快適なのはスポーツモード

実はこのモデルには、前述のパワーユニットと並んで、大きな見どころとなる新テクノロジーがある。「エアボディーコントロールサスペンション」と呼ばれる、マルチチャンバーを用いた新開発のエアサスペンションがそれだ。

フロントアクスル用に2つ、リアアクスル用には3つ、サイズの異なるエアチャンバーを採用するのが“マルチ”という名の由来。これにより、スプリングの特性を多彩に変化させ、メタルスプリングではまねのできない、はるかに自由度の高いチューニングが可能になったという。

そんな新しい脚を採用するこのE400で走り始めるや、予想だにしなかったフットワークのテイストに驚かされた。ドライブモードを、事実上のデフォルトと考えられる「C(コンフォート)」にセットして走り始めると、フワンフワンとボディーの動きが大きく、ダンピングも甘めの印象。それはまさに、かつてたびたび表現された「エアサス風の乗り心地」であり、ゆえに端的なところ「全くメルセデスらしくない」テイストでもあったのだ。恐らく、この状態で目隠しテストでもやらされたら、自分が乗っているのがメルセデスであるとは誰も言い当てられないはずだ。本当にこれを快適な乗り味と考えたのか、ぜひとも開発者にその真意を問いたいところである。

というわけで、個人的にはこのポジションではなく、取扱説明書上で「引き締まったサスペンション制御」と紹介されている「S(スポーツ)」モードの方がはるかに気に入った。新型Eクラスは、そもそもE200系でも静粛性に優れるものの、E400がさらにロードノイズの遮断性などの点で上回るように感じられるのは、エアサスペンションの働きによるのかもしれない。

新型「Eクラス」には、ウインカーを2秒以上点滅させると、安全を確認しつつ自動的に車線変更を行う「アクティブレーンチェンジングアシスト」が備わる。
新型「Eクラス」には、ウインカーを2秒以上点滅させると、安全を確認しつつ自動的に車線変更を行う「アクティブレーンチェンジングアシスト」が備わる。
あらかじめ用意される走行モードのほかに、ステアリングやサスペンションの特性を自分好みに変えられる。写真はその設定画面。
あらかじめ用意される走行モードのほかに、ステアリングやサスペンションの特性を自分好みに変えられる。写真はその設定画面。
スポーティーなデザインとアピールされるリアシート。背もたれは3分割の可倒式で、長尺物の積載にも対応する。
スポーティーなデザインとアピールされるリアシート。背もたれは3分割の可倒式で、長尺物の積載にも対応する。
トランクルームの容量は、5人乗車時で540リッター。フロアの下にも予備の収納スペースが確保される。
トランクルームの容量は、5人乗車時で540リッター。フロアの下にも予備の収納スペースが確保される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Eクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • メルセデス・ベンツEクラス クーペ【海外試乗記】 2017.3.30 試乗記 セダン、ステーションワゴンに続き、「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」がいよいよ最新世代へとフルモデルチェンジ。W114以来の伝統を誇る、スリーポインテッドスターのミディアムクーペの実力を、スペインはカタロニアで試した。
  • レクサスLS500“Fスポーツ” 2017.4.12 画像・写真 レクサスのフラッグシップセダン「LS」。その次期型である「LS500」のスポーティーバージョン「LS500“Fスポーツ”」が公開された。ディテールを写真で紹介する。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
ホームへ戻る