5段MTを搭載した「フィアット500S」発売

2016.12.06 自動車ニュース
「フィアット500S」
「フィアット500S」

FCAジャパンは、「フィアット500」のマニュアルトランスミッション搭載モデル「500S」を、2016年12月10日に発売する。150台の限定販売となる。

専用シートには「500S」のステッチが施されている。
専用シートには「500S」のステッチが施されている。

フィアット500Sは、2016年1月に実施されたフィアット500のマイナーチェンジを境にカタログ落ちしていたが、今回限定車としての再導入が発表された。搭載されるエンジンは85psと14.8kgmを発生する0.9リッター直2ターボの「ツインエア」で、5段MTが組み合わされる。また、前後バンパーやアロイホイール、シートなどには専用デザインのものが採用されている。価格は234万3600円。

ボディーカラーごとの販売台数は以下の通り。

・ボサノバ ホワイト(80台)
・グルーブメタル グレー(60台)
・ブルー イタリー(10台)

(webCG)

 

関連キーワード:
500フィアット自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • フィアット500S(FF/5MT)【試乗記】 2015.6.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。
  • フィアット・パンダ Easy(FF/5AT)【試乗記】 2013.7.1 試乗記 3世代目に進化した、フィアットのコンパクトカー「パンダ」。新たなデザイン、そして新たなメカニズムは、ドライバーにどんな喜びをもたらすのか?
  • 「フィアット・パンダ」の内装が新デザインに 2017.1.12 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット・パンダ」をマイナーチェンジ。ダッシュボードを黒のモノトーンとしたほか、フラットボトムタイプのステアリングホイールを採用するなどの改良を実施した。価格はこれまで同じ213万8400円。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
ホームへ戻る