快適なのはスポーツモード

実はこのモデルには、前述のパワーユニットと並んで、大きな見どころとなる新テクノロジーがある。「エアボディーコントロールサスペンション」と呼ばれる、マルチチャンバーを用いた新開発のエアサスペンションがそれだ。

フロントアクスル用に2つ、リアアクスル用には3つ、サイズの異なるエアチャンバーを採用するのが“マルチ”という名の由来。これにより、スプリングの特性を多彩に変化させ、メタルスプリングではまねのできない、はるかに自由度の高いチューニングが可能になったという。

そんな新しい脚を採用するこのE400で走り始めるや、予想だにしなかったフットワークのテイストに驚かされた。ドライブモードを、事実上のデフォルトと考えられる「C(コンフォート)」にセットして走り始めると、フワンフワンとボディーの動きが大きく、ダンピングも甘めの印象。それはまさに、かつてたびたび表現された「エアサス風の乗り心地」であり、ゆえに端的なところ「全くメルセデスらしくない」テイストでもあったのだ。恐らく、この状態で目隠しテストでもやらされたら、自分が乗っているのがメルセデスであるとは誰も言い当てられないはずだ。本当にこれを快適な乗り味と考えたのか、ぜひとも開発者にその真意を問いたいところである。

というわけで、個人的にはこのポジションではなく、取扱説明書上で「引き締まったサスペンション制御」と紹介されている「S(スポーツ)」モードの方がはるかに気に入った。新型Eクラスは、そもそもE200系でも静粛性に優れるものの、E400がさらにロードノイズの遮断性などの点で上回るように感じられるのは、エアサスペンションの働きによるのかもしれない。

新型「Eクラス」には、ウインカーを2秒以上点滅させると、安全を確認しつつ自動的に車線変更を行う「アクティブレーンチェンジングアシスト」が備わる。
新型「Eクラス」には、ウインカーを2秒以上点滅させると、安全を確認しつつ自動的に車線変更を行う「アクティブレーンチェンジングアシスト」が備わる。
あらかじめ用意される走行モードのほかに、ステアリングやサスペンションの特性を自分好みに変えられる。写真はその設定画面。
あらかじめ用意される走行モードのほかに、ステアリングやサスペンションの特性を自分好みに変えられる。写真はその設定画面。
スポーティーなデザインとアピールされるリアシート。背もたれは3分割の可倒式で、長尺物の積載にも対応する。
スポーティーなデザインとアピールされるリアシート。背もたれは3分割の可倒式で、長尺物の積載にも対応する。
トランクルームの容量は、5人乗車時で540リッター。フロアの下にも予備の収納スペースが確保される。
トランクルームの容量は、5人乗車時で540リッター。フロアの下にも予備の収納スペースが確保される。
関連記事
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • 第407回:DSの「第2章」が始まる
    ブランド統括責任者が語るこれからのDS
    2017.4.28 エディターから一言 日本でも専売店「DSストア」をオープンするなど、“攻め”の姿勢を見せているフランスのDSオートモビル。同社のブランド統括責任者、エリック・アポド氏にインタビューし、大きな変化を遂げようとしているDSの今、そして将来について聞いた。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • 「ベントレー・ベンテイガ」にカジュアルな新グレードが登場 2017.5.1 自動車ニュース ベントレー モーターズ ジャパンは2017年5月1日、装備内容を見直してよりカジュアルに仕立てた「ベンテイガ」の新グレード「ベンテイガ オニキス エディション」を発表した。車両価格は2399万円。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
ホームへ戻る