第479回:これは世界的にも貴重だ!
ショールーム「NISSAN CROSSING」訪問記

2016.12.09 マッキナ あらモーダ!

イタリアではありえない仕事

ロサンゼルスオートショー2016を取材したあと、東京に立ち寄った。銀座に降り立ってみると、プランタン銀座が閉店セールを開催していた。

近年はテナントの「ユニクロ」「ニトリ」ばかり目立っていた感のある同店だが、かつて存在した文具コーナーは、ほかではなかなか手に入らない品が多々あって、ボクのお気に入りだった。この時期思い出すのは、高校生時代、本命女子に宛てたクリスマスカードは、そこで売られていたしゃれたデザインのものをわざわざ購入していたことである。長年同店の広告に起用されていたイラストレーターIZAKのチラシは、切り取っては自分のフランス語学習用ノートの表紙に貼り付けていたものだ。

だからボクは、「閉店」と知って、なんとも複雑な気分に襲われた。
 
気がつけばその一方で、銀座4丁目交差点の、あの「日産ギャラリーのビル」が、まったく新しくなっているではないか。

本欄第344回で記した通り、前身のサッポロ銀座ビルが閉鎖されたのは、2014年3月31日。新しいビル「銀座プレイス」は、2016年9月24日にオープンした(地下のビアホールは先行オープン)。

旧ビルを解体したうえ、地上11階/地下2階のビルをたった2年半の間に、それも東京屈指の交通過密地帯で建ててしまうのは、さすが日本の仕事だ。ちなみに、例の博多駅前の陥没をわずか1週間で復旧したニュースは、イタリアでもかなり話題になっていたようだ。後日フィレンツェで、空港駐車場のシャトル便ドライバーは、ボクの顔を見るや真っ先にその話を切り出して、「イタリアなら最低2年は、穴が空いたまま放置だぜ」と笑った。

東京・銀座にあるプランタン銀座。32年の歴史に幕を下ろそうとしていた。
東京・銀座にあるプランタン銀座。32年の歴史に幕を下ろそうとしていた。
プランタン銀座の一角には、長年広告を担当したIZAKのイラストレーションが残っていた。
プランタン銀座の一角には、長年広告を担当したIZAKのイラストレーションが残っていた。
夜の銀座プレイス。その4~6階は、2017年3月閉鎖予定のソニービルから引っ越してきた、ソニーのショールームになっている。
夜の銀座プレイス。その4~6階は、2017年3月閉鎖予定のソニービルから引っ越してきた、ソニーのショールームになっている。
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事