第1回:現役女性レーサーが語るオールシーズンタイヤの真価

すべての季節の あらゆる道で 2016.12.14 検証 Vector 4Seasons Hybridという選択肢<PR> 季節や路面状況を問わず、年間を通して“履き替えなし”で走ることができるオールシーズンタイヤ「グッドイヤー・ベクター4シーズンズ ハイブリッド」。現役の女性レーシングドライバーが、さまざまなシチュエーションでその実力を試す。

ドライ路面でもサマータイヤと変わらない

「このクルマはかわいくてカッコいいですね! 内装もエクステリアもマルのモチーフが使われているのがステキです。女子はマルが好きですからねぇ(笑)。シートが茶色でグレーのパイピングというのはあまり見ない組み合わせです。やっぱりイタリアのセンスなんでしょうか」

いとうりなさんは「フィアット500X」をひと目見て気に入ったようだ。いかにも女子っぽい感想だけど、だまされてはいけない。りなさんはレースやラリーで活躍するドライバーなのだ。レースクイーンやモデルの仕事もしていて、美と運転技術を兼ね備えたスーパーレディーなのである。この日の彼女のミッションは、オールシーズンタイヤ「グッドイヤー・ベクター4シーズンズ ハイブリッド」(以下、ベクター)をテストすること。雪道での性能を試すため、群馬県北部の万座温泉を目指す。

出発地の東京・恵比寿は好天に恵まれ、路面はドライ。市街地での走りは、普通のサマータイヤと変わらない。
「自然なハンドリングで、ロードノイズも気になりませんね。スタッドレスタイヤだとどうしてもドライ路面では不安定になりがちですが、このタイヤは大丈夫です。乗り心地も悪くないですよ」

高速道路に入っても、快調なドライブが続く。高速コーナーでも不安感がないので、ハイペースで飛ばせるのだ。
「狭くて曲がりくねった道より、気持ちよく走れる緩やかなカーブが私は好き。タイヤから路面をしっかりとらえているフィールが伝わってくるから、安心してスピードを出せますね」

ベクターはブロック間が支え合う「3Dワッフル構造」を採用することで高いブロック剛性を確保し、オールウェザーシリカコンパウンドと専用ポリマーを使った全天候型ゴムの採用により、ドライ路面でも夏タイヤと変わらない運動性能を手に入れている。スタッドレスタイヤを装着してドライ路面を走ると常に少しずつ滑っているような感覚があるが、このタイヤはグリップ感が強い。滑らないということは駆動力の損失がないということなので、燃費にも有利だ。

→第2回:いとうりなと行く 東京-万座温泉1dayドライブ

<プロフィール>
いとう りな
86/BRZ Raceなどで活躍する現役の女性レーシングドライバー。レースクイーンとしてサーキットに通ううちにモータースポーツの魅力に目覚め、2008年に活動をスタート。アジアパシフィックラリーや韓国のKSF(KOREA SPEED FESTIVAL)など、海外のレースにも挑戦している。
<プロフィール>
	いとう りな
	86/BRZ Raceなどで活躍する現役の女性レーシングドライバー。レースクイーンとしてサーキットに通ううちにモータースポーツの魅力に目覚め、2008年に活動をスタート。アジアパシフィックラリーや韓国のKSF(KOREA SPEED FESTIVAL)など、海外のレースにも挑戦している。
試乗車にはフィアットのクロスオーバーモデル「フィアット500X」をチョイス。燃費の良いFF車もラインナップされているが、今回は雪道でのテストも実施する予定だったので4WD車の「クロスプラス」を選んだ。
試乗車にはフィアットのクロスオーバーモデル「フィアット500X」をチョイス。燃費の良いFF車もラインナップされているが、今回は雪道でのテストも実施する予定だったので4WD車の「クロスプラス」を選んだ。
東京を出て、高速道路を軽井沢方面へとひた走る。こうしたシチュエーションでは、「ベクター」のドライブフィールは、一般的なサマータイヤとなんら変わらない。
東京を出て、高速道路を軽井沢方面へとひた走る。こうしたシチュエーションでは、「ベクター」のドライブフィールは、一般的なサマータイヤとなんら変わらない。
日本グッドイヤーが2016年8月に発売した「ベクター4シーズンズ ハイブリッド」。季節を問わず使用できるオールシーズンタイヤとしての基本性能の高さに加え、44種類という豊富なサイズバリエーションも特長となっている。
日本グッドイヤーが2016年8月に発売した「ベクター4シーズンズ ハイブリッド」。季節を問わず使用できるオールシーズンタイヤとしての基本性能の高さに加え、44種類という豊富なサイズバリエーションも特長となっている。
あなたにおすすめの記事
新着記事