スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)

楽しく走れるスバル 2016.12.09 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。

違いのわかる乗り心地

新型インプレッサに初めて乗ったのは、夜だった。webCG編集部から走りだしたのは、インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSightの4WD(259万2000円)。ハッチバックシリーズの最上級モデルである。
新プラットフォームの採用で、少しボディーが大きくなったせいか、右肩というか右腕というか、ドア側のいわゆるショルダールームが広くなったような気がする。

ナイトドライブで一番印象的だったのは、運転席まわりにあるスイッチ類の多さである。ドアパネルとダッシュボードとハンドルで自発光するスイッチを数えたら、全部で33個もあった。多すぎるだろ! と思ったが、責任の一端を担っているのは、全車に標準装備されたアイサイト(Ver.3)をはじめとする運転支援装置のスイッチ類である。ということを考えれば、オレンジ色の夜光虫に囲まれているような居住まいも、最新インプレッサの特徴と言えるかもしれない。

“走り”は、気持ちいい。まず乗り心地が上質だ。長年乗った「レガシィ」から「レヴォーグ」に買い替えた学生時代の友人が、「乗り心地が硬くてかなわん」と言っていた。乗せてやろうかと思ったが、名古屋に住んでいるので無理だった。
シートもいい。体を軽く乗せてくれる感じで、実際、長時間座っていても至極快適だった。ただし、このレザーシートは「ブラックレザーセレクション」(10万8000円)に含まれるオプションである。

今回試乗した新型「インプレッサ」の2リッターモデルは、2016年10月25日に発売された。写真のハッチバック「インプレッサスポーツ」のほかに、セダン「インプレッサG4」がラインナップされる。
今回試乗した新型「インプレッサ」の2リッターモデルは、2016年10月25日に発売された。写真のハッチバック「インプレッサスポーツ」のほかに、セダン「インプレッサG4」がラインナップされる。
インテリアの様子。インストゥルメントパネルにステッチを施し、ところどころに金属調パーツをあしらうなど、質感の向上が図られた。
インテリアの様子。インストゥルメントパネルにステッチを施し、ところどころに金属調パーツをあしらうなど、質感の向上が図られた。
メーターは2眼タイプ。中央には、カラー表示の4.2インチマルチインフォメーションディスプレイが備わる。
メーターは2眼タイプ。中央には、カラー表示の4.2インチマルチインフォメーションディスプレイが備わる。
オプションの「ブラックレザーセレクション」を選択したテスト車の本革シート。標準の表皮はファブリックとトリコットのコンビになる。
オプションの「ブラックレザーセレクション」を選択したテスト車の本革シート。標準の表皮はファブリックとトリコットのコンビになる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサスポーツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • マツダCX-3 XDプロアクティブ(4WD/6MT)【試乗記】 2016.12.14 試乗記 デビュー以来、コンスタントに改良が続けられる「マツダCX-3」。現時点における完成度を確かめるため、最新のディーゼル4WD車に試乗。その“走り”の進化に、足まわりの開発におけるマツダの模索を見た。
  • 【東京オートサロン2017】ホンダ、オートサロンで新型「シビック」を公開 2017.1.15 自動車ニュース 本田技研工業は2017年1月13日、東京オートサロン2017で、2017年夏に日本での発売を予定している新型「シビック」シリーズの3モデルのプロトタイプモデルを日本で初めて公開した。
ホームへ戻る