スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)

これぞSTIの走り 2016.12.06 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。

レース以外のSTIの“顔”

「なぜ、STIがポップでカジュアルなクルマを?」
古くからのスバルファンからはそんな訝(いぶか)しげな声が聞かれそうなほど、XVハイブリッドtSにはSTIのコンプリートカーとしては従来の路線から逸脱した印象を受ける。

しかし、STIは29年前の創設以来、スバルのモータースポーツ活動だけを担う戦闘集団のような存在であったわけではなく、スバルブランドの魅力を底上げする役目も担わされてきたことを忘れてはいけない。そんなSTIが、XVハイブリッドの持ち味を最大限に引き出す方向に力を入れて開発した結果、カジュアルさとポップさがさらに強調され、かつスポーツ性も際立つマシンとなったのである。

デザインのポイントは「内に秘めたる熱い思い」とされ、XVのイメージカラーのひとつでもあり、また人間の精神を高揚させる効果のあるオレンジ(XV純正ボディーカラーのタンジェリンオレンジよりも明るさを増した専用色)の使い方にある。ベタ塗り的に配置するのではなく、要所要所に散らすことで逆に際立たせることを狙ったという。

もちろん、シャシーにはSTIならではの乗り味を実現するためのエッセンスが注入されている。おなじみのフレキシブル系の補強パーツが装着されており、ステアリングギアボックスのクランプスティフナーも専用の強化品となっている。そして、今回のチューニングの肝はダンパー。減衰力の立ち上がり方を適正化し、微振動の低減を図ったことで、操安性だけでなく静粛性の向上にも寄与している。走らせてみると、操舵してからヨーが発生するまでのタイムラグが、体感的にはほぼゼロになっているかのような鋭敏さが実感できた。

「これぞSTIの走りだ!」と思わずニンマリさせられるが、計測データとしては、ベース車比でわずか0.02秒の短縮にすぎないという。しかし、人間の感覚を通すとこれだけでも別物感を覚えることに驚かされる。また、操舵時にフロントタイヤが動きだすよりも先に、リアタイヤの横グリップが立ち上がるかのように、グッと踏ん張った感触が伝わるところも、最近のSTIコンプリートカーの文法通り。これはフィジカルなスポーツで、アスリートが軸足で踏ん張りながらパワーを発揮させる動きそのもので、リアを中心としてフロントが回り込んでいくような感覚に陶酔できた。最小限の操舵量で最大限の動きを得られるSUVは稀有(けう)な存在といえる。また、タイヤの接地荷重が常に安定しているのもポイントで、荒れた路面の上や大きなうねりを通過しても急激な変化が起こらず、ただひたすらコーナリングが気持ち良かった。

開発をまとめたSTIの高津益夫氏は、2016年3月まで富士重工業で「スバルWRX」やXVなどの、いわゆる“インプレッサ系モデル”全般をまとめる立場にあった人物。ベースのXVハイブリッドを誰よりも熟知していたことも自然な仕上がりにつながったのではないだろうか。先般のXVのマイナーチェンジでは、WRX用のリアのクロスメンバーを採用するという大胆なシャシーの補強を実施したが、今にして思えば、それはSTIコンプリートカー作りへの第一歩だったようにも思える。

専用の内外装パーツに、STIチューンのシャシーが加わって約46万円高という価格は、コンプリートカーとしてはお値打ちといっていい。また、冒頭に挙げたようなXVハイブリッドtSに否定的な人も、ステアリングを握れば必ずや納得していただけることと思う。

(文=マリオ高野/写真=向後一宏/編集=藤沢 勝)

【スペック】
スバルXVハイブリッドtS
全長×全幅×全高=4485×1780×1550mm/ホイールベース=2640mm/車重=1530kg/駆動方式=4WD/エンジン=2リッター水平対向4 DOHC 16バルブ(150ps/6000rpm、20.0kgm/4200rpm)/モーター=交流同期電動機(13.6ps、6.6kgm)/トランスミッション=CVT/燃費=--km/リッター(JC08モード)/価格=332万6400円

「スバルXVハイブリッドtS」の開発コンセプトは「Enjoy Driving Hybrid」。「誰がどこで乗っても気持ちがよく、運転が上手くなるクルマ」を目指して開発された。
「スバルXVハイブリッドtS」の開発コンセプトは「Enjoy Driving Hybrid」。「誰がどこで乗っても気持ちがよく、運転が上手くなるクルマ」を目指して開発された。
室内にはオレンジのアクセントが各所に施される。シートは富士重工業の生産ラインで最初から組み込むことで、生産コストが省けたという。
室内にはオレンジのアクセントが各所に施される。シートは富士重工業の生産ラインで最初から組み込むことで、生産コストが省けたという。
STIは“汗臭い”というイメージを抱かれやすいため、「XVハイブリッドtS」ではあえてコーポレートカラーの「チェリーピンク」を避け、カジュアルなオレンジを強調したという。
STIは“汗臭い”というイメージを抱かれやすいため、「XVハイブリッドtS」ではあえてコーポレートカラーの「チェリーピンク」を避け、カジュアルなオレンジを強調したという。
運転支援システム「アイサイト(ver.2)」を搭載する。プリクラッシュブレーキや、全車速追従機能付きクルーズコントロールなどが備わる。
運転支援システム「アイサイト(ver.2)」を搭載する。プリクラッシュブレーキや、全車速追従機能付きクルーズコントロールなどが備わる。
試乗車はオプションのSTIスポーツマフラーを装備していた。ハイブリッドモデルとは思えないほどのエキゾーストサウンドを奏でる。
試乗車はオプションのSTIスポーツマフラーを装備していた。ハイブリッドモデルとは思えないほどのエキゾーストサウンドを奏でる。
スバルXVハイブリッドtS
スバルXVハイブリッドtS
関連記事
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.20 試乗記 クロスオーバーモデルの「スバルXVハイブリッド」をベースに、STIが独自の改良を施したコンプリートカー「XVハイブリッドtS」。ちょいワル&ポップなスタイリングとSTIならではのチューニングが織り成す魅力をリポートする。
  • スバルXVハイブリッド 2.0i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.12.14 試乗記 足まわりの改良、燃費の改善、安全装備や運転支援システムの強化と、2012年のデビュー以来、度重なる改良を通して進化を遂げてきた「スバルXV」。ハイブリッドシステムを搭載した上級グレードの試乗を通し、今日におけるその実力を測った。
  • スバルXVハイブリッド 2.0i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2013.8.29 試乗記 スバル独自のハイブリッドシステムを搭載した「XVハイブリッド」。「燃費がイイ」だけでは決して満足しないファンの期待に、スバル初のHVはどう応えたのか?
  • クロスオーバー「スバルXV」の新型がデビュー 2017.4.6 自動車ニュース スバルは2017年4月6日、クロスオーバーモデル「XV」の新型を発表した。同年5月24日に発売する。価格は「XV 1.6i EyeSight」の213万8400円から、「XV 2.0i-S EyeSight」の267万8400円まで。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • フォルクスワーゲンが「up!」をマイナーチェンジ 2017.4.27 自動車ニュース フォルクスワーゲンがコンパクトカー「up!」をマイナーチェンジ。注目は新設定の純正インフォテインメントシステム「Composition Phone」で、スマートフォンとの連携により、ルート案内や音楽再生などの機能を簡単に使うことができるという。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
ホームへ戻る