「谷口信輝の新車試乗」――BMW i8(後編)

2016.12.08 mobileCG
 
「谷口信輝の新車試乗」――BMW i8(後編)の画像

SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き、BMWのプラグインハイブリッド・スポーツカー「i8」がテーマ。ユニークな外観をどう評価する? そしてi8はどんなタイプのドライバーに薦めたい? BMWが示す「スーパースポーツカーの未来形」を、歯に衣(きぬ)を着せぬ“谷口節”で解説する!

 
「谷口信輝の新車試乗」――BMW i8(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――BMW i8(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――BMW i8(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――BMW i8(後編)の画像

あらためて見ると“遠目美人”!?

今回の取材に先立ち、谷口はBMW専門ショップとして名高いStudieの鈴木康昭社長が所有するスペシャルi8に試乗する機会を得ていたようだ。
「いやあ、格好(かっこ)いいんですよ、鈴木さんのi8は……」
切れ味のいい谷口の語り口がようやく戻ってきた。
「まず、ACシュニッツァーのエアロパーツがバリバリに付いているんです。ホイールもACシュニッツアーだし、車高も落としてあるし。i8って、こんなに格好よくなるんだって驚いたくらいです」

ところがノーマル状態のi8には異なる印象を持っているらしい。
「いや、ノーマルもデビューした当時は格好いいと思っていたんですよ。でも、最近は見慣れたからなのか、いろいろなライバルが登場したからなのか、そのオーラみたいなものをいまひとつ感じにくくなっていたんです。で、今日あらためてi8を間近に眺めてみましたが、意外にも、まー、ブチャイクですね(笑)。いやいや、全然悪い意味じゃないんですよ。でも、遠くから見たらモデルさんみたいに完璧なプロポーションで、すっごい美人だろうなと期待していたのに、近くで見たらそうでもなかったーっていう、軽い落胆みたいな感じなんですよね」

その後も「ひとつひとつのパーツは美人なんですが、目と鼻と口と輪郭を別々の美人から持ち寄ってきたみたいで、結果としてブチャイク」など、谷口のデザイン評価(?)は止まらなかったのだが、非常に危険な領域に迫ってきたので、そろそろ話題をインテリアに切り替えることにしよう。(続く)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹/編集=竹下元太郎)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

関連キーワード:
i8BMW

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW i8(4WD/6AT)【試乗記】 2015.4.9 試乗記 BMWが次世代のスポーツカーとして世に送る、プラグインハイブリッド車「i8」。実際、どんなドライブフィーリングが得られるのか? 高速道路からワインディングロードまで、さまざまな道で試してみた。
  • ポルシェ・パナメーラ(FR/8AT)【試乗記】 2017.9.14 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のベーシックモデルに試乗。とかくパワーとスピードで語られがちな高性能サルーンの世界ではあるが、“素”のパナメーラを見くびってはいけない! そこには他のグレードでは味わえない、独自のバランスがあったからだ。
  • トヨタ・カムリG“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.9.15 試乗記 長年にわたって代を重ねてきた、トヨタのFFセダン「カムリ」。「前例のない変革」を掲げて開発された新型は、どんなクルマに仕上がったのか。最上級グレード「G“レザーパッケージ”」に試乗して確かめた。
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2017.9.1 試乗記 1969年の誕生以来、6代にわたり歴史を積み重ねてきた日産伝統のスポーツカー「フェアレディZ」。デビューから間もなく9年を迎える現行モデルの実力を、高性能バージョンである「NISMO」の試乗を通して確かめた。
  • 第58回:ACCの麻薬的快楽 2017.9.12 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第58回は「ACCの麻薬的快楽」。「BMW 320d」の購入で、自家用車としては人生初となるACC体験に胸躍らせる筆者。アウトバーンで鍛えられた追従機能の実力とは? “エリート特急”のお手並み拝見! 
ホームへ戻る