「谷口信輝の新車試乗」――BMW i8(前編)

2016.12.01 mobileCG
 
「谷口信輝の新車試乗」――BMW i8(前編)の画像

SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回はBMWのプラグインハイブリッド・スポーツカー「i8」に試乗する。BMWが示した「スーパースポーツカーの未来形」は、谷口の目にどのように映っているのだろうか。

 
「谷口信輝の新車試乗」――BMW i8(前編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――BMW i8(前編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――BMW i8(前編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――BMW i8(前編)の画像

すべてクルマがコントロールしてくれる

箱根でBMW i8の試乗を終えた谷口信輝は、開口一番、こう語った。
「僕は意外といいと思いましたよ」

こうやって文字にすれば素直に褒めているようにも思えるが、実際にその場にいあわせた私には「普段はキレ味のいい谷口にしては珍しく、奥歯にモノが挟まった言い方だなあ」と感じられた。だからといって谷口がウソをついているとはもちろん思えない。ただし、“いい”という結論にたどり着くためには普通のクルマよりもいくぶん複雑な過程をたどらなければいけないために、結果として奥歯にモノが挟まったかのような言い方になってしまった……。私にはそんなふうに思えた。

では、その「複雑な過程」とはどのようなものなのか。ここからは谷口自身に解説してもらおう。

「最初に乗り始めたときは、例えばパワーステアリングがちょっと軽めでフロントの接地感が薄めに思えたり、若干腰高な感じがして、それが微妙な不安感に結びついていたりしたんですよ。ただね、徐々にペースを上げていくと、これが意外となにも起こらない。いや、正直に言うと、かなり思いっきり攻めたんですよ。そうすると、フロントのほうがキャパシティー的に不足しているのか、タイヤがアウトに逃げそうになるんですが、ここで電子デバイスがうまーく介入してきて、ちゃーんとアンダーステアを消してくれる。ドライバーは特別なことをしなくてもすんなり曲がっていく。ちゃんと制御してくれるんですよ」

ペースを上げたときにただ制御が介入するだけだったら、きっと面白くともなんともなかったはず。それでも谷口はi8をきちんと評価していた。(続く)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹/編集=竹下元太郎)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW i8(4WD/6AT)【試乗記】 2015.4.9 試乗記 BMWが次世代のスポーツカーとして世に送る、プラグインハイブリッド車「i8」。実際、どんなドライブフィーリングが得られるのか? 高速道路からワインディングロードまで、さまざまな道で試してみた。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW i8(後編) 2016.12.8 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceなどで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き、「BMW i8」がテーマ。未来派スーパースポーツカーを5点満点で採点するなら、さて何点?
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.6.14 試乗記 可変空力システムの導入、フォージドコンポジットによる軽量化、そして5.2リッターV10ユニットの強化――。ランボルギーニ・ウラカンの新たな高性能モデル「ペルフォルマンテ」の実力を、イタリアのイモラ・サーキットで解き放った。
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
ホームへ戻る