メルセデス、新型「Eクラス ステーションワゴン」を発売

2016.11.30 自動車ニュース
新型「メルセデス・ベンツEクラス ステーションワゴン」
新型「メルセデス・ベンツEクラス ステーションワゴン」

メルセデス・ベンツ日本は2016年11月29日、新型「Eクラス ステーションワゴン」を発表し、同日発売した。

ボディーの後部のデザインに「曲線美」を取り入れた。
ボディーの後部のデザインに「曲線美」を取り入れた。
荷室容量は640~1820リッター。
荷室容量は640~1820リッター。
上級モデル譲りの上質なインテリアを持つのも自慢。
上級モデル譲りの上質なインテリアを持つのも自慢。
エンジンバリエーションはガソリンが計4種類で、ディーゼルが1種類(写真は「E400」に搭載される3.5リッターV6ガソリンターボ)。
エンジンバリエーションはガソリンが計4種類で、ディーゼルが1種類(写真は「E400」に搭載される3.5リッターV6ガソリンターボ)。

高い実用性に加え、セダン同様の安全性と快適性を実現

新型Eクラス ステーションワゴンは、ワゴンならではの高い実用性を備えながら、セダンと同様の安全性と快適性を実現しているのが特徴。また、メルセデス・ベンツの最新デザイントレンドにならってボディーの後部に「曲線美」を取り入れたほか、上級モデル譲りの上質なインテリアを持つのも自慢だ。

荷室の容量は640リッターで、最大で1820リッターまで拡大できる。リアバンパーの下側に足を近づけるとセンサーが感知して、手を使わずにテールゲートを開閉できる「フットトランクオープナー」が全モデルで標準装備となる。

また、リアサスペンションには電子制御セルフレベリング機能付きエアサスペンションが装着される(一部モデルを除く)。乗車人数や荷物の積載量にかかわらず一定の車高を維持し、快適な乗り心地と優れた運動性能を発揮するようになっている。

乗員エリアと荷室がつながっていることに起因する、走行時におけるワゴン特有の騒音や振動にも対策を施している。騒音に対しては、ボディー各部(バルクヘッド、サイドウォール、フロア、後席下部、ホイールアーチなど)に遮音材を多数配置して静粛性を高めた。振動に対しては、ボディー後部を専用設計とし、底面を補強して剛性を高めて振動の発生を抑えた。

安全装備についてはEクラスセダンに劣らぬ内容を備えており、安全運転支援システム「ドライブパイロット」が全モデルに標準で装着される。

エンジングレードはガソリンが「E200」「E250」(ともに2リッター直4ターボ)、「E400」(3.5リッターV6ターボ)、「E43」(3リッターV6ターボ)の4種類、ディーゼルが「E220d」(2リッター直4ターボ)の1種類。トランスミッションはすべて9段ATとなる。

車両本体価格は712万円(E200ステーションワゴン アバンギャルド)から1186万円(E43 4MATICステーションワゴン)まで。

(webCG)

→新型「Eクラス ステーションワゴン」発表会の画像はこちら。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Eクラス ステーションワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツGLS350d 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.3.3 試乗記 全長5.1m、車重2.6tの堂々たるボディーが自慢の「メルセデス・ベンツGLS」。その中から3リッターV6ディーゼルターボを搭載する「GLS350d 4MATICスポーツ」に試乗。このモデルでしか味わえない“常識はずれ”の魅力に触れた。
  • 第34回 ディーゼルLOVE(後編) 2017.3.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第34回は「ディーゼルLOVE(後編)」。カーマニアにとってディーゼル車の魅力とは? 前回に引き続き、ディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏をゲストに迎えての対談の様子をお届けする。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
ホームへ戻る