第386回:大矢アキオ&清水草一
イタリアを愛する2人が、知られざるイタリア事情について語り合う
「アモーレ! イタリア」(後編)

2016.12.14 エディターから一言

日伊ランボルギーニ事情

清水草一(以下「清」):フェラーリとくればランボルギーニですが、以前ジローラモさんに、本国イタリアではランボは「イナカの人のクルマ」だと教わったんですけど(笑)。

大矢アキオ(以下「大」):フェラーリと比べると、正直なところ、知名度には少なからず開きがあります。一般のイタリア人はランボルギーニについてあまり知りません。

清:知らないんですか!

大:なにしろランボルギーニのオーナーはフェラーリに輪をかけて少ないですし。スーパースポーツカーは、あくまでも輸出商品です。お年寄りに関していえば、ランボルギーニは、「ミウラ」の記憶で止まっています。戦後イタリア経済が最も華やかだったころの国産プロダクトの象徴だからです。いっぽうで、その前身である農業用トラクターを真っ先に思い出す人も、いまだ少なくありません。

清:日本でのランボ人気は最高です(笑)。近年、ランボルギーニをギトギトにドレスアップするのが流行(はや)ってるんですよ。諸星一家とか。

大:アニメでラッピングした痛車のランボルギーニは、秋葉原で1台見かけましたけど。

清:それとはやや別系統で、全面ゴールドで電飾ピカピカとか、全面スワロフスキー貼りのランボルギーニとかが徒党を組んで走るんです。そのリーダーでありカリスマである諸星伸一君は、3年前のイタリアでの50周年イベントにピンクの「ディアブロ」で参加して、大いに人気とひんしゅくを買ったと日本では伝えられてますが、イタリアでも報道されました?

大:それは全然知りませんでした(笑)。イタリアではフェラーリのことは何かと取り上げられるんですけど、ランボルギーニはあまり取り上げられないんですよ。

清:そうなんだ……。日本にいるとそういうこと、わかりませんね~。

清水氏の愛車、「ランチア・デルタ」の前で、イタリアへの熱い思いを体で表現するおふたり。
清水氏の愛車、「ランチア・デルタ」の前で、イタリアへの熱い思いを体で表現するおふたり。
「諸星一家」のリーダー、諸星伸一氏と、全面を13万個のスワロフスキーでドレスアップした「ランボルギーニ・ムルシエラゴ LP640」。(諸星氏所有により写真の無断転載不可)
「諸星一家」のリーダー、諸星伸一氏と、全面を13万個のスワロフスキーでドレスアップした「ランボルギーニ・ムルシエラゴ LP640」。(諸星氏所有により写真の無断転載不可)
「アヴェンタドール LP720-4 アニヴェルサリオ」。ボディーサイドの“Lamborghini”部分にスワロフスキーを使用。(諸星氏所有により写真の無断転載不可)
「アヴェンタドール LP720-4 アニヴェルサリオ」。ボディーサイドの“Lamborghini”部分にスワロフスキーを使用。(諸星氏所有により写真の無断転載不可)
ピンク色のボディーに電飾を施した「ディアブロGT」。(諸星氏所有により写真の無断転載不可)
ピンク色のボディーに電飾を施した「ディアブロGT」。(諸星氏所有により写真の無断転載不可)
あなたにおすすめの記事
新着記事