クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)

楽しく走れるスバル 2016.12.09 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。

違いのわかる乗り心地

新型インプレッサに初めて乗ったのは、夜だった。webCG編集部から走りだしたのは、インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSightの4WD(259万2000円)。ハッチバックシリーズの最上級モデルである。
新プラットフォームの採用で、少しボディーが大きくなったせいか、右肩というか右腕というか、ドア側のいわゆるショルダールームが広くなったような気がする。

ナイトドライブで一番印象的だったのは、運転席まわりにあるスイッチ類の多さである。ドアパネルとダッシュボードとハンドルで自発光するスイッチを数えたら、全部で33個もあった。多すぎるだろ! と思ったが、責任の一端を担っているのは、全車に標準装備されたアイサイト(Ver.3)をはじめとする運転支援装置のスイッチ類である。ということを考えれば、オレンジ色の夜光虫に囲まれているような居住まいも、最新インプレッサの特徴と言えるかもしれない。

“走り”は、気持ちいい。まず乗り心地が上質だ。長年乗った「レガシィ」から「レヴォーグ」に買い替えた学生時代の友人が、「乗り心地が硬くてかなわん」と言っていた。乗せてやろうかと思ったが、名古屋に住んでいるので無理だった。
シートもいい。体を軽く乗せてくれる感じで、実際、長時間座っていても至極快適だった。ただし、このレザーシートは「ブラックレザーセレクション」(10万8000円)に含まれるオプションである。

今回試乗した新型「インプレッサ」の2リッターモデルは、2016年10月25日に発売された。写真のハッチバック「インプレッサスポーツ」のほかに、セダン「インプレッサG4」がラインナップされる。
今回試乗した新型「インプレッサ」の2リッターモデルは、2016年10月25日に発売された。写真のハッチバック「インプレッサスポーツ」のほかに、セダン「インプレッサG4」がラインナップされる。拡大
インテリアの様子。インストゥルメントパネルにステッチを施し、ところどころに金属調パーツをあしらうなど、質感の向上が図られた。
インテリアの様子。インストゥルメントパネルにステッチを施し、ところどころに金属調パーツをあしらうなど、質感の向上が図られた。拡大
メーターは2眼タイプ。中央には、カラー表示の4.2インチマルチインフォメーションディスプレイが備わる。
メーターは2眼タイプ。中央には、カラー表示の4.2インチマルチインフォメーションディスプレイが備わる。拡大
オプションの「ブラックレザーセレクション」を選択したテスト車の本革シート。標準の表皮はファブリックとトリコットのコンビになる。
オプションの「ブラックレザーセレクション」を選択したテスト車の本革シート。標準の表皮はファブリックとトリコットのコンビになる。拡大

プレミアムになった足まわり

5代目になる新型インプレッサのうたい文句は「動的質感と静的質感の向上」である。要は、走りも、見た目もつくりも、さらに磨きをかけた、ということらしい。

2リッターモデルのエンジンは直噴水平対向4気筒のFB20型をブラッシュアップしたもの。パワーは4ps増しの154ps。20.0kgmのトルクは変わらないが、低回転から十分以上に力強い。
最新のスバルフラット4は、ビートも排気音もすっかり直列4気筒並みだが、かといって、直列4気筒とまったく同じかというと、そうではない。特に回転を上げていくときのエンジンの息づかいには、血の通った水平対向らしさが、かすかだが残っている。モーターのようにスムーズな(そして、えてしてつまらない)直4とは違うのである。

動的質感の向上を一番実感させるのは、足まわりだ。ひとことで言うと、旧型よりプレミアムになった。サスペンションのストローク感が増し、しなやかで、フトコロが深い。18インチの切削ホイールに225のヨンマルというスポーティーなタイヤを履くのに、ゴツゴツした硬さは伝えない。乗り心地は日本車のベスト・イン・クラスではないかと思う。

「インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight」には、コーナリング性能を向上させる「アクティブ・トルク・ベクタリング」が備わる。ステアリングのギア比は、従来の14.5:1よりもクイックな13:1へと変更された。
「インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight」には、コーナリング性能を向上させる「アクティブ・トルク・ベクタリング」が備わる。ステアリングのギア比は、従来の14.5:1よりもクイックな13:1へと変更された。拡大
80%のパーツを見直し、従来比で約12kgの軽量化が図られた2リッター水平対向4気筒エンジン。振動や騒音も、より軽減された。
80%のパーツを見直し、従来比で約12kgの軽量化が図られた2リッター水平対向4気筒エンジン。振動や騒音も、より軽減された。拡大
「インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight」には、切削光輝加工を施した18インチアルミホイールが与えられる。ブレーキは、新開発のキャリパーが組み合わされている。
「インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight」には、切削光輝加工を施した18インチアルミホイールが与えられる。ブレーキは、新開発のキャリパーが組み合わされている。拡大

使える運転支援システム

車載カメラで速度標識を読み取り、計器盤のなかに小さな速度標識マークを表示するという機能は、まず欧州車が始めて、最近では日本車でも珍しくなくなった。

この新型インプレッサでは、カーナビのディスプレイに「制限速度○○km」という文字情報が大きく出るようになった。「止まれ」の標識を見つけると、40m手前から10mごとにカウントダウンしてくれる。それが役に立つか、立たないかはともかく、こうした機能は、完全自動運転へ向けて、クルマがここまできてますよということを示す、自動車メーカーの“プレゼン”である。

バックしようとRに入れたら、計器盤に「後退速度リミッター」という文字が出た。アイサイトのVer.3から備わる安全策で、後退速度の上限を10~20km/hまで5km/h刻みの3段階で任意に設定できる。リミッターに当たっても、そこからさらに強くアクセルを踏み込めば、乗り越えられる。
最新型アイサイトに組み込まれる全車速追従機能付きクルーズコントロールは、なかなか見事である。町なかで例えば60km/hに設定し、前走車をロックオンすると、加減速と停止は任せられる。

自動発進はしない。前のクルマがスタートしたのに、こっちが止まったままでいると、「先行車発進お知らせ機能」が働き、電子音が小さく鳴って、それを示すイラストが出る。わかってるなら追っかけてくれよと思うが、スバルはまだ完全自動発進をさせない慎重派で、スタート時にはアクセルをわずかでも踏むか、あるいはレジュームボタンを押すか、いずれにしてもドライバーの“入力”がいる。発進加速もドイツ車のシステムほど俊敏ではない。だが、スピードが乗ってからの追従はうまい。車間距離を最短に設定しておくと、ブレーキングポイントは筆者より奥で、制動Gもグイーッと強い。

新型「インプレッサ」では、道路標識の内容がカーナビの画面に大きく示される。写真の「パナソニックビルトインナビ」は、23万4360円の販売店オプション。
新型「インプレッサ」では、道路標識の内容がカーナビの画面に大きく示される。写真の「パナソニックビルトインナビ」は、23万4360円の販売店オプション。拡大
「後退速度リミッター」の設定画面。バック走行時のスピードをあらかじめ決められる。
「後退速度リミッター」の設定画面。バック走行時のスピードをあらかじめ決められる。拡大
ステアリングホイールのスポーク部には、マルチファンクションディスプレイやクルーズコントロール機能の操作スイッチが並ぶ。
ステアリングホイールのスポーク部には、マルチファンクションディスプレイやクルーズコントロール機能の操作スイッチが並ぶ。拡大
前席の構造を改めることにより、後席(写真)の乗員の足元スペースは拡大している。
前席の構造を改めることにより、後席(写真)の乗員の足元スペースは拡大している。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

スバルらしさは健在

約400kmを走って、燃費(満タン法)は10.0km/リッターだった。
今回の撮影には、たまたま「ポルシェ718ケイマン」(MT車)が同行した。たまたまとはいえ、新型ケイマンも2リッター水平対向4気筒である。ターボ付きでインプレッサの倍近い300psを出しているが、燃費は9.5km/リッターとインプレッサと比べて遜色なかった。完全に同道したわけではなく、むしろケイマンのほうが燃費には悪い走行パターンだった。そう考えると、いかにフルタイム4WDとはいえ、インプレッサの燃費は「もっとがんばりましょう」である。

