「Sクラス」とCクラスの間に割って入ったという印象が強い。全長が45cm、全幅も10cm以上異なるSとCとを間違える人は少ないだろうが、サイズがその中間にあるEの場合、うっかりすると、SとCのいずれとも見間違えてしまいそう。ダッシュボードには、2つの大型ディスプレイを1枚の横長ガラスで覆ったメーターパネルが備わっている。そんなインテリアも、同様のモチーフを先行採用したSクラスに酷似した雰囲気だ。

いずれにしても、「“真ん中”にあたるEには上下の兄弟と趣を異にするデザインを採用し、それをもって3車を識別しやすくするのではないか?」というデビュー前の個人的な予想は、見事に外れてしまった。

ところで、かつてメルセデスの4WDシステムについては、「縦置きトランスミッションの後端からトランスファーを介して分離した回転軸が、前輪を駆動するためトランスミッションケース右側を“Uターン”していくがゆえに、右ハンドル仕様の乗用車では成り立たない」などと説明されていたのだが、その問題は、最新世代では見事にクリア。左足の置き場所を含めたドライビングポジションは、そこそこ違和感のないものになっている。

ボディーカラーは全9色。テスト車のイリジウムシルバーは9万円のオプションとして用意される。
ボディーカラーは全9色。テスト車のイリジウムシルバーは9万円のオプションとして用意される。
片側あたり84個のLEDで構成される「マルチビームLEDヘッドライト」。ブルーの差し色が特徴的。
片側あたり84個のLEDで構成される「マルチビームLEDヘッドライト」。ブルーの差し色が特徴的。
インストゥルメントパネルには、12.3インチの高精彩ワイドディスプレイが横一列に2枚並ぶ。左はインフォテインメントシステム用、右はメーターパネルとして使われる。
インストゥルメントパネルには、12.3インチの高精彩ワイドディスプレイが横一列に2枚並ぶ。左はインフォテインメントシステム用、右はメーターパネルとして使われる。
ステアリングスイッチには、タッチ式のセンサー(つやのある黒い部分)を採用。スマートフォンのようなタッチ&スワイプ操作ができる。
ステアリングスイッチには、タッチ式のセンサー(つやのある黒い部分)を採用。スマートフォンのようなタッチ&スワイプ操作ができる。
関連記事
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • 第407回:DSの「第2章」が始まる
    ブランド統括責任者が語るこれからのDS
    2017.4.28 エディターから一言 日本でも専売店「DSストア」をオープンするなど、“攻め”の姿勢を見せているフランスのDSオートモビル。同社のブランド統括責任者、エリック・アポド氏にインタビューし、大きな変化を遂げようとしているDSの今、そして将来について聞いた。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • 「ベントレー・ベンテイガ」にカジュアルな新グレードが登場 2017.5.1 自動車ニュース ベントレー モーターズ ジャパンは2017年5月1日、装備内容を見直してよりカジュアルに仕立てた「ベンテイガ」の新グレード「ベンテイガ オニキス エディション」を発表した。車両価格は2399万円。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
ホームへ戻る