BMW M240iクーペ(FR/6MT)

足るを知る大人の選択 2016.12.08 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。

M2クーペ登場の陰で

近ごろの「M」はサイズもパワーもご立派すぎて……とお嘆きの貴兄に今年、BMWが放った衝撃の一台といえばM2。価格も車格もE46世代の「M3」を思い起こさせるそれをもって、今、最もピュアなMではないかと期待する向きは多いのではないだろうか。直近では6段MTの追加も発表され、一部の好事家にとっての数少ない不満も解消された。「ポルシェ・ボクスター/ケイマン」や「ジャガーFタイプ」といったコスパの近いライバルに対しても、パワートレインの個性やフル4シーターの実用性など、みるべきところは多い。恐らくはここ日本でもかなりの人気を博することになろうかと思う。

その陰で、すっかり存在感が薄らいでしまったのがM2のベースモデルともいえる「M235i」だ。同じく2ペダルと3ペダルを選ぶことができ、オプションで機械式LSDの選択も可能と、アナログにクルマと対峙(たいじ)したい向きには格好の選択肢だったそれは、M2と比較しても著しい見劣りがあるわけではない。さらにこの9月、M235iはこっそりとエンジンパフォーマンスを高めてM240iへと進化。従来型より14psプラスの340ps、5.2kgmプラスの51.0kgmを保持している。ちなみにM2に比すればパワーこそ30ps劣るが、トルクは逆に3.6kgm太いというのがM240iのありようを象徴する話かもしれない(M2もオーバーブースト作動時には51.0kgmの最大トルクを発生する)。

つまりは何人にも扱いやすく日常でも乗りやすい特性……とはいえ、だ。3リッター直6にして340psのパワーは、思い起こせば「2JZ-GTE」をちょいとイジった「80スープラ」辺りのパフォーマンスと同等である。それが速くなかろうわけがない。個人的にはトップエンドのひと伸びこそ譲るも、M2との動力性能面での決定的な差異は大きく感じることはなかった……と、M240i、そのくらい速いということだ。

「BMW 2シリーズ クーペ」の上級グレードにあたる「M240i」。2リッターターボエンジンが搭載される「220i」に対し、こちらには340psの3リッターターボエンジンが搭載される。
「BMW 2シリーズ クーペ」の上級グレードにあたる「M240i」。2リッターターボエンジンが搭載される「220i」に対し、こちらには340psの3リッターターボエンジンが搭載される。
テスト車には、オプションのダコタレザーのインテリアが用いられていた。
テスト車には、オプションのダコタレザーのインテリアが用いられていた。
「M240i」のシートはファブリックとアルカンターラのコンビタイプが標準。オプションのレザーシートには赤と黒の2種類が用意される。
「M240i」のシートはファブリックとアルカンターラのコンビタイプが標準。オプションのレザーシートには赤と黒の2種類が用意される。
「M240i」は既存の「M235i」の進化版にあたり、2016年9月の改良に伴い、現在の車名に変更された。
「M240i」は既存の「M235i」の進化版にあたり、2016年9月の改良に伴い、現在の車名に変更された。
関連記事
  • BMW M2クーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.6.10 試乗記 最もコンパクトなBMW Mモデルとなる「M2クーペ」に試乗。その引き締まったボディーと、3リッターの直6ターボエンジンが織り成す走りは、われわれがBMWと聞いて期待するスポーティーさにあふれていた。
  • 「水野和敏的視点」 vol.50 「BMW M235i クーペ」 2014.5.23 mobileCG BMWの新しい古典(?)「M235i クーペ」をMr.GT-Rはどう読む?
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • BMW 440iクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.23 試乗記 BMWがスペシャリティーモデル「4シリーズ」のエンジンラインナップを一新。各モデルに、モジュラー設計の新世代パワーユニットを採用した。最もパワフルな3リッター直6ターボが搭載された「440iクーペ」に試乗し、その実力を報告する。
  • BMW M135i(FR/8AT)【試乗記】 2015.8.27 試乗記 3リッター直列6気筒ターボエンジンを搭載する「BMW 1シリーズ」の高性能モデル「M135i」に試乗した。BMW M社の血統を受け継ぐ1シリーズのフラッグシップモデルは、マイナーチェンジを受けてどこまで洗練されたのだろうか?
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • BMWのコンパクトな高性能モデル「M140i/M240iクーペ」発売 2016.9.1 自動車ニュース BMWジャパンは2016年9月1日、M社がチューニングを施した、高性能なコンパクトハッチバック「BMW M140i」およびコンパクトクーペ「BMW M240iクーペ」を発表。同日、販売を開始した。
  • レクサスRC200t“Fスポーツ”(FR/8AT)【試乗記】 2015.12.7 試乗記 レクサスのスポーツクーペ「RC」に、2リッター直4ターボエンジンを搭載する「200t」が登場。価格の面ではRCのエントリーグレードに位置づけられるものの、試乗してみれば、それは驚くほど“スポーツ度”の高いモデルだった。
  • BMW M235i クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2014.5.5 試乗記 車名も新たに、BMWのラインナップに加えられた「2シリーズ クーペ」。その走りは、どれほどのものなのか? 高性能バージョン「M235i」で確かめた。
ホームへ戻る