「谷口信輝の新車試乗」――BMW i8(後編)

2016.12.08 mobileCG

SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き、BMWのプラグインハイブリッド・スポーツカー「i8」がテーマ。ユニークな外観をどう評価する? そしてi8はどんなタイプのドライバーに薦めたい? BMWが示す「スーパースポーツカーの未来形」を、歯に衣(きぬ)を着せぬ“谷口節”で解説する!

あらためて見ると“遠目美人”!?

今回の取材に先立ち、谷口はBMW専門ショップとして名高いStudieの鈴木康昭社長が所有するスペシャルi8に試乗する機会を得ていたようだ。
「いやあ、格好(かっこ)いいんですよ、鈴木さんのi8は……」
切れ味のいい谷口の語り口がようやく戻ってきた。
「まず、ACシュニッツァーのエアロパーツがバリバリに付いているんです。ホイールもACシュニッツアーだし、車高も落としてあるし。i8って、こんなに格好よくなるんだって驚いたくらいです」

ところがノーマル状態のi8には異なる印象を持っているらしい。
「いや、ノーマルもデビューした当時は格好いいと思っていたんですよ。でも、最近は見慣れたからなのか、いろいろなライバルが登場したからなのか、そのオーラみたいなものをいまひとつ感じにくくなっていたんです。で、今日あらためてi8を間近に眺めてみましたが、意外にも、まー、ブチャイクですね(笑)。いやいや、全然悪い意味じゃないんですよ。でも、遠くから見たらモデルさんみたいに完璧なプロポーションで、すっごい美人だろうなと期待していたのに、近くで見たらそうでもなかったーっていう、軽い落胆みたいな感じなんですよね」

その後も「ひとつひとつのパーツは美人なんですが、目と鼻と口と輪郭を別々の美人から持ち寄ってきたみたいで、結果としてブチャイク」など、谷口のデザイン評価(?)は止まらなかったのだが、非常に危険な領域に迫ってきたので、そろそろ話題をインテリアに切り替えることにしよう。(続く)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹/編集=竹下元太郎)

この記事は会員限定公開です。モバイル版webCGにてプレミアム会員(有料)に登録すると、続きをお読みいただけます。

【アクセス方法】

◇スマートフォンサイト◇

ブラウザのURL欄に「https://www.webcg.net」と入力するか、左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

【初月無料キャンペーン実施中!】
クレジットカードでの初回登録に限り、ご契約いただいた日からその月の末日まで、無料でご利用いただけます。
»詳しくはこちら

◇ケータイサイト◇

左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

関連キーワード:
i8BMW

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW i8ロードスター(4WD/6AT)【海外試乗記】 2018.5.21 試乗記 次世代のモビリティーを提案するプラグインハイブリッド車であり、BMWのスポーツカーのなかでも最も高額なモデルである「BMW i8」。マイナーチェンジとともに追加されたオープントップの「ロードスター」に、風光明媚なスペイン・マヨルカ島で試乗した。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • 第1回:検証“2リッター・カマロ”の魅力と実力 2018.6.29 シボレー・カマロに宿るモダンアメリカンの魅力<PR> 50年を超える歴史を持つ、アメリカを代表するスペシャリティーカー「シボレー・カマロ」。その魅力を探るべく、2リッターの高出力ターボエンジンを積んだコンバーチブルでツーリングを実施。今どきのアメリカ車だけに許された、豊かな味わいに触れた。
  • モーガン4/4(FR/5MT)【試乗記】 2018.6.28 試乗記 1936年に誕生して以来、基本的な設計を変えずに現在も作り続けられている「モーガン4/4(フォーフォー)」。今なお職人の手作業によって製作される英国のスポーツカーには、80年前のクルマの息遣いが確かに宿っていた。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る