スズキ・ソリオ ハイブリッドSZ デュアルカメラブレーキサポート装着車(FF/5AT)

地味だけどスゴいヤツ 2016.12.10 試乗記 スズキがコンパクトハイトワゴン「ソリオ」シリーズに、フルハイブリッドシステム搭載車を設定。既存のリソースを積み重ねて実現したスズキ独自開発のハイブリッドには、32.0km/リッターという燃費以外にも注目すべきポイントがあった。

「S」が付いたらフルハイブリッド

スズキのソリオ(ソリオ バンディット)に追加されたハイブリッドシステム搭載モデルは、その名もズバリ、ソリオ(ソリオ バンディット)ハイブリッドである。2015年8月のフルモデルチェンジと同時にラインナップされたマイルドハイブリッドモデルと車名が同一であるため少々ややこしいが、今回追加されたフルハイブリッドモデルは「SZ」と「SX」、マイルドハイブリッドモデルは「MZ」と「MX」、ガソリンエンジン車は「G」と、それぞれグレード名でパワーユニットを言い当てることができる。

フル(ストロング)ハイブリッドモデルのグレード名には頭にS、マイルドハイブリッドモデルは頭にMが付き、ガソリンエンジンモデルはGというネーミング法則を意識すればラインナップを覚えやすい。これは「バンディット」でも同様である。ただし、バンディットにはガソリンエンジンモデルはラインナップされていない。外観ではブルーのクリアパーツにメッキを組み合わせたフロントグリルや、ブルークリアレンズを採用したリアコンビネーションライトでフルハイブリッドかそうでないかを識別しやすい。

フルハイブリッドモデルが登場したことによってマイルドハイブリッドモデルはてっきりディスコンとなり、上級移行したものだと勝手に思い込んでいたが、さにあらず。フルハイブリッドモデルはあくまでもトップモデルとしての追加ラインナップであり、マイルドハイブリッドモデルもしっかりとカタログモデルとして残されている。フルハイブリッドモデルがある以上マイルドハイブリッドモデルはお役御免では? というのは浅はかであり、存在意義もしっかり残されている。このあたりは後述。

1997年に登場した「ワゴンRワイド」以来の歴史を持つコンパクトハイトワゴンの「ソリオ」。現行型の登場は2015年8月で、2016年11月にフルハイブリッド車が追加された。
1997年に登場した「ワゴンRワイド」以来の歴史を持つコンパクトハイトワゴンの「ソリオ」。現行型の登場は2015年8月で、2016年11月にフルハイブリッド車が追加された。
新たな最上級グレードとなった「ソリオ ハイブリッドSZ」のインテリア。ブルーメタリックで塗装されたアッパーガーニッシュや専用のメーターなどが、他のモデルとの識別点となっている。
新たな最上級グレードとなった「ソリオ ハイブリッドSZ」のインテリア。ブルーメタリックで塗装されたアッパーガーニッシュや専用のメーターなどが、他のモデルとの識別点となっている。
フルハイブリッド車専用の「HYBRID」エンブレム。黒を貴重としたカラーリングが特徴である。
フルハイブリッド車専用の「HYBRID」エンブレム。黒を貴重としたカラーリングが特徴である。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ソリオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る