第136回:音痴の金持ち女が観客3000人の前でコンサート!?
『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』

2016.11.30 エッセイ

落語『寝床』のオペラ版

義太夫が大好きな商家の旦那が、長屋の店子(たなこ)たちを集めて披露の会を催す。準備万端整ってもなぜか客が1人も来ないので、番頭を使いに出した。豆腐屋はがんもどきの大量発注があり、ちょうちん屋も急な請負仕事で徹夜になる。小間物屋はおかみさんが臨月。金物屋は無尽の親になった初日。鳶(とび)の頭はもめごとの仲裁。みんなあれこれ言い訳を並べて断りを入れてきた。旦那の義太夫は素人の横好きで聞けたものではないからである。誰も来ないことを知った旦那は、激怒して店立てを言い渡す――。

おなじみの古典落語『寝床』である。明治から大正期にかけて素人浄瑠璃が大はやりし、落語に描かれたような話は実際によくあったらしい。下手くそな語りを聞かされるほうはいい迷惑だが、世話になっているから断れないのだ。『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』は、ニューヨークを舞台にしたオペラ版の『寝床』である。

主人公のフローレンス・フォスター・ジェンキンスは、1868年に生まれた実在の人物。裕福な家庭に育ち、莫大(ばくだい)な財産を相続した。幼い頃から音楽好きだった彼女は、私財を投じてヴェルディ・クラブという音楽サロンを創設する。

若く貧しい音楽家たちにとってはありがたい存在となったが、彼女が出たがりなのが悩みのタネだった。オペラをもとにした寸劇に自らミューズ役として出演したりするのはまだ許容範囲。困るのは自ら歌おうとすることである。彼女には音楽的才能がかけらほどもなかったのだ。

© 2016 Pathé Productions Limited. All Rights Reserved.
 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。