第384回:大矢アキオ&清水草一
イタリアを愛する2人が、知られざるイタリア事情について語り合う
「アモーレ! イタリア」(前編)

2016.12.10 エディターから一言

レモンの花咲く国、イタリア

清水草一(以下「清」):大矢さん、以前からお会いしたかったんですよ!

大矢アキオ(以下「大」):それは光栄です(笑)。

清:なにせこちとら、イタリア車を愛していながら「伊太利は遠くにありて思うもの」じゃないですか……。何年に一度か訪伊してレンタカーで走って、香りの一端を嗅いでますけど、生のイタリア自動車生活を日本語で伝えてくれる大矢さんの連載は、霊界通信みたいなもんです!

大:(笑)私も、スイスやオーストリア側からアルプスを越えてイタリアに入った時に感じるあの太陽の色、花や食の違い。それらのとりこになって、「ここが新しい人生を歩むべき国だ!」と思いましたから。最初陸路でイタリアに入ったので、そのすばらしさがよくわかりました。

清:それは文豪ゲーテと同じですね!?

大:そうです。まさに「レモンの花咲く国」です。ただ実際住むと税金高いですけどね~。まず消費税が22%。クルマにも全部これがかかります。

清:租税負担率を調べると、イタリアは45.1%。日本は24.1%ですね。日本の自動車ユーザーは、「日本はクルマにかかる税金が高すぎる!」って言いますけど、実はうその面もある。確かに保有税は高いけど、燃料税は安いし消費税率も低い。

大:フツーのイタリア人は高いクルマなんか絶対買えませんから。

初対面での対談となったが、「アモーレ!」ポーズで打ち解けるお二人。
初対面での対談となったが、「アモーレ!」ポーズで打ち解けるお二人。
当サイトの長寿連載「マッキナ あらモーダ!」でおなじみ、コラムニストの大矢アキオ氏。イタリア在住20年、ヨーロッパのクルマ事情をよく知る人物として各メディアで活躍中。
当サイトの長寿連載「マッキナ あらモーダ!」でおなじみ、コラムニストの大矢アキオ氏。イタリア在住20年、ヨーロッパのクルマ事情をよく知る人物として各メディアで活躍中。
当サイトで「カーマニア人間国宝への道」を連載するモータージャーナリストの清水草一氏。現在は「ランチア・デルタ1.6ディーゼルターボ」ほか「フェラーリ458イタリア」を所有するなど、これまでに買ったイタリア車は18台。
当サイトで「カーマニア人間国宝への道」を連載するモータージャーナリストの清水草一氏。現在は「ランチア・デルタ1.6ディーゼルターボ」ほか「フェラーリ458イタリア」を所有するなど、これまでに買ったイタリア車は18台。
あなたにおすすめの記事
新着記事