独BMW、新型「3シリーズ」の概要を発表

2011.10.17 自動車ニュース
新型「BMW 3シリーズ」
独BMW、新型「3シリーズ」の概要を発表

独BMW、新型「3シリーズ」の概要を発表

独BMWは2011年10月14日、新型「BMW 3シリーズ」の概要を発表。2012年2月からドイツをはじめ、各国、各地域で順次販売を開始するとアナウンスした。

 
独BMW、新型「3シリーズ」の概要を発表の画像
 
独BMW、新型「3シリーズ」の概要を発表の画像

6年半ぶりに、“BMWの大黒柱”3シリーズが一新される。キャラクターラインに頼ることなく面の抑揚を巧みに用いることで立体感を表現したエクステリアは、“プチ5シリーズ”といってもいいほど、先にフルモデルチェンジした「5シリーズ」によく似ている。とくにリアビューはうり二つだ。
フロントマスクにはヘッドライトとキドニーグリルをつなげる意匠が初めて採り入れられた。これはなかなかハンサム。「1シリーズ」の顔つきでガックリ肩を落とした人には朗報だろう。

全長4624mm×全幅1811mm×全高1429mm、ホイールベース2810mm。全長が93mm延びた以外はほぼ先代モデルと変わらず(ホイールベースは+50mm)。むやみに拡大路線をとらなかったのは、道路に制限の多い日本のユーザーにとってはうれしい配慮だ。全長を延長したおかげで、後席足元空間が15mm、トランクスペースの奥行きが8mm拡大されている。

発売時のラインナップは、ガソリン車の「328i」と「335i」、ディーゼル車の「320d」、「320dエフィシェントダイナミクス」の4種類。さらに2012年春に3種類、2012年秋には3シリーズ初のハイブリッドモデルも設定される。搭載エンジンとスペックは、以下のとおり。

 
独BMW、新型「3シリーズ」の概要を発表の画像
 
独BMW、新型「3シリーズ」の概要を発表の画像
 
独BMW、新型「3シリーズ」の概要を発表の画像

・320i(2012年春予定)
2リッター直4直噴ターボ(184ps/5000rpm、27.5kgm/1250-4800rpm)

・328i
2リッター直4直噴ターボ(245ps/5000rpm、35.7kgm/1250-4800rpm)

・335i
3リッター直6直噴ターボ(306ps/5800rpm、40.8kgm/1200-5000rpm)

・316d(2012年春予定)
2リッター直4直噴ディーゼルターボ(116ps/4000rpm、26.5kgm/1750-2500rpm)

・318d(2012年春予定)
2リッター直4直噴ディーゼルターボ(143ps/4000rpm、32.6kgm/1750-2500rpm)

・320d
2リッター直4直噴ディーゼルターボ(184ps/4000rpm、38.8kgm/1750-2750rpm)

・320dエフィシェントダイナミクス
2リッター直4直噴ディーゼルターボ(163ps/4000rpm、38.8kgm/1750-2750rpm)

・アクティブハイブリッド3(2012年秋予定)
3リッター直6直噴ターボ(306ps)+モーター(54ps)=システム総出力(340ps、45.9kgm)

 
独BMW、新型「3シリーズ」の概要を発表の画像
 
独BMW、新型「3シリーズ」の概要を発表の画像
 
独BMW、新型「3シリーズ」の概要を発表の画像

ガソリン車はバルブトロニック+ツインスクロールターボ、ディーゼル車はコモンレール+可変ジオメトリーターボの最新ユニット。「328i」(MT)の場合、0-100km/h加速は5.9秒と従来の3リッター直6を積んだ「330i」を0.2秒上回るにもかかわらず、CO2排出量は149g/kmと従来の「325i」から19gも低減することに成功している。変速機は6段MTのほかに、6段から8段へとふたつ段数の増えたトルコン式ATを設定。8段ATは6段MTよりも燃費性能が上回る優れものだ。

プラットフォームは先代譲り。フロントのダブルジョイントストラット、リアの5リンク式マルチリンクのサスペンションもリセッティングはされているものの、形式自体は同一だ。スチール製のモノコックボディーの重量配分が前50:後50となるのはBMWの法則どおり。重量も40kg軽くなっている。

ステアリングは電動パワステを継承。従来どおり可変レシオのアクティブステアリングも選べる。タイヤはランフラットが標準だが、パンク修理材を備えた標準仕様も選べるのはランフラットになじめないユーザーには朗報だ。なお、2012年夏以降に4WDの「xDrive」が追加されることもアナウンスされた。エアロパーツとスポーツサスペンションを組み合わせた「Mスポーツパッケージ」も2012年夏に登場する。

また、「スポーツ」「ラグジュアリー」「モダン」の3種類からエクステリアとインテリアの装飾が選べ、「ECO PROモード」「コンフォート」「スポーツ」「スポーツ+」の4つの走行モードが備わるECO PROモード付きドライビング・パフォーマンス・コントロールといった新型「1シリーズ」譲りの新機軸も設定されている。

「ワールドプレミアは東京で!」と期待したいところだが、残念ながら年明け早々のデトロイトショーでのお披露目が濃厚だ。

(文=新井一樹)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

3シリーズ セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(前編) 2017.3.23 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは新型「BMW 540i」。全方位的進化を遂げた“駆けぬける歓び”を、谷口はどう評価するのだろうか?
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(後編) 2017.3.30 mobileCG レーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 前回に引き続き、今回も「BMW 540i」に試乗する。新しい直列6気筒エンジンを搭載する「5シリーズ」の真打ちは、どんなドライバーにお薦めか。谷口視点で分析する!
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
ホームへ戻る