だが、走っては旧型を正常進化させたプレミアムコンパクト5ドアである。走行性能やつくりこみのクオリティーで、いまの「フォルクスワーゲン・ゴルフ」をそうとう意識したのではないか。乗っていて、そう感じた。この価格でゴルフの四駆はとても買えない。

いまやスバルのお家芸の運転支援装置満載だが、自分で運転していても、楽しい。国産ハイブリッドよりクルマらしくて楽しいし、スバルテイストも健在だ。個人の鼻の感想ですが、出たてのレヴォーグで気になったトヨタ車のニオイ(車内臭)もしない。スバリストの期待を裏切ることはないはずだ。

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=田村 弥/編集=関 顕也)

ダッシュボードの中央には、6.3インチのマルチファンクションディスプレイを搭載。運転支援システムの作動状況を含む、車両の状態が示される。(写真をクリックすると表示バリエーションが見られます)
ダッシュボードの中央には、6.3インチのマルチファンクションディスプレイを搭載。運転支援システムの作動状況を含む、車両の状態が示される。(写真をクリックすると表示バリエーションが見られます)拡大
荷室の容量は、5人乗車時で385リッター。後席の背もたれを前方に倒すことで、さらに拡大できる。(写真をクリックすると荷室のアレンジが見られます)
荷室の容量は、5人乗車時で385リッター。後席の背もたれを前方に倒すことで、さらに拡大できる。(写真をクリックすると荷室のアレンジが見られます)拡大
国産車で初めて「歩行者保護エアバッグ」が搭載された、新型「インプレッサ」。乗員を保護するエアバッグも7つ、全車に標準装備される。
国産車で初めて「歩行者保護エアバッグ」が搭載された、新型「インプレッサ」。乗員を保護するエアバッグも7つ、全車に標準装備される。拡大

テスト車のデータ

スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4460×1775×1480mm
ホイールベース:2670mm
車重:1400kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター水平対向4 DOHC 16バルブ
トランスミッション:CVT
最高出力:154ps(113kW)/6000rpm
最大トルク:20.0kgm(196Nm)/4000rpm
タイヤ:(前)225/40R18 88W/(後)225/40R18 88W(ヨコハマ・アドバンスポーツV105)
燃費:15.8km/リッター(JC08モード)
価格:275万4000円/テスト車=325万7064円
オプション装備:ブラックレザーセレクション(10万8000円)/アドバンスドセーフティパッケージ(5万4000円) ※以下、販売店オプション フロアマット(3万0240円)/パナソニックビルトインSDナビ(23万4360円)/バックカメラ(1万7280円)/ETC<DSRC>キット(3万2184円)/LEDライナー(2万7000円)

テスト車の年式:2016年型
テスト開始時の走行距離:2429km 
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3)/高速道路(6)/山岳路(1)
テスト距離:398.5km
使用燃料:39.8リッター(レギュラーガソリン)
参考燃費:10.0km/リッター(満タン法)/10.4km/リッター(車載燃費計計測値)

スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight
スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight拡大
トランスミッションは「リニアトロニック」と名付けられたCVTのみ。ギアボックス単体で従来比約7.8kgの軽量化を実現した。
トランスミッションは「リニアトロニック」と名付けられたCVTのみ。ギアボックス単体で従来比約7.8kgの軽量化を実現した。拡大
センターコンソールのトレイ部分には、2つのUSB出力電源が設けられている。
センターコンソールのトレイ部分には、2つのUSB出力電源が設けられている。拡大
リアコンビランプには、急ブレーキをかけた際にハザードランプを高速で点滅させて後続車に注意をうながす「エマージェンシーストップシグナル」が備わる。
リアコンビランプには、急ブレーキをかけた際にハザードランプを高速で点滅させて後続車に注意をうながす「エマージェンシーストップシグナル」が備わる。拡大
あなたにおすすめの記事