チェック柄シートが特徴の「フィアット500スカッコ」発売

2016.12.02 自動車ニュース
「フィアット500スカッコ」
「フィアット500スカッコ」拡大

FCAジャパンは、200台限定の特別仕様車「フィアット500 Scacco(スカッコ)」を、2016年12月3日に発売する。

「500スカッコ」のリアビュー。写真は、ボディーカラーが「コーラル レッド」のもの。
「500スカッコ」のリアビュー。写真は、ボディーカラーが「コーラル レッド」のもの。拡大
アイボリー×コーラル レッドのチェックシート。
アイボリー×コーラル レッドのチェックシート。拡大
こちらはブラックのチェックシート。ボディーカラーがボサノバ ホワイトのモデルに組み合わされる。
こちらはブラックのチェックシート。ボディーカラーがボサノバ ホワイトのモデルに組み合わされる。拡大

今回のフィアット500スカッコは、通常は設定されていない「フィアット500 1.2ラウンジ」がベースの限定車。イタリア語で「チェック柄」を意味する車名(スカッコ)の通り、専用のチェックシートが備わる。米国ビーツ・エレクトロニクス社の「BeatsAudioプレミアムサウンドシステム」もセリングポイントのひとつ。

エクステリアは、専用の15インチアルミホイールでドレスアップ。ボディーカラーは「ボサノバ ホワイト」と「コーラル レッド」の2色が用意され、ボサノバ ホワイトのモデルにはブラックのチェックシートが、コーラル レッドのモデルにはアイボリー×コーラル レッドのチェックシートが組み合わされる。

価格は235万4400円。各色100台ずつ、計200台限定で販売される。

(webCG)

関連キーワード:
500フィアットアバルト自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • フィアット・パンダ Easy(FF/5AT)【試乗記】 2013.7.1 試乗記 3世代目に進化した、フィアットのコンパクトカー「パンダ」。新たなデザイン、そして新たなメカニズムは、ドライバーにどんな喜びをもたらすのか?
  • “地球”をイメージした特別なパンダ4×4登場 2015.12.2 自動車ニュース FCAジャパンは特別仕様車「フィアット・パンダ4x4テッラ」を2015年12月12日に80台限定で発売すると発表した。今回の限定モデルの特徴は外装色にあり、「スイートキャンディーベージュ」と「ヴェネチアンブルー」という、2色のアースカラーが設定されている。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 フォルクスワーゲンのコンパクトハッチバック「ポロ」の新型が、いよいよ日本に上陸。世界で累計1400万台以上、日本に限っても25万台以上のセールスを記録する、ベストセラーモデルの出来栄えをチェックした。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
ホームへ戻る